calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

NH 755 HND-KMQ

IMG_5032.JPG

 

NH 755 HND-KMQ

 

小松便は思いの外搭乗率がよく、留めの駐機場に向かうバスは3台目だった。バビューっと揺れ気味だった飛行機は三つのアルプスと白山を飛び越えて小松に到着。

 

ダンボールに入れておいたIPAや店で出す紅茶の類にもダメージはないようで、一安心。さて、ここまで順調だったけど、例によって高山は遥か彼方。富山か金沢で回転寿司でも食って休み休み運転しよう。


UA 875 SFO-HND

IMG_5022.JPG

 

UA 875 SFO-HND

 

荷物が多いので、朝早めにチェックイン。そのあとに倉庫整理をして、レンタカーを返して空港に向かう。年末モードには早い旅客の端境なのか、エコノミープラスは3割ちょい、エコノミーは6割といった搭乗率だった。

 

IMG_5019.JPG

 

大荷物を抱えて通関。缶ビール、いや缶IPAを50本ちょい通関したら、酒税が3100円になった。


JL 2 HND-SFO

 

JL 2 HND-SFO

 

満席。

 

色々あるから、スタッフの気遣いやお声がけがいつにも増してフルパワー。慇懃無礼な距離感はないけれど、あんま無理しないでね。

そういえば、客室乗務員の方も、アジアの方が増えた。ただでさえ面倒な丁寧語や謙譲語を一般の日本社会よりさらに厳しく用いなければならない場所で、本当に頑張ってる。

 

彼ら彼女らが下支えする、日本社会は制度不良を起こし、阿呆なおっさんが毎日のようにやらかしているが、そんな状況でも全開で頑張る彼ら彼女らが、正当な対価を得た上で、ここでの経験を活かせる日本にしなくちゃいけないよね。とほんと思う。

頑張ろう。

 

SQUAREとシカリオ2を鑑賞。映画ならではの視座や誇張はあるだろうけれど、この二つの映画が描く出来事が起こっている世界にいるんだなぁ、なんて思う。キュレーターの真似事のようなことをして、全財産失ってしまった知り合いや、アフガンで職務にあたっているドイツの友人のことなんかを思い浮かべる。

 

荷物棚には、台日カップルの友人に頼まれたホームベーカリーが収まっている。珍しく人から頼まれた運び屋仕事で太平洋横断。

予定より30分ほど遅れて到着。ビザありのレーンにながれ、KIOSKでの登録&発券経由で、オフィサーと軽く話す。荷物を取りにいきがてら、日本で買った電化製品を持ち込む旨を伝えると、「それいくらだい?」と聴かれる。「about 300」と答えると、何も反応せずにハンコをガシャン。

 

そのあと、チェックインバゲージをピックアップするが、そこで税関職員/TSAのチェックは無かった。ずいぶん楽になったもんだ。

 


JL 188 KMQ-HND

 

JL 188 KMQ-HND

 

富山や金沢で買い物やらをしながらダラダラと下道で小松へ。

 

12月だというのに異様な暑さで、窓を開けて走る。

 

久しぶりの運び屋仕事なのだけど、脳みその衰えが著しく、まあいろんなことを忘れちゃう。気がついたら羽田、と言いたいところだけれど、岐阜に降って海沿いを飛んでからの南風ルート、朝の9時に高山を出発したこともあって、フライトまで長く感じた。


JL 70 SGN-HND

IMG_4673.JPG

 

JL 70 SGN-HND

 

フルパワーでファシリテーターの任務を全うし、ついて来てくれた受講生らと痛飲。フラッフラになりながら、たまたま同じ時間帯の受講生と空港ターミナルで話したりして深夜便。ゲロゲローっていきそうなところをこらえて羽田に早朝着。

 

都内に立ち寄ることなしに、バスタ経由で高山。高山は新幹線と、特急ひだで行くとゲロ、いや下呂経由だけれど、バスタからのルートは平湯経由で飛騨に向かうルート。

 


| 1/1185PAGES | >>