calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ジブチシティー / Djibouti City

R0111671.JPG

ジブチシティー / Djibouti City

旅行者でこのジブチをスルーする方は多いいけれど、訪れてみて改めて納得。空港施設も貧弱だったし、町も冴えずこれといったものがない。そして噂通り、宿が高い。

R0111661.JPG

今回のジブチ宿泊は1泊のみ。1500円位の宿もあるようだけど、空港の両替所兼DHLのお兄さんが、EUROPEかMENELIKが良いよと言うので、そこにする。ま、値段は100ドルくらいと言われたときには、クラッと来たが。。。

R0111656.JPG
KHAT禁止!

R0111653.JPG
の側で捨てられていたKHAT!


ホテルに向かう最中に交通事故が起きたばかりの現場を通り過ぎる。事故自体はたいしたことでなかった様子。対応しているのはフランス人MP。ランドバウト脇の事故で、たまたまタクシーが減速したので、ボンソワと声をかける。とサバだかなんだか、笑顔を返してくれた。MPの上腕の腕章は形状こそ違うけれど各国のMPは必ず腕章を装着し、通常の警官や兵隊と識別できるようにされているなぁ。

R0111667.JPG

そういえば、ジブチは自衛隊を含めた各国の軍隊も駐留しているし、きな臭い隣国に囲まれていて軍の施設も多い。だから彼らのような人達が。。なんてことを考えているうちに、広場のような場所にタクシーが停車。左手にEUROPE、右手にMENELIK。

フロントの営業トークが心地よかったMENELIKに宿泊。90USD。

R0111668.JPG

翌朝、軽く港を見物したり町を歩いたり、航空券価格を調べたりする程度でジブチ滞在は終了。

R0111679.JPG

暑い、汚い、物価高い、の三重苦で有名なジブチだけど、さあここでもいろいろ頑張ろう!なんて無理はしない。オレ、オッサンだし。町の見物は30度を少し越えた程度の、朝早い時間に済ませ、宿は中の上くらいのホテル。買い物はしない、そしてジブチにさようなら。

ジブチの何を見たのだ?と言われたら、何も見なかったと答えるしかないけれど、旅行者泣かせのこういう国での無理はポンコツオヤジには鬼門。こういう国で充実した旅や出会いができる人こそホンモノの旅行者なのだけれども、まあ自分はその域には達していないので。。。




| 1/1PAGES |