calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

MFA(メディックファーストエイド)の講習会

xxIMG_8294.jpg

 

MFA(メディックファーストエイド)の講習会

 

地球と山平地区の平和を守るため、MFA(メディックファーストエイド)の講習会に参加してきました。

 

会場は木曽町福島の大通寺。

 

xxIMG_8292.jpg

 

大昔どこかで勉強した人工呼吸、心臓マッサージに加えAEDとの連携、意識や呼吸の有無、対象者への近づき方などなど。

 

世界中の山で活躍する山岳ガイドさんが、木曽福島のアウトドアよりな面々に伝える緊急時ファーストエイドは、近くに人が居る、AEDがある、サポートできる人がいくらでもいる。。。という都市のファーストエイドでなく、アウトドアよりの緊急時ファーストエイド。

 

一昨年の冬に、中延の家の前で急に体調を崩され、119番と家に飛んで帰っても、結局、毛布を提供し、気道を確保することぐらいしかできず、結局、翌日に救急搬送先で亡くなったということを電話で知らされたことを思い出す。

 

xxIMG_8295.jpg

 

xxIMG_8299.jpg

 

xxIMG_8303.jpg

 

心臓マッサージ練習人形が、緑色の光を点滅させて、

 

「おう、お前の心臓マッサージ、わるくないぞ」

 

と言っているような気もしたけれど、急病人を前にしたらやっぱりオタオタしてしまうだろうし、ドリルを繰り返した後でも、ベストな処置は出来ないと思う。木曽にすむのなら、低体温症への対処法などは覚えておかないといけないな。こういう講習は個人事業主でやっている余所者だからこそ、チャンスがあったら迷わず受けることにしよう。


木曽空き家プロジェクト Day - 058 障子紙は米糊で / Kiso Project Vacant House Day-058

xxIMG_8268.jpg

 

木曽空き家プロジェクト Day - 058 障子紙は米糊で /  Kiso Project Vacant House Day-058

 

糊がなくなったので、糊を作ることにした。

 

米をなるべく細かく砕いて煮て、おかゆ状になったものをできる限りすりつぶし、それを塗って障子貼りを進めたけれど、なかなかうまくいく進めたがキャンプ場の友人が「ホームセンターに出かけるで」と声をかけてくれて、障子専用のチューブ式糊が手に入り、最後の数枚はそれで済ませた。

 

xxIMG_8281.jpg

 

障子貼り完了。

 

変わった間取りの部屋の障子は、ボロ屋感丸出しのキレッキレだったので、外から見た夜のシルエットがようやく家っぽくなって、気分が良い。元の状態がボロかったことが大きいけれど、家の修繕の中でも簡単な上に気分を盛り上げる度合いは高い障子の張り替え。こんなのDIYに入らないよ!という方も多いかと思いますが、そのあたりはご容赦を。

 

xxIMG_8276.jpg

 

xxIMG_8282.jpg

 

そうそう、そんな自分を鼓舞するかのような「あれ、今揺れたよな?」な地震が今朝方あり、地震速報で確認すると、震度1を計測したのは広い日本の中で木曽町だけだった。

 


木曽空き家プロジェクト Day - 056 引き戸の調整 / Kiso Project Vacant House Day-056

xxIMG_8250.jpg

 

木曽空き家プロジェクト Day - 056 引き戸の調整 /  Kiso Project Vacant House Day-056

 

ディスクグラインダーの出番がさっそくやってきた。

 

雨イコール氷雨な季節なために、天気が悪いとなかなか元気が出ない4月中旬ですが、中津川や南木曽の一部では開花のニュースがちらほら。今日は陽気も天気も気持ち良いので、立て付けが悪くなってしまった引き戸や障子を修繕することにした。なかなか動かず、蹴っ飛ばしてようやく外した引き戸のてっぺんを、ディスクグラインダーでバビバビ削って元に戻すと、あら不思議。

 

xxIMG_8249.jpg

 

xxIMG_8251.jpg

 

xxIMG_8257.jpg

 

中津川に通る予定のリニアモーターカー、ここ通れば?

 

っていうくらいスムーズに引き戸が左右に動く。寝室の襖なんかも造作してもDIYがはかどったので、ついでにボロボロになってしまった障子紙を取っ払って張り替えることにする。水をかけてテロテロと障子紙を剥がしていくと面白いように紙が剥がれていく、このテロテロが気持ちよく、興に乗ったというかゾーンに入ったようになって、家にある障子がほぼ壊滅状態だったので、せっかくだから全て剥がすことにした。

 

xxIMG_8253.jpg

 

xxIMG_8263.jpg

 

xxIMG_8265.jpg

 

xxIMG_8266.jpg

 

が、よし!新しい障子紙を貼ろうという段で、去年(笑)買っておいた紙を、さーて。。となると、障子糊が足りない。妻が襖の作業でたっぷり使ってしまったようだ。まあいい、明日以降に持ち越そう。


木曽空き家プロジェクト Day - 057 旅人の壁。 / Kiso Project Vacant House Day-057

xx17759967_10212324264965740_8969133132825784721_n.jpg

 

木曽空き家プロジェクト Day - 057 旅人の壁。 /  Kiso Project Vacant House Day-057

 

為了迎接來自世界各地的旅人,在餐廳的空牆上弄了一面軟木,用剩下的木頭亂貼成框,然後釘上世界地圖與許多旅行的回憶。歡迎大家來一起來把這面牆貼滿!

 

xxIMG_8288.jpg

 

世界中からの旅人を迎える為に、世界地図の壁をダイニングに作りました。コルクシートの周りに、家に残った木をランダムに切って貼って枠とし、地図と旅の思い出をピンでとめていきます。

 

xxIMG_8286.jpg

 

xxIMG_8287.jpg

 

xxIMG_8289.jpg

 

xxIMG_8290.jpg

 

お土産は買わないし、LCCを乗りつなぐ、できる限り荷物を減らそう系旅行だったため、旅の思い出にもなる航空券の半券やらはほとんど捨ててしまってるのだけど、確定申告のためにとっておいたほうが良いかな?なんて思っていたものなんかが少し残っているので、イランとイラク航空の航空券やら、アリラン祭@平壌なんかをついでにペタペタしておきました。面白い旅がらみの何かが加わったら追加していきましょう。


Livin' On The Edge

xxFullSizeRender 2.jpg

 

Livin' On The Edge

 

木曽の崖屋というと木曽川沿いの景色が有名なのだけど、駅から降りて目の前の家々も実は崖屋造り。木曽福島の駅前の表通りの道路側からでは気付かないのだけど、後ろから見るとなかなかすごい。

 

写真の居酒屋も駅の並びのうちの一件で、表から見ると2階建な建物なのですが、裏から見ると3階建。その下は木曽だけに、崖の傾斜しにザクザク刺さった基礎と支柱。崖に生き、崖に暮らす木曽スタイル。

 

Livin' On The Edge

 

この辺りも空き家が目立って、いろいろご紹介もいただいたんだけど、崖な地勢ゆえに庭はおろか、土がないために、建物から離れていない場所に浄化槽をつけにくいのだと思う。よって、木曽福島のど真ん中にもかかわらず、簡易水洗の家が多い。

尾道の空き家プロジェクトの方が「尾道を空き家だらけにしたのは、汲み取りだよ」とボソッとおっしゃっていたことを思い出す。壁のシミや雑な漆喰は、古民家の「味わい」となって家の一部だったりするけれど、汲み取りや簡易水洗はやっぱり、賃貸にしろ、購入にしろ二の足を踏んでしまう。

 

移住を考えている人が、

 

ただみたいなもんだけど、汲み取り

 

xxFullSizeRender.jpg

 

という家に巡り合ったとする。家はただ同然で手に入っても、移住促進の工事やリフォームの補助金は、それで使い果たしてしまう。。。。ほどの費用がかかる。よって、やはりそういった家は誰もが敬遠してしまい、申し込みがないという状態が続いてしまう。

そして、そういった屋根はあってもありがたいし、お値段も激安なんだけれど、汲み取り、工事費は下手すると家の価格の半分。みたいな家ばかりになる。そして、そんな状況をわかってかわからないでか、移住者向や二拠点住居を進める施策は、新しい家を用意したりするような、空き家活用との併用になる。

 

よって、地方の空き家はなかなか埋まらない。

 

ワークライフバランス、地方のいいところ、悩ましいところに関しては、思うところもあるので、心の平穏が訪れ、心がざわざわしなくなった時にいろいろ書いていきたいと思っています。


| 1/1140PAGES | >>