calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

LA SALE LA SALE LA SALE LA

xxIMG_0517.jpg

 

LA SALE LA SALE LA SALE LA

 

昨日はブラックフライデーでしたが、目的はラッセーラです。ラッセーラ、ラッセーラ。

 

Airbnbの宿があるコリアンタウンのはずれも、夜中に出歩けるような場所じゃないけれど、青森県人会の倉庫のあるリトル東京は、夜歩きたい偏差値は残念ながら38くらいだった。

 

明日のハリウッドブルーバードのクリスマスパレードでのねぶた運行にあわせ、最後の練習と懇親会でやってきたのだけれど、三々五々、在住者の囃子方や太鼓方の面々が集まり始め、ドンドドッドンドンとリトル東京にねぶた独特の重低音のリズムに笛が絡み始める。海外でねぶた運行を継続的に行っている唯一の団体というのは伊達ではなく、太鼓と笛の息があっており、ヘタレ跳人の僕でもきっちり調子を合わせられ、明日の本番に差し支えが出るくらいフルパワーで跳ねてしまった。

 

xxIMG_0514.jpg

 

練習後の懇親会で、自分自身の自己紹介はアッサリ済ませてしまったが、バックグラウンドを持った青森県出身に捉われない面々のユーモアを交えた自己紹介が面白かった。音楽好き、フルートや琴といった楽器の経験、日本文化回帰、コーラスの会からのお誘いまでいろいろなバックグラウンドをもった在住の方々が会を育て、何よりねぶたを楽しんでいるのが面白くて素晴らしい。アメリカンな折りたたみテーブルに乗っかったケータリングを、みなさんとつまみ、Made in U.S.A.のキリンビールを飲みながら、新しい大統領の話ートランプはクリントンと昔は仲良かったのに、最近の組閣が右すぎてゾッとするーやら、県人会の若き会長さんが連れてきた新しい彼女をみんなで褒めたりした。

 

xxDSC_5074.jpg

 

xxDSC_5076.jpg

 

楽しい懇親会も御開きとなり、テントで塞がれた歩道を警戒気味に歩いて、ほんの少し離れたUBERのピックアップポイントに向かって歩いていると、ボランティアスタッフが雨に濡れながらホームレスに声をかけ、元気付け、食事を配って回っていた。昼間、UBERで何も考えずにたどり着き、「あらー、ダメだなぁこのエリア」なんて感じているだけだった自分を恥じた。


ロサンゼルスとヒラリーが負けた理由

xxIMG_0173.jpg

 

ロサンゼルスとヒラリーが負けた理由

 

「ロスならUber最強だから。」と、友人に教えられたのが既に3年前。リフトとか同業他社も増えているようだけど、点在するロスの観光地をドアツードアで信じられないほど安価に移動できちゃってます。いやぁ、移動が面倒だったLAの印象が変わりました。そりゃぁタクシーは放逐されるわ。

 

 

xxIMG_0315.jpg

Google Mapで検索して、そのままタップすると、UberやLyftにつながっちゃうんだもん。タクシー会社は勝てないよ。航空業界にLCCが現れた時の数倍の衝撃だと思う。今更だけど。。

 

泊っているのも、Airbnbの部屋。

 

食事は用意されないけれど、満杯の冷蔵庫をどうぞ使ってください状態だし、このAirbnb宿からロスのどこへでもUberでドアツードアで行け、帰ってこれる。到着日がサンクスギビングだったので、オーナーがターキーを振舞ってくれたし、コリアンタウンのはずれで、夜遅くはさすがに出掛けたくなくなるようなエリアだけれど、ラティーノ向けの安いグロッサリーもある。Hotelサイトその他と比べても間違いなく安い。

 

xxIMG_0338.jpg

 

あまりにもいろんなものが揃いすぎて、朝飯晩飯はこちらで作ってしまうので、そういったお店に出かけなくなるのが玉に瑕だけれど、それ以外に死角なし。

 

そんなロサンゼルス旅1日目は、建築やデザイン好きの妻にリードされてカフェにホテルのロビー、家具屋やらを巡って回る。

 

昼飯に立ち寄ったのが、行列のできるオーガニックカフェで、そこでみんなが食べてるようなサンドイッチを真似して食べたんだけれど、たいして旨くない。それでも貧乏性も相まって、サンドイッチとコーヒーで約20ドルな食事を嫁と二人できれいに平らげた。。けれど、周りの連中が、まあ残す残す。

 

xxDSC_5041.jpg

 

健康を重視してるんだか、ジョギング中のような格好で食べる方もいるけれど、きれいに食べきる率は10%以下。ヨガに行くような身なりで現れて、行列に並んでサンドイッチを頼んで、その仲間と思しき人たちとワイワイガヤガヤやって、3割も食べない。。。。。みたいなのがたくさん。

 

嗚呼、そんなことしてるから、周りにはいろいろ見透かされるし、やってる自分も元気も出ないんだよ。と思う。アメリカの真ん中の方の州は、町に一つのマクドナルでかったビッグマックセットを、ワサワサ平らげ、ポテトにはケチャップをバビバビかけ、トレーの紙まで食べるような勢いで食べ物と向かい合ってる。彼ら彼女らに向き合って、体がいくら健康であって血液サラサラでも、1対1になった時どうにかできるのかね。できないよ。負けるだろ。

 

なんて思う。ということで、ヒラリーが負けたのは、健康志向の老若男女がきれいにオーガニックな料理を食べないから。そして、民主党やリベラルの中から大統領が選ばれるようになるなるのは、カリフォルニアのオーガニックレストランで、残飯が出なくなってからだな。。

 


AA 26 HND-LAX

xxIMG_3825.jpg

 

AA 26 HND-LAX

 

羽田でチェックインして、飛行機に乗り、太平洋を越えて無事アメリカに入国するまでの半日での一番の出来事は、米国の入国審査KIOSKの許可証でプリントアウトされた嫁の顔写真。顔の凹凸やら光の反射なんかの作用の組み合わせが良からぬことで重なったのだろうけど、野性爆弾川島が書いた似顔絵みたいな恐ろしい状況な上に、審査判断の合否のところで「X」が出てしまってる。二人で大笑い。ただ、あまりにもな写真なので、その爆笑もふっと途切れてしまった。この写真で入国拒否され、そのまま羽田に送り返されても仕方がない。。くらいな写真だったのに無事入国できたので良しとする。

 

今回は久しぶりのアメリカン航空。羽田の国際化がまだまだ本格的でなかった頃、ハワイアンとデルタと分け合った枠でNY/JFKに飛ばしていた頃に結構騒いだ記憶があって、調べてみたら2011年の冬。4万円台でNYと羽田を往復してる。震災直前の呑気な季節の話だった。

 

xxIMG_3822.jpg

 

飛行機はリニューアルされたあとのB787で、ピカピカ。最後の最後まで飛行機の内装が昔ながらのアメリカ系だったあの頃とは大違いだ。FやCもきっちりお金を払っている人なんかで満席でエコノミーもほぼ満席。見た目がクルーな人も前年な顔して、エコノミーキャビンの後ろの方に荷物を引っ張っていたくらいだから、僕らのようなのが上に忍び込む余地はなかった。

 

10時間ぴったりくらいの搭乗時間で、映画を一本観た後の読書でうまくまどろみ始め、正味5時間くらい記憶をなくすことができたと思う。妻の方は7時間くらい寝られた様子で、風邪が治った。なんて呑気なことを言っていた。

 

入国審査は妻と一緒に、「X」をつけられ質問される側へ並ばされたけれど、きつい質問もなく、僕自身の新しいビザもきっちり役目を果たしてくれてスムーズな入国だった。

 

xxIMG_3827.jpg

 

Airbnbで予約したダウンタウンから少しの家までUberで27.5ドル。異論反論はあるだろうけど、シェアエコノミー最高だと思う。
 


JR中津川駅〜中津川宿〜落合宿〜馬籠宿〜妻籠宿〜JR南木曽駅 / Nakasendo Trail walk southern Kiso-Part

xxDSC_4847.jpg

 

JR中津川駅〜中津川宿〜落合宿〜馬籠宿〜妻籠宿〜JR南木曽駅 / Nakasendo Trail walk southern Kiso-Part


峠を越える見事な紅葉の下で撮影しているカメラマンのおじさんに「日本語うまいね〜」って言われたり、整備され歩き心地最高な中山道のゴールデン区間を歩いてみました。

 

xxDSC_4608.jpg

 

xxDSC_4643.jpg

 

xxDSC_4682.jpg

 

xxDSC_4691.jpg

 

xxDSC_4715.jpg

 

xxDSC_4720.jpg

 

xxDSC_4758.jpg

 

xxDSC_4802.jpg

 

xxDSC_4809.jpg

 

xxDSC_4835.jpg

 

xxDSC_4893.jpg

 

京都から江戸へ!の方向な20キロくらい道では、バス旅行系の団体客系からガチのフル装備歩き旅まで、国籍もスタイルも様々な外国人旅行者とすれ違って大いに嫉妬。これは普通に頑張ったくらいじゃ到底追いつけない、木曽福島とのギャップを感じたのでした。

 

xxDSC_4899.jpg

 

xxDSC_4919.jpg

 

xxDSC_4925.jpg

 

xxDSC_4994.jpg

 

JR中津川駅10:30〜10:35中津川宿10:40〜11:30落合宿11:40〜12:20新茶屋12:30〜13:00馬籠宿12:30〜13:45馬籠峠14:00〜15:15妻籠宿15:30〜15:45妻籠城15:55〜16:30JR南木曽駅

 


妻籠城

xxDSC_4955.jpg

 

妻籠城

 

築城年 室町時代中期    
築城主    木曽氏

 

xxスクリーンショット 2016-11-23 13.45.23.jpg

場所

 

木曽衆の心意気を見せた妻籠合戦(徳川軍VS木曽軍)の舞台。

 

xxDSC_4969.jpg

 

xxDSC_4968.jpg

 

中山道が馬籠峠を越え、一気に渓谷となる木曽川にまさに出会おうとする場所に妻籠は位置しているだけでなく、清内路峠や大平峠からの道も集まっており、まさに交通の要衝。お城は、京都方面から中山道妻籠宿を越え、次の三留野宿に向かう中山道を辿って行くと左手にあらわれるこんもりとした山に築かれています。西は切り立った木曽川の崖。東は中山道。妻籠城は木曽川と中山道に挟まれています。

 

xxDSC_4932.jpg

 

xxDSC_4933.jpg

 

xxDSC_4937.jpg

 

xxDSC_4938.jpg

 

xxDSC_4940.jpg

 

xxDSC_4941.jpg

 

城域は、主要部と中山道に睨みを効かせる出丸のような二つの区画に分かれており、区画は細い土橋でつながっている。往時はこの土橋も木橋であったそうだ。戦国時代も主郭へ進む道だった道が現在の遊歩道になっていますが、遺構がしっかりしているので、主郭に進むには左右の郭に睨み降ろされるような気分になれます。

 

xxDSC_4945.jpg

 

xxDSC_4947.jpg

 

xxDSC_4949.jpg

 

xxDSC_4950.jpg

 

xxDSC_4956.jpg

 

xxDSC_4961.jpg

 

ここで徳川方を食い止めた妻籠城城主は、木曽氏家臣、山村良勝。のちに尾張徳川氏に仕え、主君の木曽氏にかわって木曽代官となっています。


| 1/1106PAGES | >>