calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

みなし 水無神社 すいむ みこしまくり

20160724_1726797.jpg

 

みなし 水無神社 すいむ みこしまくり

 

木曽のみこしまくりの季節がやってきました。

 

木曽から飛騨へ、杣(そま)・匠(たくみ)仕事へ行っていた信仰心厚い惣助(そうすけ)・幸助(こうすけ)の兄弟が、飛騨の地で戦乱が起こり、飛騨の一ノ宮、水無(みずな)神社の御神体を守ろうとして神様をのせた神輿を、二人で一路木曽へと運び出そうとし、なんとか飛騨と信濃の国境の長峰峠あたりまで来たものの、追っ手に追いつかれ、御神体の取り合いとなってもみ合った時、その御神体が転がって信濃側に転がっていき、木曽福島にたどり着いた。。。。

 

という言い伝えを今に伝える、豪快なお神輿を転がす(まくる)お祭りが木曽水無(すいむ)神社の大祭。今年は、お誘いいただいたので22の担ぎ役を文字通り担うことになりました。ありがたい。

 

20160722_1725970.jpg

 

1年前のお祭りの日に家を買って、その日から倉庫解体なんかをやり始めたのがすごく懐かしい。

 

暦をひっくり返して冬になったら、あらゆるモノが凍りつく氷点下15度になる家の前を、汗みどろになった法被姿の男たちが神輿を担ぎ、その一人になるなんて信じられないや。

 

xxIMG_0276.jpg

 

そんなこともあって、今日は早起きして高山の作業を終わらせ、飛騨水無神社にお参り。神社の方によると、飛騨から木曽に毎年出向く方や、マイクロバスで見物が出たりするそうで、なんだか嬉しい。旧朝日村の酒屋で飛騨の酒を買って、木曽に向かいました。疲れもあって、運転は妻任せ。気が付いたら開田高原を軽快に車は走っており、どうやらねむりまくりだったようです。

 

さて、明日は紙垂をしめ縄につける作業が朝の6時から!あるのでそろそろ寝るか!

 

23日のみこしまくりは怪我しないように頑張ります。


飛騨高山空き店舗再生プロジェクト Vol.009 ペンキ塗り終了 / HidaTakayama Cafe Rebuilding Project Vol.009

xxIMG_0271.jpg

 

 

飛騨高山空き店舗再生プロジェクト Vol.009 ペンキ塗り終了 / HidaTakayama Cafe Rebuilding Project Vol.009

 

 

01 不要物撤去
02 天井破壊
03 ガラ出し
04 ラス網張り
05 モルタル塗り
06 モルタル仕上げ/研磨
07 壁塗装
08 天井塗装
09 キッチン塗装
10 サッシ塗装
11 第二回ガラ出し

 

DIYを始めて3週間。内外装のモルタル、ペイントがほぼ終わりました!

余ったモルタルは、木曽のDIY仲間に進呈、ラス網はひと束まるまる余ったので、清水商事さんが返品を受けてくれ、一安心。塗装時の養生や今後使わない塗料などは産廃扱いにして処分、かなりスッキリしました。どんなに工期が延びても、9月中にはオープンできそうです。

 

 

12 天井再掃除/部分解体
13 手洗い場解体
14 トイレ造作
15 照明工事
16 シャッター塗装
17 インテリア選定
18 木曽から飛騨へ材出し
19 カウンター台作成
20 本棚作成
21 テント造作
22 ……

 

昼間は作業ができないくらいの暑さですが、夜はクーラーいらずの涼しさ。今日は飛騨一ノ宮水無神社にお参りして、木曽の水無神社例大祭で神輿をまくって(転がす!)きます!


飛騨高山空き店舗再生プロジェクト Vol.008 工事費用が見えてきた / HidaTakayama Cafe Rebuilding Project Vol.008

xxIMG_0264.jpg

 

飛騨高山空き店舗再生プロジェクト Vol.008 工事費用が見えてきた / HidaTakayama Cafe Rebuilding Project Vol.008

 

木曽の家は、70万円で買ったものの、そもそも給湯がやられていたので風呂に入るために35万円ほどかかってしまいましたが、今回の家は貸家のために、家に住むための基本的なものは揃っているので費用は抑えられそうです。

 

店舗が25平米、厨房が11平米、合計36平米くらいのカフェを頑張って作ろうとしていますが、

支払った金額、このあとすぐにかかるお金が見えてきました。

 

設計 約0.0万
モルタル 約5.2万
塗装 約5.5万
タイル 約4.0万
厨房機器 約1.3万
水道工事 約1.5万
電気工事 約5.0万
床仕上げ 約1.5万
洗面 約2.0万

 

以上 工事設備関係

 

約26.0万円

 

レンジ 約3.8万
冷蔵庫 約16.2万

 

以上 約20.0万円

 

くらい。

 

費用が見えているのが50万円をちょっと切るくらいです。

 

xxIMG_0263.jpg

 

店内の家具もDIYでなんとか乗り切ろう(椅子だけは無理そうです。買います。)としているので、今後、胃が痛くなるような出費はおそらくなし。契約時の費用はもちろん支払済で、今後の保健所検査関係もお話は伺っているので、総額、100万円くらいでなんとかなると思います。でっかいエンジンを積んででっかい車を走らせるような仕事はもうできなさそうなので、浮いたお金はしっかりしたコーヒー(ドリップの下手さをカバーするようなしっかりした豆/焙煎)の仕入れに使おうと思います。

 

あ、忘れてた!

 

店にかかっている「テント」の費用がこれに加わります!これはちょっとお金かかりそうだな。。いいお値段だったら格安なDIYプランでなんとかしよう!

 

細かい工具や業務用掃除機を買ったりお借りしたお礼はポケットマネーから出しています。いろいろですがこんなもんです。


飛騨高山空き店舗再生プロジェクト Vol.007 ペンキ塗り開始 / HidaTakayama Cafe Rebuilding Project Vol.007

xxIMG_0250.jpg

 

飛騨高山空き店舗再生プロジェクト Vol.007 ペンキ塗り開始 / HidaTakayama Cafe Rebuilding Project Vol.007

 

昼間は、さすがの高山でも30度を大きく超え、屋外での作業は不可能。いや、不可能じゃないけれど体力と精神力の喪失が激しいので無理しないほうが良さそう。

 

高山は湿気が少ないので屋内は過ごしやすく、暑い時間帯は昼寝か屋内作業、日が傾き始めた4時頃にピャピャッと打ち水をして屋外作業をやるというパターンで作業を前進させる。壁紙の模様を消すような塗装であったり、もとの色のトーンとあまり変わらない色を塗ったりするパターンが多いけれど、畳にして20畳くらいを塗り終え、昨日完了したモルタルと合わせると、雰囲気は変わったと思う。

 

xxIMG_0248.jpg

 

信号前の物件ということもあり、車が一時停止するので、毎日通っている人からしたら結構な代わり映えになったと思う。ペンキ塗りも明日は細かい箇所の補正修正と、サッシの部分の塗装をフルパワーでやるのみ。余ったモルタル100キロは木曽の木工の友人が引き取ってくれるし、厨房にもテーブルなんかが入ったりして店舗の方も物置に使っていた場所もスッキリするだろう。

 

xxIMG_0218.jpg

 

xxIMG_0219.jpg

 

お盆の時期は、嫁の友達の可愛い台湾ガールズも来るし、木曽では神輿をひっくり返す祭りがあるし、週末は行きたくてもいけないイベントが盛りだくさんで、まさに夏本番。

 

さぁ頑張っていこう。


飛騨高山空き店舗再生プロジェクト Vol.006 モルタル作業完了 / HidaTakayama Cafe Rebuilding Project Vol.006

xx20067532_10213411599028412_226105447_n.jpg

 

飛騨高山空き店舗再生プロジェクト Vol.006 モルタル作業完了 / HidaTakayama Cafe Rebuilding Project Vol.006

 

アジスアベバで7年前に出会った旅人が、日本に戻って数々の有名ゲストハウスをデザインし、昨年からは長野県の諏訪にリビルディングセンターJapanをオープンさせた!とブログに以前にも書きましたが、日本中のプロジェクトで関わっているにもかかわらず、懇切丁寧にモルタル施工の手順を教えてくださいました。もうこれはシェアするしかありません。

 

妻の質問

 

リビセン(のカフェ)栞日@松本などのムラ感があってカッコいいモルタル壁の作り方を教えて頂きたいです。この前リビセンで金網の固定を手伝わせて頂きましたが、塗る時は参加できなかったので。。。今の既存壁は壁紙と吹き付けのような仕上げになりますが、下地処理は金網を取付けるだけでよろしいでしょうか?またモルタル材はホームセンターで購入したものでいいですか?どういう風にそのムラ感を出しますか?乾くと自然になるものですか?


アズノさん回答

 

金網(ラス網)がタッカーで固定できる下地であれば大丈夫ですよ〜!!(石膏ボードでもベニヤでも)塗っているのは軽量モルタル(フジモル、ラスモルなど)で塗厚が10mm以上いけるやつです。大きめのホームセンターなどで扱ってることもありますー。軽量モルタルを塗って乾いた後(説明書には2週間以上と書いてるけど、1日以上乾かせばなんとなく大丈夫)に、ハイフレックス5倍希釈液を塗って、乾かして、NSゼロヨン #20という材料を塗ります。これは塗りにくい材料なので、メトローズという魔法の粉を空練りして混ぜて使うと塗りやすくなります。

 

xx20158189_10213452748097113_347025785_n.jpg

 

コテ跡が出やすいのと、乾きやすい(塗厚が1〜2mm程度なため)ので、乾きかけてるところのコテ跡を消すために霧吹きで湿らせてコテで均します。色の濃淡は素人がやるとできるものなので、上記手順で塗れば大丈夫ですー!!

 

軽量モルタルは上記メーカーの「タウンモルタル」とか、フジモルとか、ラスモルというのがありますー。
http://www.fujikawakenzai.co.jp/products/products04.html

 

軽量モルタルは中塗鏝、仕上げのゼロヨンはこんなコテ(しなるやつ)が良いですー
https://www.monotaro.com/p/3304/8267/

 

//そして施工//

 

この通りにできました。アズノさん、ほんとうにありがとう。感謝!

仕上がりや作業の中で感じた点を挙げるとすれば、



1、撹拌器
2、柔らかめの仕上げコテ
3、霧吹き

 

この3点は必須です。これがないとモルタル塗りは作業的にも時間的にも、体力的にも相当厳しくなると思います。

 

xx19904855_10213411601788481_1230944642_n.jpg

 

また、モルタルの柔らかさですが、塗る場所によってそれぞれでしょうが、コテに力をこめられる方なら壁は固めでバシバシ投げつけるようにラス網にくっつけ、霧吹きで湿らせながらビヨーンと伸ばす方がいいと思います。天井の施工時は少し緩めにし、「これは無理ゲーだろ」という懸念に苛まれながら少しずつ重ね塗りしてゆくのが良いと思います。

 

素人左官仕事なので、「味わい」として誤魔化しきれないムラや凹凸が出てしまうのはやむを得ないので、やすりがけが必要になる方が多いと思いますが、このやすりがけ、死ぬほど粉塵が出ますので、二人一組になって、一人は歯科衛生士のお姉さんのごとく、サンダーでのやすりがけの脇では、吹き出してくる粉塵を掃除機で吸い取るようにしましょう。

 

そうしないと、作業部屋がダストボウルに吸い込まれたような状態になり、猛烈な埃によって精神力をズタズタにされます。どうやったってかなり粉塵を吸い込むので、頭がクラクラします。

 

xx20068390_10213411596868358_323227922_n.jpg

 

失敗もあったけれど、

 

1、ラス網固定
2、塗り
3、粘着剤塗り
4、仕上げ塗り
5、サンダーかけ(やすりがけ)

 

終了。

 

見違えました!

 

リビセン(のカフェ)栞日@松本には遠く及ばないけれど、形にはなった。

 

うっしゃ!とすぐに塗装作業に突入し、そちらもフルパワーで進めます。

 

進めますが、今回のDIYで一番の難関をクリア。いやぁ、ご飯が美味しい。

 


| 1/1153PAGES | >>