calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

クラレンダイク / Kralendijk

R0015356.JPG

クラレンダイク / Kralendijk

空港から町まで歩いてみる。荷物を担いでなのでゆっくりな移動となったけれど、30分ほどで住宅が密集し始め、すぐに中心部となってしまう。

R0015349.JPG

R0015350.JPG

干からびかけた沼にフラミンゴが群れていたり、食い物を育てるにはきつそうな地肌剥き出しの土地柄といった景色が道路脇に広がっていた。クラサオは雨が少ないキツイ気候と聞いた事があるけれど、このボネールも同じような条件だろう。ま、そんな気色の中をてくてくと歩くが、空港と町を結ぶ途上に旅心やら何やらを揺らすようなモノはなかった。

R0015353.JPG

R0015355.JPG

ツーリストインフォが開くまでどこかで時間を潰そうと思ったけれど、試しに値段を聞いてみた中心部の通りのホテルが予算内の65ドル/1泊だったので、荷物を預けてから町に出る。町と言っても人口1万人ちょっとの国の中心部。外れにKFCはあるようだけど、小さなリゾート国。朝は遅い様子だ。

R0015367.JPG
製塩業は島の重要な産業です。

そんな町を歩きながら、ホテルのオーナーが気を遣って声をかけた「日本から避難してきたのかかい?」という言葉を反芻する。「evacuate」ということばが刺さる。日本の事態があまりにも深刻なため、冗談が冗談にならなかったり、本気が伝わらなかったりいろいろだ。過敏になっているかもしれないが、良くも悪くも今の状態を世界も持てあまし、どう対応して良いのか分からないのかもしれない。日本人だって混乱してるんだからもうどうにもならないか。

R0015371.JPG

津波や地震の大災害や原発の事故は、ぐっすり眠って目が覚めたって、酒を飲んだって、体を動かしたって起こってしまったという事実が覆らない。自分が旅を続ける事が。。なんて書いてはみたものの、こうして日本人が外に出て、それを見が外国人は、「あ、日本大丈夫じゃんか、旅行してるよ」ってことになってしまわないだろうか、そうしたら届けられるはずの募金が集まらなくなったりするのか。。。なんてことをずっと考えてしまう。

ふぅ。

葉書を買いに郵便局に出かけると、切手はないとのこと。オランダ本土に属する特別自治体への様々なルールは今年の1月1日に一気に変更されたらしく、ネーデルランドアンティルギルダーの流通停止や切手の廃止など、この国にとって、2010年10月のオランダ領アンティル解体以上に2011/2010年は大きな潮目だったようだ。

R0015380.JPG

本土に直轄され、人も送られるのに、流通する通貨がアメリカドルだったりとかなりねじれ、その切手は渋いなぁとおもったのだけれど、切手は味も素っ気もないプリントシール形式に取って代わってしまった様子。小さな島というと記念切手が貴重な外貨収入!というのがおきまりだけど、国の再編によって、切手などに頼らない経済の仕組みに移行しているのかもしれない。

R0015372.JPG

町を歩いている人は、アルバやクラサオに比べ明らかにヨーロッパ系が多い。クラレンダイクの中心部を歩いている限り、アメリカ人観光客による白人水増し効果もあいまって、6割くらいはヨーロッパ系白人な感じすらする。残りはアフリカ系やラテン系、混血なのだけど、彼らの話すパピアメント語が色んな言葉のミックスであるために、スペイン語にもポルトガル語にも聞こえる。ちなみに挨拶は「ボンディア」でポルトガル語系。英語が広く通じるけれど、この妥協の産物のような言葉は面白いなぁ。

R0015375.JPG

中心部にはオッシャレーなカフェが数軒有り、そのうちの数軒はFreeのWifi完備しており便利です。

あ、大事な事忘れてた。

R0015369.JPG

海がすごく綺麗です。ご存じの通りかなりの島巡りをしてきたけれど、今まででトップクラス。雨が降らない気候に、海のため池のようになる環湖などを持たない地形が幸いしてるかな?

その島の主都/首都のすぐそばの水がどれだけ綺麗でしょう!選手権をしたら世界ベスト3に入るんじゃない?




| 1/1PAGES |