calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ハルゲイサ / Hargeisa

R0111551.JPG


ハルゲイサ / Hargeisa


場所  Google Map


Google Mapでソマリランドの首府ハルゲイサ辺りを眺めていると、それだけで喉が渇いてきそう。緑溢れる大雨期のエチオピアからたどり着いたこともあって、乗り合いタクシーが町に入り、左右を見渡した印象と言えば、乾かされた町。

R0111521.JPG

中心部はさすがにそれなりの舗装道路だったけれど、同乗者を下ろしおろしながら分け入って行く路地は、埃っぽくボコボコだ。

さて、肝心のハルゲイサ観光だけれど、安宿が集中するMigモニュメント西のホテルは軒並み満室。はじめの宿探しで躓いてしまうが、10軒ほど探したあとにたどり着いたORIENTAL HOTELというホテルで部屋が見つかる。ハルゲイサにしては、中級かそれ以上と思われる宿だけれど、価格は15USD。広々とした部屋に加え、全館にWifiが飛んでいて快適だった。

さて、午睡が終わり、少し涼しくなった町に出てみる。

R0111528.JPG
指を指す方角には

R0111530.JPG
ヘルシーポーク。中古車をイスラム圏に輸出する際は少し気遣ってあげなよ。

まず目につくのは両替商。煉瓦のように積んだ札束を並べ札束を数えている。この国が発行する最大の紙幣は500ソマリランドポンド。見た目はまあそれなりなのだけど、日本円にして8円に満たない。だから、両替商で1ドル札を差し出すと120枚ちょっとの最大紙幣が束で渡される。

R0111527.JPG
君も私も世界経済の担い手。

他に目につくのは、救世軍やらの義援機関から流れてきたと思われる古着を販売する屋台。着の身着のままだったので、そこでTシャツ(1ドルちょっと)やらデニム(3ドルくらい)を買い入れる。

1,中国でTシャツが作られ、
2,アメリカや欧米に輸出され、
3,そこでマラソン大会やらのプリントが加えられ、
4,一度か二度着られ古着となり、
5,救世軍やらのリサイクルショップに流れ、
6,其処でも売られず、
7,救援物資となりコンテナに詰められアフリカに運ばれ、
8,救援物資と言うより販売品となって市場に並び、
9,エチオピアで着の身着のままとなった日本人が買う。
0,おそらくそれをまた世界のどこかで着捨てるか
  バッグごとかっぱらわれる。

まさに、グローバルロジスティクスとウスノロハコビヤのコラボ。

R0111538.JPG
お、やっぱりアメリカが近づかない国はDHLが強いね。

内戦に明け暮れるソマリア南東部や、一部のアフリカの国々に比べればむしろ安定し、独立国として運営されているにも関わらず、国際的には全く放置プレイにあるこの国だけれど、いろんなモノが動き、止まり、そしてまた動いてゆくということですね。

他に目立つ店と言えば、イエメンやエチオピアでも嗜好品としてカート屋あたり。砂漠系フルーツの西瓜やメロンなどもよく売られていた。

R0111540.JPG

そんな町歩きがてら謎に包まれていたDaallo Airlinesのオフィスに出向き航空券を手配。この航空会社のホームページにアクセスしようとすると、



「このウェブサイトにアクセスすると、コンピュータに損害が生じる可能性があります。」

とGoogle社やらに忠告されますが、オフィスに入った途端にウンコを漏らすとか、頭痛になるとかそんなことはありませんでした。ご心配なく。

R0111539.JPG
この会社は、モガディシュやドバイに飛ばしてるそうな。

R0111542.JPG

チャイナ、ジャッキーチェン!とやたら声をかけられるけれども、悪気のない声かけがほとんどで、カメラを向けても笑顔を返してくれる。噂通りの気持ちの良い人々ばかりの町。

R0111552.JPG

こうした人の良さと、ホテルや食の快適さもありもっと長居したいのだけれど、1日とちょっとの非常に短い滞在。。。残念。

ハラール → ジジカ → トクワジャレ → ハルゲイサ

R0111518.JPG

ハラール → ジジカ → トクワジャレ → ハルゲイサ

まず、所要時間と金額をざっと書いてみる

ハラール → ジジカ 乗り合いタクシー 30ブル/2時間
ジジカ → トクワジャレ マイクロバス 30ブル/2時間45分
トクワジャレ国境プロセス 徒歩 0ブル/30分
トクワジャレ → ハルゲイサ バン 50ブル/3時間

都合、160ブル、8時間15分の行程。


朝早く出ると、まだまだ日が高いうちにソマリランドの首府、ハルゲイサに到着することができます。どの交通機関も頻発しており、ジジカ → トクワジャレの区間のマイクロバスだけ余裕を見ておけばハラールからハルゲイサまで、朝早く出発すれば気分的に半日!?

また、ホテルの程度を問わなければエチオピア、ソマリランド国境のトクワジャレの町に宿泊施設もあるようなので、国境としての難しさはあまりないように感じます。

ソマリランドに入ったときはマイナーな国へ入国した!という気持ちより、エチオピアが散々だったので、ゴミだらけの両国国境地帯を歩きつつも、なんだかすがすがしい心地に。。。さいなら、エチオピアよ!また来るからな。お礼参りにな!覚えとけ!

R0111501.JPG
7時半頃。ジジカのバスターミナルに到着。

R0111507.JPG
土曜市が前日あったからか、荷物満載のオバサンが満載!

R0111506.JPG
最後の一人でようやく乗り込む。

R0111501.JPG
さらばジジカ!

R0111508.JPG

R0111509.JPG
エチオピア側、トクワジャレの町の手前でポリスチェック。10分くらい歩いたところの「コマーシャルバンク」の隣のビル(国旗有り)にイミグレがあるので、そこで出国スタンプを!

R0111510.JPG

R0111512.JPG
国境のどぶ川と土橋。

R0111514.JPG
国境で100ブル程度/650円程度を両替したらいきなり札束。



ハラールまでは大雨だったのに、ソマリランドからは風がビュービュー吹く乾燥地帯。地雷除去なんかも行われていたので、道からそれる時は注意!

| 1/1PAGES |