calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ジャカルタ ミッショングローバル/ Jakarta Mission: Global

xx12919695_978389772241416_2680532606092187610_n.jpg

ジャカルタ ミッショングローバル/ Jakarta Mission: Global

今回のジャカルタは、株式会社スパイスアップ・ジャパンの企業研修、「Mission: Global」に、オブザーバーとして参加するため。研修の合間を見計らってバタビヤの城壁を見物したりした以外は、どっぷり「Mission: Global」な滞在でした。

完全アウェーな異国の地で、無理難題とも思われるミッションを毎日与えられ、そこでビジネスレベルの成果を要求される過酷な研修は、「ガイアの夜明けで」地獄の研修とも表現されています。

xx12472278_978447965568930_6506267483387629989_n.jpg

詳しい内容は別の機会にご紹介したいと思いますが、困難なミッションに悪戦苦闘しながら取り組みヘトヘトになるものの「俺ダメだ」に繋がらないプログラムに設計されており、いつの間にかメンタルタフネスや実行力が備わった受講者さんが、研修の後半では「ミッション」を出すのに協力してくれた現地の起業家を、その気にさせて巻き込んでしまうようなことが実際に眼の前でおき、クラスで目立たないようなタイプにも見えた受講生が、最後のミッションをクリアする頃には、受講生誰もがリーダーになってもおかしくないようなコミュニケーション力やギラギラを備えてしまっていました。

例えが下衆になってしまうのですが、夏休みの間に、うまいこと童貞捨てたりして、別人になったりする人がいたりしますが、あれくらいの衝撃。昔の俺を捨てることが、世のため人のため、会社のためになるジャンプを一夏でなく、5日間でさせてしまうといったら、大袈裟かな?

それでいて、日本で与えられたとしても途方にくれるようなミッションを、インドネシア人を巻き込み巻き込まれながら取り組めたのはPDCAやゴール設定云々を抜きにして、「まず笑顔」だったり。。。というのも素晴らしかったなぁ。

xx12932899_978391658907894_1876776022308274730_n.jpg
思いの外、名刺交換をする機会があり、現地の小さな印刷/装丁屋さんで名刺作成。

国内外を問わずに要求されるビジネススキルの基礎がある人が、海外でも業種や職種で異異なる専門的な能⼒を更に発揮していくために必要な、主体性、実行力、非言語コミュニケーション、状況対応力、メンタルタフネス、パッション。。。etcが身につくようなプログラム設計になっており、気づき満載。

これから海外に出ようという人に話す折りや、講演をしたりする機会には、今回の経験を織り交ぜていくことは間違いないし、オブザーバーという立場だからこそ感じた、見えない力、開いていない扉が人にはあるんだと、もう一度信じて生きよう!

なーんて思ったのでした。

ジョグジャカルタからソロへ

朝一。5時半にジョグジャカルタを出る
スラバヤ行きの列車で、ソロに向います。



夜行列車の朝の独特な乗客の気だるさ、
食べ物や意味不明な雑貨の売り子の威勢の良さで、
かなり混沌とした感じ。ま、ソレがインドネシアらしかったりする。

直接こうやって売り歩くおばちゃんも入れば、無造作に
かく座席に商品を放り投げ、しばらく立って回収のためにまた現れ、
そのとき買うのならば料金を支払う。。。みたいな合理的な売り方。

お試し期間で問題あれば全額返金。とか、買う側にまず
商品を触らせ、なんとなく愛着を持たせちゃったりして、
買わせちゃうっていうのは、一つの方法ですね。



お兄さんの手元には、ツボ押し人形みたいな物(お買い上げ済み)。。



釣りは要らねえよで、2500ルピアほど多く料金を払ってあげた車掌さん。



一時間半弱の列車でしたが、んん。。。旅してる気分になるなあ。。



プランバナン



こちらも世界遺産。ボロブドゥールとはまったく別の場所にある
プランバナン遺跡。

メインのロロジョングラン寺院は修復中。
寺院は800年代後半に立てられたとはいえ、見上げるような
堂々たる遺跡をすぐ近くで見上げることはできませんでしたが、
さすが世界遺産ですね。

建物の配列など、どこかアンコール遺跡群の遺跡を連想するのは、
やっぱりヒンドゥーつながりかな。。。




こちらはセウ寺院の入り口の守護神クベラ。
セウ寺院も修復中。修復を待つレリーフや建物のブロックがごろごろしています。





セウ寺院の前のなんかの撮影。

こういうのに目が行っているのは集中力が欠けている証拠。
もう少し予習しておくべきだったなー。。。インドネシア。。

ボロブドゥール



やってまいりました。東南アジア最大の仏教遺跡、ボロブドゥール。

ちなみにガイドさんはムスリムだ。



イスラム教国の仏教遺跡というと、アフガンのバーミヤンのようにドッカーン
やられちゃったりしますが、インドネシアはイスラムがやみくもにきついわけでなく、
このボロブドゥールは、インドネシア随一の遺跡としてみんなが大事にしている感じ。

インドネシア舞踊で有名なラーマヤナの演舞だって、ヒンドゥーだしなあ。。
ま、それはバリ島がバリヒンドゥーだからなぁ。。。

さて、ボロブドゥールはアンコール遺跡群とは異なり、寺院や王宮の跡が
ごろごろしている遺跡というわけではなく、このボロブドゥールの遺跡が
ズドンとピラミッドのように鎮座し、周辺に小さな寺院がいくつか。。
という遺跡で世界遺産に指定されています。



遺跡は100万個以上の安山岩でくみ上げられており、壁面のレリーフが素晴らしい
方形の下部6層、仏像が中にストゥーパがニョキニョキ林立している上部3層に別れています。







レリーフは仏陀の生涯や、その前世(ウミガメだったりサルだったり)を
見て回ります。実家の手塚治虫「ブッダ」をあらかじめ読んでおけばよかった。。。



ぐるぐる回りながら上に上っていくと、突然視界が開け、上部へ。



仏が納まっているストゥーパの下から二番目までは切窓は菱形をしており、
一番上の層は正方形。最上部、遺跡の中心のストゥーパには窓がありません。

これは、

俗世の心→安定した賢者の心→無の境地

を具象しているそうですが、私といえばそんなことも知らず、考え事を
誌ながら遺跡散策。。。なんとなく一番上に来たとき、一番俗な考えを
めぐらせていたような気がします。



そういえば輪廻と因果応報をあらわしたレリーフ

「醜悪な顔」

一人で旅して、ろくに鏡も見ていませんが、今の私はどんな顔をしてるんだろう。。






Yogyakarta


ボトムズ?

ろくに観光もしていません。

町を歩いていろんなものを食べたり買ったりしてみますが、
個人的な印象では、ほぼマレーシアと同じ物価(除く宿代)。
列車なんかは、マレーシアより高いくらい。

「世の中。。。コストとパフォーマンス」

なーんてどこかのコンサルのお兄さんがおっしゃっていましたが、
そんなフィルターを通して町を見ると。。。ちょっとな感じ。
ほかにもベチャ(自転車タクシー)の客引きに辟易したり、
なんかガッツが沸いてきません。

本当は、誰か捕まえて乗っちゃえばいいんですけどね。。。



中国とベトナムにはいろんな面で、抜かれちゃったんじゃないのか??
インドネシア、がんばれよ!

ちなみに夜は念願の生ガムランです!


JakartaからYogyakartaへ



なんとなく、昭和の雰囲気の漂う
Jakarta Gambir駅の夜。



元武蔵野線の車輛。日本で乗ったことあるかもしれない。。。
そうそう、武蔵野線といえば僕が高校の頃、新小平駅が水没して大変だった。



見送る人、見送られる人。ちょっとキュンときます。

んな、感傷に浸らないで。。列車に乗り込みます。

列車はエアコンがかなり効いています。が、EKSESKIクラスは
ブランケットが配られるので、長袖Tシャツくらいで何とかしのげました。



ぼさっとしていて、列車の中、Yogyakartaの駅の撮影を忘れ。。。
思い出した頃、ソロ、スラバヤ方面に向かう列車を見送りながら。。。

Jakarta



ポーランドの首都、ジャカルタに到着!!!

ディンクエ〜!?

否、モナコ??



冗談はさておき、久々の南半球。

せっかくの初めてのジャカルタなのですが、本日は月曜日で軒並み博物館は休日。
昨日はまたもや日曜のKLで歴史博物館休みだったし、どうもパチッといかないなあ。


ガンビル駅



仕方ないので、ガンビル駅で夜行のチケットを購入し、
ぷらぷらと待ち歩き、時間があるので日本大使館で
パスポートの増刷しよ。。とおもって赴くと、3分前に閉館。



地球の歩き方の開館時間と違う。。。
ま、パスポートがらみはいつものとおり。どうもうまくいかない。



| 1/1PAGES |