calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

カンカン - バマコ / Kankan - Bamako

R0018990.JPG

カンカン - バマコ  / Kankan - Bamako

カンカンで乗り合いタクシーを降りるとさすがにクラクラする。ふぅ、疲れたぜい。アタタタタ。体の節々に加え、頭痛が始まりそうな予感がする。

荷下ろししていると、ガラージュのバイクタクシーのお兄さんが近郊の町やらに乗せようと集まってくる。マリのバマコに向かうと言うと、バマコ行きのチケット売り場を指さして教えてくれる。お、良い奴らじゃない。

チケット売り場に向かうと、バマコ行きの乗り合いタクシーは出払ってしまったようで、直通は午後4時発のバスのみとのこと。午後4時発にアフリカンルールを加えると、到着は夜中だなぁ。バマコはピースフルな町だと聞いているけれど、この体調のままバス移動で夜中着は萎えるんだよなぁ。やっぱカンカンで一泊するか。。。としばし逡巡する。

P5290119.JPG

ガラージュ近辺には携帯の充電屋が沢山あるので、そこでMacBookAirを充電してもらいがてら料金を弾み荷物を預け、食事をする事にする。

P5290118.JPG

P5290120.JPG

キャッサバの葉の塩っ気のきいたぶっかけ飯を食い、頭痛薬を投入すると、力も湧き、頭痛も治まりそうなので、しばらく屋台で時間を潰してからチケット売り場に戻る。バマコまで90,000GNF。荷物代は少々ぼったくられたか20,000GNF。

さて、身軽になったので市場に出向いてみる。

市場の建物に「VILLE DE KANKAN」と大きく書かれているのでその周囲で写真を撮っていると、市場近辺での交通整理をするような身なり、半官半民風ななりの2人組の男が現れ、

「ここは写真を撮っちゃいけねーんだよ」

みたいな事を言い始め、カメラを取り上げる。片方が少し英語を話すようで、パスポートを見せろやらと凄んでくる。

「阿呆タレ、真っ二つにされて、市場の肉屋に並びたくなかったら、早くそのカメラを返せ、この糞外道が!」

と言い返したいところだが、

「市場の写真を撮っていけないのは、残念なことですが、そんなこととは知りませんでした。申し訳ない。画像は消去するのでカメラを返して下さい。」

と穏便にお願いする。

が、カメラを取り上げた片割れが、自分の首に俺のGRをぶら下げてふんぞり返り、もう片方が

「返してほしかったら何か彼にあげなさい」

なんて言ってくる。ほう、始まった。ようやく始まったか西アフリカ!だなぁ。

彼らは同じような服装をしているのだけれど、おそろいの帽子はかすれた文字で「FOSSIL」と書かれている。悪い冗談ってのはまさにこのことだなぁと思う。ついでに言うと、英語を話す方がギニアの国旗のプレートのようなものを胸につけているが、そいつが逆さまだ。

が、ここで「FUCK」や「STUPID」なんて言葉を使うと相手の思うツボなので、

「分かりました、まず、あなた方には何かをあげるつもりはありません。返してくれないなら警察に事情を説明し、日本大使館に連絡を取りますので、今から警察署に行きましょう」

と、先ほど通り過ぎた警察署の方角を指さして返答する。正直、この方法がベストな選択だとは思えないけれど、2人のオヤジは頭のてっぺんからつま先まで、糞野郎な雰囲気で満ち満ちており、こういう輩とは白黒つけないとどうしても気が済まない。

一瞬ひるんだ表情を見せたので、市場周辺の人だかりを指さし、彼らが見ていたというゼスチュアをし、再度

「警察に行こうぜ」

というと、黙ってカメラを返される。

アホタレが、ったく恥を知れ。素敵な人間達と戯れて気持ちよかったギニア滞在が最後で台無しになるところだったじゃないか。

「お前らのような輩が、この国を訪れる外国人のギニアに対する印象を毀損し、信用を損ない、どれだけ協力や援助、投資といった機会を逸しているのか分かってるのかアホタレ。難癖つける交通整理をするくらいだったら。川端でしゃがんで膝でも舐めてろ、この野郎。」

と言いたいところだが、ここでもエア抗議。グッと堪えてその場を去る。

とっつかまった後ろには、

「MARCHE DE POISSONS DON DU JAPON」

日本の寄付によって建てられた魚市場?

の記載。日本の善意が助けてくれたのかもしれない。

R0019004.JPG
バスで通り過ぎるときに撮影

そんなことがあったので、出発までの残りの数時間はバスの近くで時間を潰す。

R0018992.JPG

R0018993.JPG

R0018995.JPG

R0018997.JPG
俺が食っているところを撮れ!とオヤジ。

R0018999.JPG

R0019000.JPG

バスは2時間ほど遅れて出発。荷物を満載し、補助席もびっちり乗客で埋まっているけれど、乗り合いタクシーに比べれば何ともない。ただ、エアコンが効かない上に窓がほとんど開かないため、車が停車すると猛烈に暑い。オマケに大音響のマリ演歌が流れ続ける。うーん、こりゃ耳栓必携だな。

R0019003.JPG

ギニア出国の際、西アフリカの外から来た自分だけな為、少々他の乗客と異なる出国手続きとなるものの、荷物検査などでかなり時間がかかる事もあり問題なし。

R0019006.JPG
日没前に一時停車し、乗客の7割くらいがお祈りしてた。

R0019007.JPG
マリに入ったチェックポイント前で牛のグリルをパックンチョ。

全ての出入国プロセスを終えたのは真夜中。マリに入ってからは疲れもあってか、バスの中では大音響のマリ演歌が流れているのにも関わらず寝てしまう。バマコのバスガラージュに到着したのは朝の3時過ぎ。所要時間は9時間くらいだった。

R0019009.JPG
到着!

R0019010.JPG

バスの荷卸しが一段落付くまでお茶を飲んで過ごし、日が昇るまでバスの中で過ごす。

コインドゥ - ゲケドゥ - キシドゥグ - カンカン / Koindu - Gueckedou - Kissidougou - Kankan

P5280063.JPG

コインドゥ - ゲケドゥ - キシドゥグウ - カンカン  / Koindu - Gueckedou - Kissidougou - Kankan

コインドゥで乗り換えたバイクタクシーは、すぐにシェラレオネ側のチェックポイントに到着。トラックなど(乗り合いタクシーもあるかもしれない)でも移動ができるようで、荷台に乗って移動する人達が手続きをしている。

つい1時間くらい前に入国審査をしたばかりだったので、出国スタンプは要らないでしょなんて言われるが、お願いしやっす。と言ってスタンプを押してもらう。手続きを済ませ、少し走ると川。どうやらこの川がシェラレオネとギニアの国境になっているらしい。渡し船(1000レオン)に強引にバイクを乗せ対岸に渡る。

ギニア側の入国審査では、荷物を検査されたり小銭を要求されたりするが全て無視する。渡し場のギニア側には渡し船を待つ人が多く、渡し場からすぐの所にちょっとした集落がある。成る程、シェラレオネ側にもバイクタクシーが待っていたりしたことを考えると。。。。

コインドゥの町から渡し場までバイクタクシー、そこで渡し船に乗ってギニアに入り、入国手続きを済ませてそこから集落まで歩き、そこからゲケドゥまで乗り合いタクシーやバイクタクシーっていう手もあるかもしれない。まあ、節約できても300円程度だろうけど。因みにコインドゥからゲケドゥへの直行バイクタクシーは50,000レオン。約1,000円だった。

国境からゲケドゥまでの道はダートながらキッチリと固められておりスムーズ。バイクのスピードも出る。

結局コインドゥから国境を越えてゲケドゥまでの所要時間は1時間ちょっとで済む。乗り合いタクシーに屯する両替商を捕まえ、USドルを40ドルほどギニアフランに換えてもらう。レートは1USD=6500GNF。

P5280064.JPG

P5280067.JPG

当初はこのゲケドゥで一泊するつもりだったけれど、日も高い上、テンションも高いので、そのまま北のキシドゥグを目指す事にする。有り難い事に、キシドゥグ行きの乗り合いタクシーは、あと2人くらいで出発しますよな状態。結局、ゲケドゥの滞在は30分位でキシドウゴウに向かう乗り合いタクシーが出発する。

P5280069.JPG

P5290071.JPG

キシドゥグ行きはギニア名物、猛烈窮屈乗り合いバンタクシー。コラムシフトでもないのに、前列に4人乗車、二列目には当然のように4人乗車、三列目には子供と女性の4人乗車、天井に3人となんと15人乗り。

三列目の女性が黒装束で体を覆ったムスリムで、その旦那さんが途中でドライバーに声をかけて車を止め、昼過ぎの礼拝を道端で行った。シェラレオネにもムスリムが多く、夕暮れ時のアザーンや、祈りの風景をよく見かけたけれど、車を停車してまでお祈りをする事はなかった。東ギニアはシェラレオネよりもう一段、イスラム濃度が濃いのかもしれない。

P5290075.JPG

舗装状態の悪い道の為、100キロちょっとの移動に約3時間かかるが、ジャングルを突き抜ける岩山が現れたり、景色は中々だった。

P5290080.JPG

さて、キシドゥグに着いたけれど、この町の見た目も他のギニアの町同様パットしない。そろそろ日が沈みそうだけれど。。。と悩んでいると、コナクリ行きや、カンカン行きの乗客を集める声がする。そうか、ギニアは日没後でも移動ができるんだったな。

P5290082.JPG

P5290083.JPG

今出発しても、夜中過ぎにカンカンに到着するのは目に見えているので、キシドゥグで一泊するべきか迷うが。。。ホテルを探し当て、チェックイン、早起きしてチェックアウトし、またこのバスガラージュに戻ってくる事が億劫になり、カンカン行きを選択。

P5290090.JPG

乗り継ぎ時間は1時間ちょっと。セネガルからギニアまでの国々は、キッツイ移動とバスガラージュでの人とのやり取り自体が観光みたいなものだけど、キシドゥグのバスガラージュで言葉やゼスチュアを交わした人は子供から老人まで、素敵な人ばかりだった。

P5290092.JPG

P5290093.JPG

そういえば、ギニアの東は、リベリアやシェラレオネと国境を接している事もあり、現地語とフランス語がメインだけれど英語もカタコトなら通じる。

P5290095.JPG

そうこうしているうちに出発。キシドゥグの町もすぐに尽き、日も沈む。勧進の車の方は、穴ぼこだらけの舗装道路なためスピードが上がらない上、穴にはまったショックでしょっちゅうエンストを起こしたりして車が止まる。シートは助手席窓側になったけど、助手席は当然ギニア人とシェアなのでキツイキツイ。

キシドゥグからカンカンまでは約300キロ。悪路に加えて車がぼろいので、1時間で30キロ進めるかどうかといったところ。この調子が続くとカンカンまで10時間以上かかるのか。。と考えるとクラクラしてくる。けれど、まあ仕方ない。何度も車を降り、エンジンの押しがけを手伝ったりしながら北を目指す。

P5290101.JPG

暗闇の酷い道だったけど、停車したときの星空は見事で、蛍がスーッと瞬いたりして綺麗だった。

エンスト以外に一度休憩を挟み、夜中の2時くらいまで走り、真っ暗な集落で車は停車。今日はこれにてドライバーもギブアップといったところかな?前回のガブウからコナクリの時のように酷いトラブルは起きていないようだけど、今回も車中泊。乗客は近くの民家に分泊したようで、自分は他の乗客に広々とした後部座席をあてがわれる。

朝からの移動で疲れていたのか、ペットボトルを枕にし、体を曲げて横になるとすぐに意識が無くなる。

P5290102.JPG

辺りが明るくなる頃、なんだかポツポツと落ちてくる。嗚呼!雨だ。窓側シートで、その窓が締まらないんだよなぁ。シャワーを浴びたいなんて思ってしまったのがいけなかったかな?

雨期はまだ始まったばかりのようだけれど、昨日も朝に雨が降った。この時期にこの辺りを旅する人は、朝の雨を頭に入れておいた方が良いかもしれない。

P5290105.JPG

右半身をビショビショに濡らしながら北に向かっての移動が再開する。比較的道は良くなってきたけれど、ラジエターの水が尽きたり、段差で機関系統の接続が外れたりで、すぐ車が止まり、30分と走り続けてくれない。

P5290107.JPG

P5290108.JPG

カンカンまであと50キロに迫ったあたりの田舎で、とうとうラジエターの水が尽き、「近くの村に水を取りに行ったりで時間がかかるから、暇つぶしでもしていてください。。」みたいな事をドライバーに言われる。他の乗客が車を降りて歩き出したので、それについて行く。

P5290110.JPG

P5290111.JPG
またマンゴー狩りかぁw

たわわに実ったマンゴーの木を乗客の1人が見つけ、乗客全員でマンゴー狩りを楽しむ。この季節の西アフリカは、市場で売られるのはもちろんだけど、道沿いやらにも採りきれない量のマンゴーが実るので、車にトラブルが起きるともれなくマンゴー狩りのオプションが付いてくる。

西アフリカの男も女も、マンゴーとマンゴー狩りが大好き。今回は乗客の若い女性が木に登ってワッサワッサ木を揺らし、ボトボトとマンゴーを落とし、それをキャッキャ言いながらみんなで拾い集め、車の修理を待ちがてらモサモサと頬張る。いい朝飯代わりになった。

P5290112.JPG

P5290113.JPG

P5290114.JPG

ようやく車が動き出し、1時間もしないうちにカンカンに入る。

P5290117.JPG
ふぅ、到着

町は道幅がゆったりした地方の中核都市といった印象。時計を見ると午前9時半。300キロの移動に、結局15時間もかかってしまった。。平均時速約20キロw。ったく泣けてくる。

コナクリ → フリータウン(パメラップ=グバラムヤ国境経由) / Conakly to Freetown via Pamelap=Gbslsmuys Border

R0018898.JPG
R0018900.JPG

コナクリ → フリータウン(パメラップ=グバラムヤ国境経由) / Conakly  to Freetown via Pamelap=Gbslsmuys Border

コナクリは、見所もなさそうだし、夜の停電にバケツシャワーで萎え萎え。一泊で切り上げ、旅人に評判の良いシェラレオネにさっさと移動する事に決定した。

R0018882.JPG

R0018884.JPG

まずはロンプラの、ギニアビサウの出入国の項。

Land

SIERRA LEONE

The journey from Conakry to Freetown is pretty straightforward, and the final dirt sec- tion should be sealed soon. There are several taxis brousses daily (US$13, seven hours) from both Gare Voiture Bambeto and Gare Voi- ture Matam in Conakry. A bus also goes to Freetown (US$14) from Gare Voiture Matam on Tuesday and Friday. Taxis waiting at the border town of Pamelap also connect to most other large Sierra Leonean towns.


Gare Voi- ture Matam(コナクリの中心部に近い都市間乗り合いタクシーステーション)までタクシーで向かうが、タクシーの運ちゃんとコミュニケーションが上手くいかず、Matamの警察署で降ろされる。結局警察のお世話になりGare Voi- ture Matamにたどり着く。ありがとう、ギニアの警察官。ただ単にラッキーだったのかもしれないけれど、パスポートやらカメラやらを取り上げ、賄賂を要求する嫌な連中という認識が更に改まりました。

R0018892.JPG

R0018893.JPG

フリータウン直行の車もあったけれど、乗客が集まっていない様子なので、まずはギニア側の国境の町パメラップ/Pamelap(40,000GFR/荷物代10,000GFR)を目指す事にする。ちなみにフリータウン直行が105,000GFRだった。

R0018894.JPG

乗車するが、相も変わらずギュウギュウ詰め。タクシーにも慣れたけど、キッツイなぁ。

国境までは3時間弱。

そこから、フリータウン行きの乗り合いタクシー(25,000+5000荷物代Leone/600円位)に乗り換えるが、外国人の私は出入国審査手続きに時間がかかるので、他の乗客とタクシーを決めた後に別れ、オカダ/Okada/バイクタクシーを10,000Leone/約200円でチャーターし、ギニアとシェラレオネのチェックポイントをクリアする。お兄ちゃんのバイクのガス欠なんかがあって多少時間がかかり、所要時間約45分。

ギニア側の最後のチェックポイントで悪徳役ポリスに捕まってしまい、邦貨にして50円くらいカツアゲされてしまうものの、賄賂請求はそれ以外で無しでスムーズ。

丁度自分の全てのプロセスが終わる頃、他の乗客とタクシーのシェラレオネへの入国審査と税関検査が終了しており、タイミング良く出発。後部には太ったオバサンと俺と男性。これまたキツイ。

R0018904.JPG

R0018905.JPG

シェラレオネに入って驚いたのは道の良さ。途中のPort Loko付近が整備中で脇道に逸れた以外は、ゆがみ一つ無い完璧な舗装だった。また、途中、鉄道を整備している箇所もあった。なんだ?ギニアとシェラレオネは舗装道どころか鉄道で結ばれるのか?

R0018906.JPG

国境からフリータウンまでは4時間弱。入国審査を含めた首都間移動に約8時間かかった。バスが停車した場所から中心部までは、バイクタクシーのOKADAで3,000レオネくらい。

移動自体はスムーズで問題なしだったけど、順調なフリータウンまでの移動だったので、同時に物語性も無し。

大きな躓きはなかったけど、所要時間はロンプラ表記よりプラス1時間。ドアツードアだと10時間弱くらいだった。できればコナクリのバスターミナルを朝の8時には出たいところ。このルートを考えてる方は、早めの出発をオススメします。

ガブウ → コナクリ(ピッチ=フラモリ国境経由)後編 / Gabú to Conakly via Pitche=Foulamory Border The Second Part.

R0018855.JPG

ガブウ → コナクリ(ピッチ=フラモリ国境経由)後編 / Gabú to Conakly via Pitche=Foulamory Border The Second Part.

R0018822.JPG

(前編から続く)
川を渡り終えると、小さな集落がありそこで初めてのギニアのパスポートチェック。少し走り、「DES FRONTIERES DE FOULAMORY」の表記のあるチェックポイントでギニアの入国審査。こちらもまた賄賂やら追加料金をせびられる事も、税関審査などの面倒な手続きもなく無事入国。

国境のチェックポイントを写真に撮って何か悶着すると面倒なので、ロンプラに国境の名前を書きこんでいたりすると、他の乗客がいろいろ話しかけてくれ、ギニアに入国後は、南東ルートをとってLabeを目指すのでなく、南西ルートを通り、Bokeに向かうらしい。

R0018823.JPG

その後走り出してすぐに日没となり、村と村とを結ぶようなダートの道を走り続けて2時間半、コウンビア/Kounbiaという街道筋の町で停車。どうやらここで食事をするらしい。「NOKIA」という自分の海外用ニックネームを運転手に呼ばれ、手招きされるまま食堂に入ると、ドーンと盥マフェが出てくる。

R0018829.JPG
お盆飯をドライバーや助手達とかっくらう

R0018830.JPG
これは羊のグリル。他の乗客が死ぬほど食わせてくれる。

百戦錬磨の歴史が顔に刻まれすぎ、運転手ってのはとっつきにくいのが多いけれど、ロンプラアフリカ版を抱えたボッサボサ頭のアジア人を気に入ってくれたらしい。運転手がさくっと奢ってくれた。お礼に、助手の少年にペットボトルの水を奢る。

コウンビア/Kounbiaからは広めのダート道。

児童労働の定義が何歳からか分からないけれど、15歳位?の少年助手は、荷揚げや、チェックポイントでのポリスへの気配り、運転手のサポートなどなど、ほんとによく働く。日本にだって、料理人顔負けのしっかりバイト君を厨房で見みかけたりするけど、まさにそれ、仕事っぷりが見ていて気持ちよい。

R0018835.JPG

コウンビア/Kounbiaを出てすぐ、夜中の11時過ぎに後ろのタイヤがダブルでパンクするというトラブルが起きたときも、あっという間に車の下に潜り込んで、ジャッキで車を持ち上げてタイヤを外し、今度はすぐに車の上に積んである予備タイヤを下ろし、あっという間に交換を終えてしまう。運転手の手を一切煩わせず、何も指図されずに、自分だけが泥と油だらけになってリペアを済ませてしまう。おおお、君は将来大物になるよ。

ま、彼の奮闘もむなしく、深夜2時に更に重大なトラブルが発生したらしく、運行はコレまで!車は夜中のダートロードで停車。近くの村で適当に朝を待つことになってしまった。かくいう自分は、5時起きということもあって眠くてたまらず、車の中に残った乗客と寄り添い寝てしまった。

R0018836.JPG

朝。

どうやら、右後輪のシャフトとカバーがボッコシ折れてしまったらしく、まずは朝ご飯を食べw、それから村の修理工場のジェネレーターの出撃。車が停車しているところまで引っ張ってきて、火花を散らしながらシャフトを仮溶接し、グラインダーで十文字に傷を入れ本溶接。

R0018838.JPG
ドライブシャフトが折れました。

R0018841.JPG

サスペンションやらも外した大がかりな修理だったので、なんと修理完了はお昼前!パンクなら朝飯前!だったかもしれないけど。。出発は丁度12時だった。。。

R0018839.JPG

R0018852.JPG
マンゴー狩り

R0018861.JPG

R0018858.JPG

R0018859.JPG

R0018848.JPG
アジア人が珍しいのか、無限に暇つぶしの相手をしてくれる

R0018850.JPG

ただ、あまりにも時間がかかるので、他の乗客と一緒にマンゴー狩りをしたり、近くの集落にお邪魔して写真を撮らせてもらったりと、なかなか楽しく過ごす。何時にコナクリにたどり着けるかが若干気にかかるけど。。

R0018863.JPG

R0018864.JPG

R0018865.JPG

R0018866.JPG

出発後、Bokeの町で昼食と更なるタイヤ交換をし、ようやく南の幹線をコナクリに向かう。舗装が酷い箇所とビッチシしてスピードが出るところの差が大きいが、なんとか明るいうちにコナクリ郊外に入る事ができたようだった。道中興味深かったのは、コナクリに入る前に広がるテーブル台地の景色の雄大さと、運行を停止したはずの鉄道が走っていた事くらい。

R0018879.JPG

R0018880.JPG

さて、コナクリ中心部に向かう途中でトップリ日が暮れる。午後9時、コナクリ空港近くで約30時間の旅は終了。運転手と少年助手にありがとうと言って、抱き合ってお別れ。

R0018881.JPG

コナクリ中心部の宿までは、タクシーで30,000GFR/380円位。半島のどん詰まりに中心部があって遠い上、すっとぼけなタクシー運転手をなだめ諭しつつ、ようやくたどり着いた中心部の宿が真っ暗闇の大停電中。懐中電灯xバケツシャワーのコラボには流石に萎えてしまった。まあ、コナクリはすぐに脱出しよう。

疲れはあるが、ボケでは、こいつらかよ。。と思っていたとっつきにくそうな運転手と生意気そうな助手コンビと少しずつ打ち解け、最後は楽しく別れる事ができたのが何よりもの収穫。あ、そうだ、チェックポイントでの賄賂要求なんかは全くなかった。ドライバーが事前につかませてるのかな?

| 1/1PAGES |