calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ポルトープリンスからサントドミンゴまで



ポルトープリンスからサントドミンゴまで


さて、バス会社。

CARIBE TOUR社という白い大型バスを運行している会社のオフィスに
ぼったくりタクシーに案内される。で、カウンターのお姉さんに話かけると、

カリ姉「ユーハブチケ?」

運び屋「ノー、アイドライクトゥバイチケッ」

カリ姉「バス、フル、アナザカンパニ!」


のあぁああ、満席かよ。。。。


ガラーン。

仕方なしに案内されたもう1つのバス会社、
TERRA BUS社に(1ブロック程度)向かうと、トローンとした表情の
お客さんらしき方数名と、ショットガンを持った警備員のオヤジが、
待合室らしき場所に座っている。。あらら?

運び屋「アロ、サントドミンゴ?」

警備員「あsdlkfじゃおい;ほなえklかえあ;k」

運び屋「サントド。。。。。」

警備員「あsdlkfじゃおい;ほなえklかえあ;k!!!!」

あれー、バス出ないって言ってるみたいだなぁ。。

まずい。非常にMAZUI!!

精神的体力的に、もう一度山(ペンチョンビルという山の手地区らしい)を
下りて、ポルトープリンスに戻る気分にはどうにもならない。。。

頭を抱える運び屋に助け舟を出してくれ、状況を教えてくれたフランス人
男性も、日曜は飛行機が無く私もスタンバイ。。。今日の飛行機に
乗れない事は覚悟してるよ。。とのこと。。。

ぬぬぬ、あのポルトープリンス市街に戻り空港に向かうだけでなく、乗れるか
乗れないか分からない飛行機を待つのか。。ウガ!それはキツいぃ。。

こうなったら、さっきのバス会社の屋根にでも。。と思って
もう一度TERRA BUS社に戻りアタックするも。。撃沈。。一瞬、
バスの車内に忍び込んだのだけど、3秒でつまみ出されてしまった。。。


無情にも出発するバス。

まあ、多分BOS-JFKで調子に乗った「満席の神」の天罰が下ったのか、
進む先に、ハイチ名物ゾンビ謹製、ゾンビパウダーを撒かれてしまった
ようだ。。



TERRA BUS社のバスの出発を恨めしく見送り、さてどうするか、いや
空港に行くしか無いだろう。。とタクシーを探していると、ボロボロの
左ハンドルのセレナが搭乗。空港まで10ドルで!ということになる。

ただ、このドライバーのお兄さんが少しだけ英語を話してくれる上、
今日は飛行機が少ないし、サントドミンゴにいきたいなら、まずは
ハイチ/ドミニカの国境までいったほうがいい!そこからは問題なく
サントドミンゴまで行けるぞ。。と営業して来る。。ただし言い値は
100ドル。ほこりを被ったダッシュボードに、50!ノノノ、80!なんて
いう数字を書きながら交渉し。。。

まだまだボラレているかもしれないけれど、70ドルまで下がる。これなら
国境からサントドミンゴまで、普通のバスに乗れたら、100ドルくらいに
収まりそう。あらためて航空券を買うより安いし、ポルトープリンスに
戻らなくても良いな。。。と思い。国境までチャーターでお願いする
事にする。どっかの島で2時間130ドルとか普通に払ったんだし、ここは
サクサクっとサントドミンゴを目指そう。。

そんなこんなで、ようやくドミニカに向けて出発。

で、車中はというと。。。タクシー代は高かったけど、
車からの景色が最高!元が取れた気分だ!



と書きたい所ですが、風景はイマイチぱっとしない。ハイチが山国で
ある事を実感できたのと、途中に大きな湖があり、その脇で石灰を人力で
ガッシガシと採掘しているハイチ人の姿を見ることができたくらいかな?


人力で山を崩し、人力でトラックに積む。

ただ、何度も繰り返すけど、道の途中のバンプで車がスピードを
落とす時など、こちらにじーっと熱視線を送るハイチ人がいるのだけど、
その人たちに手を挙げて笑いかけると、大人も子供も手を挙げ、
笑みを返してくれる。。いいねぇ。。


ハイチ側チェックポイント

二時間半程で、湖の東のはずれのチェックポイントに到着。
ハイチ側で出国税10ドルを払い、無事に出国スタンプ。スタンプには
「Posto de Malpasse」という地名が彫られている。

ドライバーの兄ちゃんはドミニカ側まで車で入ってくれ、ドミニカ側で
国境地帯でふらつくいわゆる「国境ゴロ」が35ドルの入国税なるものを
要求してくるものの、一喝し退け、それを払わないが為にグズグズ入国審査
するドミニカの腐った入国審査官をしばらく睨みつけ、ようやく入国。



審査場脇に停まっていたボロいカローラに5ドル(言い値は10ドル)もとられ、
10分程走ってJimani(Google Map)という町のバス停に到着。バス停にたむろする
両替おばさんに20ドル程ドミニカのお金を都合してもらい、バスに飛び乗る。
(340ペソ/すこしぼられてるかも)





乗客は95%がハイチ人でその80%は元気なおばさん。

ただ、このTOYOTAコースターっていうのは、もともと田舎の駅から、
温泉宿までお客さんを送り迎えしたり、幼稚園児のみんなが送り迎えされる
為にデザインされた車。。。いろんな国でさんざん乗ってきたけど、
補助席全てに恰幅の良いハイチ人がノッサリ腰掛け、ぎゅうぎゅうの車内で、
荷物を抱えて車輪の上の席に6時間。。。というのはキツい。。。

サントドミンゴまであと1時間。。。という中途半端な場所で食事休憩が
入った以外は、のんべんだらりな乾燥系カリブな景色の中をバスはひたすら
西へ向かい、糞警察や、糞兵隊の10回以上のパスポートチェックなどを
受けながらようやく暗くなり始めたサントドミンゴに到着。



うーん、ひとりぼっちで夜中に到着するのは嫌なエリアだな。。。



タクシーを捕まえ、ドライバーに「パルケコロン」とこの町で唯一
覚えている地名を伝える。ふぅ。なんとかサントドミンゴに着いたぞ。


ポルトープリンス/PORT AU PRINCE


ハイチのおばちゃんは頭の上で荷物を運ぶ。

PORT AU PRINCE

ある程度の前評判や情報は手に入りましたが、最後の最後まで
これだ!といった準備や情報集めができないままハイチに到着。



頼みの綱の空港のインフォメーションカウンターも4時過ぎなのに
締まっちゃってるし、どうにもこうにもなので、俺は空港関係者だ!
とネームタグを見せて勧誘して来るオヤジに言われるがまま
タクシーに案内され、そいつと一緒にダウンタウンのホテルに向かう。


* アクロポリスホテル シングル1泊/30USD
  441 Jean Jacques Dessalines Port-au-Prince,Haiti
  TEL : 222-1837


距離的にはそこそこあるけど、南北アメリカ最貧国の割には
高い20USDを支払って到着したホテルは1泊30USD。見た目は
ぱっとしないけど、部屋はそこそこ清潔。予想通り水シャワーだけど、
ハイチのホテルや宿の悲惨さや高さをネットやらでよく耳にしていたので、
まあこんなもんでしょと、タクシー同様値切らずに荷物を下ろす。

ホテルはまだしも、タクシーはボラれただろうなぁ。。その上、
自称ガイドのオッサンにチップまでやってしまった。。阿呆な事に
つかわないでくれよぉ。。。

ただ、実際の所はお大尽な気分でいたというより、自分でガリガリ
街を歩いてホテルを選ぶには、地図もインフォメーションのヘルプも
なければ絶対無理だろう。。くらいカラダがだるく、テンションが上がらず、
今すぐに、横になりたいぜ。。。という気分だったのです。。仕方が無い。



タクシー代もホテル代も覚悟していた以上には安かったし、何は
ともあれハイチに入国できたし。良かったとしましょう。

ということで、到着日の夜は部屋でグダグダ。



翌日の朝、ホテルのカフェで揚げバナナを食し、いざ市内散策。
町の道は穴だらけで非衛生、それにハイチ人怖い!



国連軍の装甲車やトラック、国際機関のランクルをよく見かけます。
背後の建物は刑務所。

なんて情報もあったのですが、昼間の町を歩いている分には、
ギラギラとした視線を送られる訳も無く、目が合ったお兄さんやら
おじさんには、手を挙げ、「ヨッ!コンチクワ!」なーんてやると、
ニッと笑って、手を挙げ返して来てくれます。


カットフルーツ屋



カットフルーツっぽい置物屋





通りごとに、売っているモノがだいたい決まっている。
ここは靴や鞄。新品半分、中古半分。



ポルトーフランスの有名な境界。




国会かな?



奴隷解放関係かと思われる銅像



ひどくぼろいのからこうしたデコ系まで、いろんな乗り物がありますよん。


衛生状況も酷い噂しか聴かなかったのですが、下水がつまった箇所などを
除けば、町の中心部という事もあってか、ゴミは道の脇に集められ、
それを集める車も走っています。悪しき面や遅れてしまっているハイチの
側面をアフリカ並みと例えられる事がありますが、PORT AU PRINCEの
中心部に関しては、インドやパキスタンの町中と同等か、それより衛生的?
くらい。。。に感じました。


らら?    ら?

が、翌日、サントドミンゴ行きのバスを探して
ダウンタウンをほっつき歩きながら。。。



前言撤回!ハイチ。。。。。やっぱりキツい!


町が暗い分、怖い感じに見えますが、ハイチ人はいい人多そうです。

大通りがヘドロやら何やらでグッチョグチョ。野菜を売っているそばで
おじさんおばさんが用を足す。。。凄まじい光景を目撃してしまう。
そのうえ、おんぼろの車ばかりなので排気ガスもキツい!おー、
噂のゴミの山も。。。半端でない。。。どうやって処理済んだろ?



英語が全く通じず、地図もガイドブックも無く、「サントドミンゴ!」
と言うだけしかバスを探す方法が無く。。。タクシーでボラレたりして、
ようやくサントドミンゴ行きのバス会社を探し当てる。。。


タプタプ車内。

さんざん迷い、出発から2時間は経ってしまいましたよ。。。ふぅ。。。
ったく、山の上までPORT AU PRINCEが続いているとは。。。


タプタプを降ろされた場所。どこだここは??

ただ、繰り返しになっちゃいますが、強烈な人たちや光景も多いけど、
笑顔を送れば必ず笑顔が帰って来るし、昨日に引き続き、「よ!」と
手を挙げると必ず揚げ返してくれる。大変な部分も多いけど、フランス語が
できればかなり楽しい国だと思います。

さて、そんなハイチともオサラバさ。。と思いバス会社に向かうと。。


| 1/1PAGES |