calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ジンバブエ激走(ハラレ 〜 ニャマパンダ国境)

R0110523.JPG

ジンバブエ激走(ハラレ 〜 ニャマパンダ国境)

マラウィ行きのバスは週3便。水、金、日曜の朝8時にハラレの長距離国際線バスターミナルを出発する。ザンビアのルサカ行きの便(約6時間/15USD前後)等も見かけたけど、モザンビーク行きなどバスは余り目立たず、南アフリカのヨハネスブルク行きの便以外は、掘っ立て小屋のような建物にバス会社のカウンターが集められている状態だった。

R0110507.JPG

バスターミナルの脇には近郊への乗り合いタクシー乗り場があるのだけれど、そのはずれにナミビアの国旗が描かれ、荷台を牽引しているヨーロッパ車のマイクロバスがある。何処へ行くのか、運転手らしきお兄さんに確認すると、ナミビアのウィントフック行き。

R0110511.JPG
mukuwasha tours  tel +264 812 409 580 / +263 912 985 706

ジンバブエ→ナミビア 3,11,18,25日
ナミビア→ジンバブエ 6,14,22,29日の運行 24時間75USD/90ZAR


ハラレから約24時間、週1往復の運行とのこと。なかなか渋いルートを走るもんだ。体の状態が良ければもう少しバスの便などを調べたかったのだけれど、まあまたいつかくるときにじっくりと調べてみよう。

いずれにせよ、どこ行きのバスも満席かそれに近い状態で出発するようなので、できれば前日までにチケットの手配を終えてしまうことをオススメします。

R0110512.JPG
ぼろい紙幣は捨てちゃう。

さて、出発前にバスターミナルの前で人を待つ。バスターミナルの周囲には、南アフリカへ出稼ぎに出かける人、戻ってきた人の南アフリカランドとUSドル/現ジンバブエ通貨とを両替をするお兄ちゃんおばちゃんがたむろしている。その両替商の人達に、冗談半分で「ジンバブエドルに換えたいのだけど」と声をかけまくると「明日までに探しておいてあげるよ。」といってくれた両替商のお兄さんが現れ、彼が指定した場所と時間に一応出かけてみたのだ。

R0110515.JPG
総額4兆ジンバブエドルほどを手に入れ、ご満悦の運び屋と持ってきてくれたお兄さん

こういった約束事は、御破算になることが常なのだけれど、約束の時間には遅れたものの500億ジンバブエドルを40枚ほど、総額約2兆ジンバブエドルの札を持ってお兄さんが現れる。正直、500億ジンバブエドル紙幣は、最高額の100兆ドル紙幣に比べればゼロ/0の数でかなり見劣りがするし、状態もボロボロのモノが多かったのだけど、約束を反故にしなかった気持ちが嬉しくてチップをはずむ。少しは彼のお小遣い稼ぎになったかな?

R0110508.JPG
緑色の頭巾系帽子がOさん。

さて、バスカウンターに戻るとどこかで見かけた人。。。あらら、カメルーン戦とオランダ戦、そしてパラグアイ戦を一緒に応援した水道局Oさん!

話しをすると、モザンビークのマプートから列車でジンバブエ国境にたどり着き、掘っ立て小屋一つの入国管理事務所でジンバブエ入りし、トラックやらをヒッチハイクしてたどり着いたとのこと。定年されてもガッツがあれば渋い旅が続けられるのだなぁ。。とOさんのような方と一緒に旅をさせていただくとつくづく感じる。

あと25年もこんな生活がしたいか?と問われたら。。どうだろう。。うーん、10年くらいは気持ちの良い場所で定住もしてみたいなぁ。

さて出発。

R0110517.JPG

2時間ほど走り、悲しくなるくらい貧相な商品が並ぶだけの雑貨屋やパン屋が寂しげに立ち並んだ埃っぽい集落で休憩。その中でも比較的元気な店で水を買い求めがてら、「ジンバブエドルある?」と聞いたら、店主がハラレではなかなか見かけなかったジンバブエドルを札束でカウンターにドサリ。手持ちのドルが乏しいので、買い占めは叶わなかったけど、1ジンバブエドルから50兆ジンバブエドルまでの色とりどりの紙幣を手に入れる。ヌッシッシ。

R0110525.JPG

再出発したバスはなだらかなシェイプの岩山が続くジンバブエ的景色を疾走し、昼過ぎに国境。ハラレから約4時間。さぁ、モザンビークだ!と大声を張り上げたいところだけど、国境まであと少しのトコロでバスが子牛をひき殺してしまい、がくんとテンションが下がる。。合掌。。

R0110531.JPG

出国審査はスタンプポン!でおしまい。結局ジンバブエビザは発給されないまま5日間も滞在できてしまった。


ハラレ / Harare Day-4


ハラレ → リロングウェ 水金日運行 30USD
 
ハラレ / Harare Day-4

夜になると熱が上がって体調の悪さがピークとなり、洗面所への数歩すら壁を伝わってたどり着くような有様。明け方に目が覚めるとだるさに加えて、咳きが止まらない。想定外の町で停滞してしまっている、自分とその旅に「まあ、なんとかなる。体もいつかは復調する」と言い聞かせ、じっとベッドの中で過ごす。

朝日が差し込んだ部屋の中で目覚めると、いくらかからだが軽くなり、ボウッと熱っぽかった頭も少ししゃんとしているのに気がつく。



復調にはほど遠いけれど、歩いて15分ほどのモザンビーク大使館まで、この体調ならタクシーを使う必要は無さそうだ。無理は禁物だけれど、体が軽いので、旅行代理店に立ち寄ってでハラレ脱出のルートを探ったりしながら大使館に到着。

昨日に引き続き、即日発給のお願いをするけれど、

「明日取りに来なさい、何で昨日来たときに申請しなかったの!」

の一点張り。大使館は8時に開館して、すぐにビザが貼られたスタンプは発給されるようだけれど、マラウィの首都リロングウェ行きバスの出発時刻も朝の8時。もう少し、朝早く発給してくれれば。と思うけれど万事休す。まあ仕方がない、次のバスは明明後日の金曜。

リロングウェからタンザニアまで飛行機だな。。と諦めていると。。

「Mr.ハコビヤ。。」

の声がカウンターから聞こえ、

「ビザは発給してあげました。でも、おつりの5ドルが無いの。。。」

といいながら、モザンビークビザが確かに貼付されたパスポートを渡してくれる。

「オブリガート!テイクアチェインジ!プルファボール」

と何語か分からない叫び声を上げ、カウンターの覗き窓越しに発給担当のおばさんと握手する。やったぜまさかの即日発給。追加料金もたった5ドル!

一気に体調も回復し、体調が悪いときには見かけることすらなかったぶっかけ飯屋やらを見つけるは、綺麗な中国人のご婦人には、日本はパラグアイ戦惜しかったわね。と声をかけていただくはと調子が良い。

ということで、復活。

マラウイのリロングウェ行きチケットも手に入り、全て落着。



午後は、ハイソにホテルのカフェでコーヒーを頂き、モザンビーク大使館と宿の中間にあるネットカフェで自分PCでネット。余裕でAir Malawiのウェブサイトとか眺めてます。この調子が続けばタンザン鉄道にも乗れそうだぞ。。ウヒヒ。



ハラレ / Harare Day-3

R0110492.JPG

ハラレ / Harare Day-3

こういう状態にあると、何もかも上手くいかないけれどまさにその典型の一日。

モザンビーク大使館を探し当てたのだけど、即日ビザは発行していない様子。それでは国境でトライしようかと長距離ターミナルに出向くと、明日はバスが無く、明後日の出発な上、マラウィ行くならビザがやっぱり必要だよと言われる。時間は12時。

今日月曜の申請の道が絶たれたということは、明日火曜の申請で水曜午前のビザ発給。水曜朝8時出発のバスには間に合わない。。あらら、一旦、大使館に行ったのにこのざまだ。

R0110493.JPG

USDが流通するようになったこともあるのか、町の銀行ではT/Cの両替ができない上に、CitibankのカードはどのATMでもはじき返される。

嗚呼、そんなお金のちまちましたことは後回しにし、すぐに長距離バスターミナルにバスの時間と出発日の確認を先に済ませれば良かった。。

そういえば、30USDも払っているのに、ホテルのお湯はおろか、水も出なくなった。うーん、早いところこの国を出た方が良さそうだな。


ったく、よりによってジンバブエで停滞かよ。。

ハラレ / Harare Day-2

R0110490.JPG

ハラレ / Harare Day-2

体が動けば、荷物を担いでバスターミナルに向かい、そのままマラウィに向かおうと思っていたのだけれど、強烈なだるさに見舞われ体が動かない。熱も出ているようで思考もまとまらない。。あらら、おとなしく寝ることにする。3時間ほどで目が覚める睡眠を繰り返す。古い友人や古い記憶にコンプレックスやらが絡みつく夢を何度もみる。

ハラレ / Harare

R0110468.JPG

ハラレ / Harare

体に鞭打って町に出てみる。比較的町は平穏のようだけれど、体調が酷く、町歩きにも身が入らない。その上、土曜日ということもあってダウンタウンは元気がなく、まともな商品を手にすることもできない。

R0110477.JPG

R0110475.JPG

唯一賑わっているバスターミナルにマラウィ行きのバスのスケジュールを確認に行ったりするが、こういう時に限って人がいなかったりと散々。時間にして1時間歩いた程度で、ギブアップ。この調子で大丈夫なのだろうか。。。


| 1/1PAGES |