calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

プノンペン / Phnom Penh - カンポット / Kampot

IMG_5832.JPG

 

プノンペン / Phnom Penh  - カンポット / Kampot
 
前日にシアヌークビルゆきのチケットを駅カウンターで購入(8ドル)しておいた。

 

「明日の朝、7時出発!6時半集合!」

 

みたいな連絡を受け、翌朝早朝に目覚める。大雨が落ち着く間隙を縫って駅へ。

 

IMG_5825.JPG

 

IMG_5822.JPG

 

IMG_5813.JPG

 

年代物の客車にバイクを放り込むと同時にジェネレーターを積み込んだ木造の貨車、その後ろに車を平積みする無蓋車が繋がれている。機関車がないよね。。と思ったら年代物の渋い奴がゆっくりのっそりやって来て、がっちゃんと繫がった。

 

IMG_5907.JPG

 

IMG_5888.JPG

 

座席が直角という噂は聞いていたが、シート番号の指定から座席のスタイルからドアやら細かいところやら兎に角。。斬新だった。簡単に言ってしまえば粗雑でテキトー、せっかくの年代物の車両を貶めるような内装なのだけど、安全安心便利快適に慣れている日本人からすれば、これで走るなら良いじゃないかよとも思う。

 

IMG_5878.JPG

 

IMG_5868.JPG

 

ツッコミだらけの内装の車内で、だらだらと家族が過ごし、機関車の様子がおかしくって何にも無いところで止まってしまっても、車掌さんに変わって英語ができるカンボジア人が欧米の旅行客が声をかけ、事態を伝え、大幅に遅れることを知らされたみんなが大笑い。赤ん坊が泣いたり笑ったりしてる。

 

IMG_5875.JPG

 

IMG_5906.JPG

 

もともと余裕があって遅延上等で、不便な交通手段になり下がってしまっているカンボジア鉄道にそれでも乗る人達だし、途中で一時停止したタケオは、鉄道の脇で、自分のお尻の穴か尻尾を追っかけ回して犬がぐるぐる回ってるような駅だった。

 

IMG_5922.JPG

 

IMG_5838.JPG

 

IMG_5815.JPG

 

日本でこれやったら、アレレなことになるだろう。車内で泣く子供や爺さん婆さんへの配慮やらがニュースや討論される対象になっちゃうような国だからなぁ。日本は。。

 

IMG_5871.JPG

 

IMG_5894.JPG

 

IMG_5923.JPG

 

IMG_5855.JPG

 

IMG_5883.JPG

 

IMG_5837.JPG

 

IMG_5834.JPG

 

AIや革新的な技術と組んず解れつして、安心安全便利快適に突き進み、東京の世の中が3時間前進している冬の日。カンボジアは夏の日に、44になったばかりのおっさんは無事(ここ大事)、3時間遅れでカンポットに到着。幸せ過ぎる車内や同じルートを自転車で駆け抜けた四半世紀前の俺がフラッシュバックして車両の連結箇所で、涙がボロボロ溢れたり、特別な感情に身を包まれてました。

 

まだまだガキンチョですね。

 


Reno - Salt Lake City

xxFullSizeRender 12.jpg

 

Reno - Salt Lake City

 

アルコールが入って、新鮮なグロッサリーを買いに行く気が失せ、せっかくの鉄道旅の食事の選択肢がキオスクの不味くて高いホットドックになったのは不幸極まりなかったが、砂漠の鉄道旅は今回も気持ち良かった。

 

xxFullSizeRender 3.jpg

 

xxFullSizeRender 7.jpg

 

xxFullSizeRender 5.jpg

 

小ぶりな二階建てのアパートに車輪がついて走っているようなAmtrakがど迫力で入線すると、プラットフォームが旅情を誘う空気に包まれる。上下1日一本ずつのAmtrakをあえて利用する乗客は、ただ単に金がなかったり、移動中に酒が飲みたいだけだったり事情は色々だろうが、飛行機で見かける、動き出した途端に書類やらPCやらを立ち上げるような人はいない。

 

貨物列車の追い越しなんかがあって出発がかなり遅れたが、シートベルトもなく自由に動き回れる車内は殺伐とした空気からは程遠く、その代わり芸能人が歌い出したりもしない。のんびりだ。いやぁ、のんびりだなぁ。

 

xxIMG_2237.jpg

 

xxIMG_2270.jpg

 

ハイウェーを走る大型トラックをゆっくり追い抜くくらいなスピードで走っているので時速70マイルくらいだろうか。

 

出発してから2時間、右手に山、左手彼方に山な景色の砂漠を走っていると山の稜線に日が沈んだ。そのあとも長い時間、明かりが残り、真っ暗になるまでさらに1時間くらいかかった気がする。

 

xxFullSizeRender 28.jpg

 

xxFullSizeRender 10.jpg

 

暗くなった後は、なんだか寝付けずに、展望車で本を読みながらソルトレークに着くのを待った。砂漠を突き抜けているうちに、いつの間にかリノを出発した時の遅れを取り戻し、salt lakeには定刻に到着。


台湾新幹線 左營〜台北 HSRが遅れてしまった。

xxIMG_2046.jpg

台湾新幹線 左營〜台北 HSRが遅れてしまった。

高雄空港のトラベルインフォに向かい、台北に行くにはどうしたらいいかな?と聞くと、「急ぐならやっぱりHSRだよ。左營で一回乗り換えだしね。」と即答。これが午前中だったり深夜だったりしたら話が違うんだろうけど、まあ 当然だね。おっしゃ、今回はケチらず早めに台北に行こう!

となってい、高雄空港から左營、切符を買って間もない出発だった680号に乗り込み、心地よい快速感に身を委ねていると、真っ暗な場所で列車が止まってしまう。

xxIMG_2038.jpg

xxIMG_2039.jpg

xxIMG_2044.jpg

地図アプリで確認すると、どうやら彰化の手前。アナウンスによると、台中の信号機が故障しているようで、何分か停車した後、列車を少し動かして彰化駅で停車。そこでしばらく信号機の様子を見てようやく出発。NRT-KHHの機内で注入したカロリーをあらかた消費してしまったので腹が減ってしようがない。

車両を動いて、車内販売の待機所のような場所に行くと、ワゴンをチェックするお姉さんがおり、「你有便當嗎?」と尋ねるとない様子。そうかぁ。。なんて落ち込むと、笑顔で「不要錢」!なんて言ってくれて水とお菓子をくれた。こう言ったときのために用意しているのかな?

xxIMG_2041.jpg

xxIMG_2047.jpg

その後車両は動き出し、45分遅れくらいで台北駅に到着。

律儀にも特急料金の返却をするようなので少し並んで待つと、半額ほど返金された。バスで貧乏くさく移動する気満々で、そのバスに比べればはるかに早くたどり着けている。。。

なんだかかわいそうな気がするが、このお金はありがたく震災支援のために台湾ラクロス協会がチャリティーで譲ってくれるTシャツ購入費用に充てることにする。

遅くまで対応してくれた駅員さん、車内販売の気のいいお姉さんもありがとう。
 

ベルリン→ハーフォード→フランクフルト→バーゼル→フランクフルト

xxIMG_9917.jpg

ベルリン→ハーフォード→フランクフルト→バーゼル→フランクフルト

2月にドイツに二回行ったのだけれど、やはりドイツ旅は鉄道に限る。

アウトバーンで目的地から目的地までドアツードアまでという旅も便利だけれど、市街地はヒヤヒヤするような幅の道や鋭角のカーブや合流なんかが続いて慣れないドライバー泣かせだし、都市間移動に使うアウトバーンは、聞こえはいいものの、沿道の景色は市街地近くでは防音壁がきっちり配されているし、郊外はのんびりとしすぎて面白みに欠ける。

xxIMG_9899.jpg

xxIMG_9902.jpg

xxIMG_9903.jpg

xxIMG_9904.jpg

xxIMG_9906.jpg

xxIMG_9910.jpg
xxIMG_9911.jpg

xxIMG_9923.jpg

xxIMG_9928.jpg
xxIMG_9952.jpg

xxIMG_9955.jpg

xxIMG_9959.jpg

xxIMG_9963.jpg

xxIMG_0029.jpg

やっぱり、情緒もあって正確、おまけに最近はLCC対抗価格な、大都市間を19EUR〜!の設定といい、貧乏暇ちょっとありの僕のようなのにはぴったりなのです。

今回は、少し格安19EURに合わせたルーティングと時間設定になったけれど、ベルリン→ハーフォード→フランクフルト→バーゼル→フランクフルト。の4路線が、全て19EUR。ま、朝から晩まで旅したい人はレールパスをどうぞ!

xxIMG_0033.jpg

xxIMG_0038.jpg

用意はしていたけれど、予約番号と購入時のクレジットカードがあればe-ticketを駅でもプリントアウトしてくれるので、旅先からのネット購入も無問題。日本のJRと航空会社の同床異夢な感じと違い、ドイツは空港の地下や脇に新幹線/ICEの駅が直結していたりと、「公共交通機関」とはなんぞや!?を自問自答したりしても楽しいです。

少し古いですが、iPodにスターギターを注入して、レッツレイルしていきましょう!

Reno-Salt Lake City リノ-ソルトレークシティー

xxIMG_7894.jpg



Reno-Salt Lake City リノ-ソルトレークシティー



アムトラは闇を抜けて 塩水海へ

砂が散らばる 無限の土漠さ

ユタの架け橋 渡って行こう

人はだれでも 幸せ探す

旅人のようなもの

希望の州に 巡り会うまで

歩き続けるだろう

きっといつかは 君も出会うさ

白い寺院に



xxIMG_7842.jpg



信心深い機械の体と心をタダでくれるという町に向かって、列車に乗り込んだが、金髪細身、まつげピローンのお姉さんとの相席にはならなかった。



アムトラックのシート席。果たして寝られるのか?安全面は大丈夫か?なんて心配もあったけれど、ボックス席を予約する必要はなかった。さすが軌道幅が広いアメリカのデカトレイン。小さな船のような車内でお客さんもまばら。1泊なら座席シートで十分と感じました。時間があれば、アムトラックパスでどマイナーな駅で途中下車、途方にくれる系な鉄道旅しがたいなぁ。



xxIMG_7849.jpg



xxIMG_7865.jpg



xxIMG_7882.jpg



xxIMG_7889.jpg



xxIMG_7898.jpg



xxIMG_7911.jpg



xxIMG_7913.jpg



xxIMG_7914.jpg

青春18切符 西大井-品川-宇都宮-黒磯-郡山-福島-米沢-山形-新庄-秋田-東能代-川部-青森 五稜郭-函館-長万部-仁木

xxIMG_2259.jpg

青春18切符 西大井-品川-宇都宮-黒磯-郡山-福島-米沢-山形-新庄-秋田-東能代-川部-青森 五稜郭-函館-長万部-仁木

xxIMG_2044.jpg

西大井-品川 休日の朝の列車という感じ。朝からちょっとおめかししたオバちゃんとその旦那さんが、ここはグリーン車が停車する停車しないで、言い争い。親父そっくりの子供。三人家族はどちらかの実家に帰るような雰囲気だったけれど、西大井からあんな感じで、無事目的地にたどり着けるのだろうか?

品川-宇都宮 荷物があるので一番後ろの車両に乗り込む。休みの最後尾の車両ということだけあって、輪行バッグがたくさん置いてある。外国の郊外列車だと、チャリのまんま載せられるのになぁとか思うが、自転車乗りの人たちはそれでも、これから出かける目的地のことを思って、目が笑ってる。

xxIMG_2049.jpg

宇都宮-黒磯 最後尾の車両に乗ったのが災いし、ぐっと車両が短くなる黒磯行きの列車までの距離が長い長い。車内は青春18or東日本パス系のお客さんでたくさん。

黒磯-郡山 青春18or東日本パスの空気でムンムンのまま、白河の関を越える。郡山に着いたけれど、東京より暑いくらい。30分ほどの乗り継ぎ時間があったけれど、トイレ行って駅前でイングレスして終了。

郡山-福島 福島県の背骨路線。引き続き青春18or東日本パスなムード。二本松で元気な福島の小・中学生が乗ってくる。福島でコーヒー休憩。ドトールの店員さんの愛想がよく、和む。36.5度の酷暑の中、駅周辺を少し歩いたが、以前、友人と食事をした店が潰れていたり、地産地消系の店先に「閉店の案内」が貼られていたりと、少し萎える。

xxIMG_2052.jpg

福島-米沢 発車間際に乗り継ぎ列車からのお客さんがどーっと乗り込み。結構な混雑。この路線は普通列車の本数が非常に少ないけれど、「赤岩」やら「峠」といった、情趣溢れる駅名が多く、それらの駅は雪囲いで覆われていて、駅だけ見れば地下鉄みたい。駅を降りたらすぐに渓流、そのまま釣り!なんてことができそうな山の中を列車は抜けて、山形県。読んでいる吉村昭の特集本に、「米沢に旨いラーメン屋が。。。」という記載があったけれど、米沢の乗り継ぎ時間はほとんどなし。

米沢-山形 女性専用車両があるんなら、青春18切符専用車両も作ってやれよ。。。というくらい、乗客がそのまま山形行きに乗り込む。けれど、部活の行き帰りの地元の学生さんやらと混ざったり、乗り換えの駅で、左右の乗客が変わったりするのが面白かったりする。脇のボックスでは、学生系輪行チャリダーと、子供が結婚して家を出たけれど、時々こういう旅をする系熟年夫婦が、旅話で盛り上がっている。熟年系夫婦が進める峠の力餅を、チャリダーの女の子がモリモリ食べていた。

山形-新庄 宇都宮での乗り換えの時にもいたなぁ。。というお客さんがチラホラしている。山形の短い乗り継ぎ時間で描いた絵葉書を新庄で投函した。新庄駅前から伸びる道、暑すぎて外に出たくないのもあるのだろうけど、ひっそりしすぎて怖いくらい。

xxIMG_2078.jpg

新庄-秋田 乗り換えに時間があったこともあり、出発後もポツポツと空席。普通列車の旅を「乗り合わせた向かいの、ミニ時刻表を凝視しているおっさんとのデート」と評した男がいたけれど、この区間で乗り合わせた向かいのオッさんが、車内をウロチョロ、座席でヨガみたいな動き、お気に入りの駅で降りたり乗ったり。。。で落ち着かない。これが彼女だったら、「どうしたの?」と声をかけたり、壁ドンで黙らせたり(?)できるのだけど、それなりに楽しんでるいい年のオヤジなのでどうにもならない。横手で少し時間があったので、西口に出たけれど、町の元気のなさに拍車がかかっている上、ギャーギャーと鳴く椋鳥でオドロオドロしさまでかもし出していた。デート相手は大曲で下車。彼は今日のブログに、「いい年して、半袖半ズボン、髭面、推定無職なオヤジが車内でふんぞり返っており不快。秋田までの予定を変更し、大曲で下車する。」なんて書いているかもしれない。秋田駅到着寸前に、品川から読み始めた本を読み終える。駅前は、灯を入れない竿灯で練習するグループと鳴り物の練習。竿灯祭りも明日からだったかな。

xxIMG_2082.jpg

xxIMG_2087.jpg

秋田-東能代 さすがの早朝列車、ガラガラの車内にはフリー切符系の旅人はいるけれど、部活の学生さんがマジョリティー。東能代で一緒に五能線に乗り込んだ方が数人いらっしゃった。

xxIMG_2092.jpg

東能代-川部 いつかは乗ってみたい五能線だったけれど、寒風荒び、波に洗われる冬の五能線の印象からはほど遠かった。深浦の近辺で、おお!と感じる光景も見かけたけれど、身も心も凍るような、つげ義春的な世界を心のどこかで期待していた自分には物足りなかった。。あぁ、やっぱり冬だったな。鉄道に揺られている感じは、室蘭本線で、噴火湾周りの海岸と海岸沿いの寒村を眺めている感じ。天気が悪いけど、気合いの入った海水浴客が浜に時々でていて、手を振り続けると、だいたい返してくれた。

xxIMG_2095.jpg

xxIMG_2120.jpg

xxIMG_2123.jpg

xxIMG_2137.jpg

xxIMG_2144.jpg

xxIMG_2146.jpg

川部-青森 毎度のことだけど、弘前と青森の間の線路は列車を揺らす。青森の方ほど、足腰強くないので、荷物を支えて、フーラフラ。このブログを始めた頃、青森を旅したり、伊集院の青森旅の残滓を目撃したりが懐かしむ。さて、4年連続4度目のねぶた!フルパワーで行くぞ!

xxIMG_2219.jpg

五稜郭-函館 函館行きの始発普通列車は7時前、青函フェリーのターミナルからトボトボ歩く。駅の蕎麦屋が開いている。6時半ごろの札幌行きに合わせて店開きしているそうだ。たので、海鮮かき揚げそばを食らってから鉄道に乗り込む。おかげさまで函館にたどり着いても、海鮮丼が食いたい!なんて思わなかった。

xxIMG_2225.jpg

函館-長万部 函館発の札幌方面の18切符系始発?ということもあって、それらしき方が1両編成の車内に多数おり、車内はほぼ満席。大沼あたりで、かなりのお客さんが降りていった。30分の停車時間がある森駅で、イカめし下車している方が沢山。海鮮かき揚げそばが消化しきれていなかったので、終着の長万部でカニめしにした。

xxIMG_2231.jpg

xxIMG_2256.jpg

xxIMG_2260.jpg

長万部-仁木 黒松内を過ぎてしばらく走ったあたりまでの、北海道の原野っぷり満点な車窓が楽しい。原生林地帯が終わると、土地が拓かれ、その多くが田んぼになっている。室蘭本線からそれた途端に天気が良くなってきて、光を浴びた稲穂が黄色みを帯びていた。ふぅ、夏だなぁ。羊蹄山をぐるりとかわし、微睡みなつつ長い停車だなぁと思っていると、倶知安。この辺りになると、谷あいになり過ぎてからか、田んぼが少なくなる。土地としても果樹や野菜が育てやすいそうだ。以前、冬の倶知安に一人旅したことがあったけれど、あの時の寂しい車内とは打って変わって、旅人でかなり席は埋まっている。そういえば、車窓からの景色も北海道の生命力が溢れていて、同じ場所を走っているような気がしない。仁木駅で、ワイナリーを始めるという友人(いや、大先輩!)と合流した。

xxIMG_2265.jpg

スルッとKANSAI



スルッと関西

子供の頃から、一人で鉄道に乗るのは好きだったけれど、いつの間にやら海外志向?になってしまい、日本の自然や文化の素晴らしさを再認識するのは30、いや35を過ぎてくらいかもしれない。

海外の国巡りに執着し、世界白地図を塗りつぶす旅を続けたけれど、その旅の決着を待たずにお遍路をしたのは、そんな気持ちが溢れると言うか、満を持したからかもしれない。

お遍路をした後は、日本の祭りや廃村、山の文化なんかに関心が感染し、暇を見つけては歩き旅や国内LCC旅をしている。

そんなここ1,2年の内に、いつの間にか全部の都道府県も訪れていて、頭の中の日本列島地図のパズルも完成したなぁ。。なんて思っていたのですが。。。

あ、俺、奈良県でう○こしたことない。。

と気が付き、今回は私鉄パスを使って、奈良県や気になる場所を訪れることにした。

24287_578233182257079_1500241843_n.jpg

1517501_578233575590373_1078380689_n.jpg

南海と近鉄を乗り継いで奈良に降り立ち、奈良県庁の一階トイレで、目標達成。スルッと!

小学校までおねしょ、学校のトイレではなかなか用が足せず、旅先でも便秘気味な私ですが。。。。

学校を出るまで辛抱強く育ててくれた両親や、なまくら社員に給料を払ってくれた会社や、行商でいろんなものを御買い上げしてくれた皆さんのおかげで、この年までなんとか食うことができ、ソレを消化して、日本のいろんな所で、出すことができました。

なんだか、ありがとう。

うまいものを食べさせてくれた人、ありがとう。

1526599_578233648923699_1699284181_n.jpg

1549546_578234035590327_1959515824_n.jpg

1526506_578233742257023_1876595927_n.jpg



日本全国津々浦々の、トイレを綺麗にしてくださる皆さんもありがとう。

快食のあとの快便、そのあとにドアを開けて外に飛び出す時、あの気持ち良さってなんだろう。

なんて思いながらの、短い関西旅でした。

 

米沢ー福島ー新白河ー那須塩原ー新橋ー成田

sDSC01360.jpg

米沢ー福島ー新白河ー那須塩原ー新橋ー成田

米沢から福島への在来線は、一日6本。

朝の列車を逃してしまうと、3時間程鉄道が無くなるので、この区間は新幹線。新幹線と言っても山形新幹線はゆっくり。この道は古くからの峠道で、峠の力餅をここでも購入する。峠と言ったら、Japanese ポータブル 高カロリー食。餅。餅と言ったら峠!

sDSC01305.jpg

sDSC01311.jpg

sDSC01312.jpg

福島の友人と再会する。お疲れさま。近いうちに必ず地理トークで盛り上がりましょう。

sDSC01318.jpg

県庁裏の土塁なんかを紹介していただいて、一気に栃木県の黒磯まで走ろうと思ったけれど、福島と栃木県境の山で集中豪雨。雨量が安全基準を超えたため、新白河駅で列車を降ろされる。バスにて振り替え輸送ということで、待合室に集められる。。。が。。。

sDSC01361.jpg

sDSC01362.jpg

sDSC01363.jpg

sDSC01364.jpg

新白河駅長さんの?「えいや!」な決断で、新幹線での振り替え輸送に変更!

一気に那須塩原までワープ。

この区間を春に歩いた時は、まる二日かかったんだけど、本日の所要時間約15分。

宇都宮での充電休憩、上野での乗り換えで、那須塩原から一気に新橋へ。新橋では伊集院もお気に入りの華の舞で、中野基地隊長と久しぶりに飲み。豪華八幡浜盛り!を注文したけれど、黄金色に輝いていたシャコは盛られていなかった。

sDSC01371.jpg

終電の一つ前の列車で成田。

新千歳空港から、千歳、苫小牧、室蘭、長万部、函館、木古内、蟹田、青森、八戸、盛岡、北上、一ノ関、仙台、山形、米沢、福島、新白河、那須塩原、宇都宮、上野、新橋、千葉を経由して、成田!

雨ばかりだったし、感動と徒労のバランスも決してヘルシーじゃなかったと思う。でもいいのさ。

北上ー仙台ー山形ー米沢

sDSC01299.jpg

北上ー仙台ー山形ー米沢

山形から5時過ぎに米沢に向かう普通列車は、地元の高校生でなかなかの混雑。関東は40℃近い気温になっているのに、福島と新潟と山形、三つの県境が合わさる山には雪渓走ってる。ったく、あの雪を届けてやりたい。そして、この低い雲をなんとかして欲しい。

sDSC01194.jpg

sDSC01198.jpg

sDSC01199.jpg

sDSC01200.jpg

sDSC01206.jpg

sDSC01281.jpg

sDSC01284.jpg

sDSC01286.jpg

置賜地方は今回が初めて。山形が物なりの豊かな土地とはきいていたけれど、こんなに伸びやかで、まとまった平らかな土地が日本列島のど真ん中にあって、田圃や果樹園が広がって気持ちのよい場所だったとは。。驚いた。

山形から米沢まで、ひっきりなしに学生や早く仕事が終わった会社員が乗り降り。

sDSC01287.jpg

sDSC01290.jpg

sDSC01294.jpg

sDSC01295.jpg

sDSC01298.jpg

sDSC01299.jpg

伸びやかな田園風景を眺めていると、父ちゃん母ちゃんが丹精込めて作ったこの田圃の稲や、果樹園のサクランボや桃なんかがスクスク成長して、収穫されて、それが農協やら訪れる人の手に渡り、その対価として得たお金が収入となって。。。。一緒に電車で揺られてる学生さんたちが、飯食って大きくなって学校に行ってるんだなぁ。。

なんて、当たり前な事に感動して。。。。なんだか涙が出てくるぜ。グッスン。どうした俺?

日本の農業は突っ込みどころだらけだとは思うし、乗ってる学生さんたちの父ちゃん母ちゃんが農業従事者ばかりではないんだけど。。なんだろ。涙が。。。。

もしかしたら、一見普通の列車にしか見えない、この車両のどこかに脳内を刺激する機械がセットされてるのかもしれない。。。


青森ー八戸ー北上

sDSC01091.jpg

青森ー八戸ー北上

ルートを考えているうちに夜中。朝寝坊。

sDSC01084.jpg

八戸駅構内の出店にて「さくらんぼ」と「すぐり」を買う。

東北で時々見かけるけれど「すぐり」を買って食べるのは初めて。きゅっと酸っぱい。真面目な農家さんでもある出店のおじさんが栽培方法や採り方、ジャムの作り方なんかを教えてくれる。そして身の上話。

「あなたのような個人事業主も、私たちのような農業やるニンゲンも汗流して、頭使って働きましょう!」

sDSC01085.jpg

sDSC01093.jpg

と言われ、改札口に送り出される。グッスン。あと一ヶ月で、一緒に跳ねた、一度きりだったけど忘れないねぶたの仲間とも再会できる。青森に来ると、一日に一回か二回、泣きそうになる人や自然との出会いがある。津軽もいいけど、南部もいいんだなぁ。青森最高!

sDSC01094.jpg

sDSC01095.jpg

sDSC01098.jpg

青森な食べ物を買い込んで、青い森鉄道とIGR岩手銀河鉄道の第三セクター路線で盛岡へ。気になる盛岡城を吹っ飛ばし、北上へ。北上へ向かうんだけど、実際は東北本線を南下しながら。。

sDSC01100.jpg

北上に着いてすぐにレンタサイクルを借り、気になる集落に向かう。集落は北上川の対岸にあるので、黄色い橋を渡る。北上川は増水気味。

sDSC01167.jpg

青森を出発した朝から、いつ降ってもおかしくない空模様で、重たい雲は山にぶつかるると、思わず雨を降らしてしまうみたい。おっとっっと。。。なんて言って。

sDSC01181.jpg

sDSC01187.jpg

今いる場所はなんとか大丈夫だけれど、そうした山に降った雨を集めた北上川は増水してる。そして水かさがまして濁った北上川を、どこかのボートが上り下りしていた。宿の近くの食堂に入ると大雨。パッとしない天気だけれど、何とか保ってくれてありがとう。

| 1/7PAGES | >>