calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ンジャメナ / N'jamena

R0019527.JPG
水餃子と小振りな炒飯と中国茶で1800円とか取られるンジャメナの香港飯店

ンジャメナ / N'jamena

楽しい「しりとり」の時間を終わらせたくない貴女や貴方が「切り札」として使う言葉としてお馴染み、ンジャメナ。しりとりにおけるターミネーター殺し、ンジャメナ。あ?使った事無い?あれ?

さて、そのンジャメナだけど。中身が伴わない大時代的な区画割り、ひとつも心を動かされない建設物、トホホなモニュメント、ささやかな中心部は航空会社と電話会社に銀行がチラホラだけ。。。とまさに典型的元社会主義国家、もしくは独裁国家臭がムンムンする退屈な町だった。想像通りな部分もあるけれど、これまで歩いてきた西アフリカの首都の中でも群を抜いて、中心部に駐屯地、兵舎等が多く、迷彩服姿の歩いている兵士の数が多い。これはテンションが上がらない。

そういったンジャメナの様子を写真に納めるには、「撮影許可」を得ておかなければトラブル(ロンプラに記載有り)になりかねないらしく、更にテンションが上がらない。カメラを向けるつもりもない不細工に、「事務所を通して」なーんて言われるようなものだ。もとよりこっちから願い下げだっつーの。

元気でフリースタイルな動きをしているのは、現地人よりむしろ、アフリカではお馴染みな中国人の皆さん。ムスリムの休日で静かな金曜日の午後もせっせと、中華料理屋の内装工事やらに精を出している。中華料理店だけでなく、中国賓館やら、ホテルの方の飯店がンジャメナの中心部には少なくない。中心部にはチャド料理店は無いけど、中華料理屋は二軒あった。

西欧の物差しで測れば問題有り!な、アフリカの各国の政治に頓着せず、資源と技術支援やインフラ整備を旺盛に交換する中国の姿に、あらためてながら驚く。ンジャメナ郊外の石油プラントもマッサコリ/Massakoriからマッサグエ/Massaguetまでの舗装道も民工ががっつりトンテンカンやって完成させたのだろうな。

中国の八面六臂のアフリカにおける躍動にとやかく言うつもりはない、日本人は日本人として信じた仕事を一つ一つ積み重ね、自分の心の奥底で感じる人生やら生活における立場、俗な言い方をすれば職責といったものに応じた仕事を果たしてゆけばいい。あ、自分みたいな人間が書くとなんだか戯言に聞こえてしまうなぁ。。

というわけで、宿も高く食い物も高いンジャメナでは、膝がカクンと言うくらい値段の高い中華料理を喰らって、カメルーンのトランジットビザを申請したくらい。

無駄に動く事は避け、削られた精神力と体力の回復に専念しました!

/////カメルーンビザ/////

場所:ロンプラの記載を参考に。

必要なモノ:写真1枚、申請用紙、パスポート。5日間のトランジットビザ→無料(ナイジェリアビザを持っていた。)

申請日/所領日数:平日申請で翌日午後4時受領。

因みに、チャドからカメルーン極北州をナイジェリアに抜けるだけならば、その日限りの通行許可は受けられる(ビザなど不要)

道端 → ンジャメナ / Unkown Roadside → N'jamena

R0019508.JPG

道端 → ンジャメナ / Unkown Roadside → N'jamena

自動車輸送団は昼までにンジャメナに着きたいらしく、日が昇ると何も食わずに各自出発。アフリカで少し裕福な人となるとワッサワサと食事を喰らうイメージがあるけれど、自動車輸送団の彼らは小食。サヘルに入って胃が縮小し、食欲が湧かなくなった自分には丁度良い。

R0019499.JPG

夜が明けた車の集合地点の辺りを眺めてみると、でっこぼこの未補修舗装道と未舗装ながら安定したダート道とが交わる場所だった。多少遠回りながら、昨日の夕方ボルを後にした輸送団は、ダート道を選んだようだ。

さて、我がRAV4も軽快なエンジン音を響かせて出発。

目的地のンジャメナは出発地から見てほぼ真南の位置にあるのだけれど、その間には収縮が激しいとはいえ、チャド湖で最後まで湖水が残る場所が立ちはだかっ ており、湖水が干上がっても湿地帯が広がっているようで、真南に向かう道が無い。ということで車はボロボロの舗装道を南東に向かう。道沿いのサヘルな景色 に大きな変化はないけれど、昨日の嵐で降雨があったのか大地が水を吸っており、少し灰色に近かったサヘルは茶色を帯びている。多少の水たまりはあるもの の、砂塵はあまり舞い上がらない。

R0019500.JPG

道路状況が酷い上に、起伏があるためか、沿道には横転したトラックや故障で動かなくなり、部品を取られて放棄されたトラックをよく見かける。自動車輸送団 以外でごく希にすれ違い、追い越すのは、息を切らせるようにしてノロノロと進む生き残りのトラックと、ランクルのピックアップ。そして駱駝と牛と羊。そう いえば街道筋ということもあって沿道に集落が増えたなぁ。

R0019504.JPG

R0019507.JPG

R0019508.JPG

さて、追い越すランクルのピックアップ貨客輸送型だけれど、いくらもスピードが出ていない。ニジェールから、あのランクルで乗り継いだら、3泊ではきかな かったな。。。夜を通して走ったりすることもあるだろうけど、あの雷雨を伴う猛烈な砂嵐に巻き込まれたら。。。と考えると恐ろしい。。。まさにくわばらく わばらだ。。。

R0019512.JPG

R0019514.JPG
北岸ルートでチャド湖をぬける事をお考えの方は、黄色いシール式のテンポラリーナンバープレートに注目。この車がニジェールを走っていたら、チャドに向かう可能性高し!ちなみに左上がチャド、右下がベナンのもの。

R0019515.JPG

小休憩を挟み約4時間でなんとかボロボロの舗装道を抜ける。5時出発で、9時に舗装道!

R0019516.JPG

R0019518.JPG
やった!舗装道に出た!

抜けた場所は、ンジャメナから北西に延びる街道筋の町、マッサコリ/Massakori。このマッサコリ/Massakoriからマッサグエ /Massaguetまではできあがったばかりのピカピカ舗装。それまで穴ぼこを慎重に跨ぎ、水たまりをよけていた鈍足RAV4は、鬱憤を晴らすかのごと く飛ぶように駆け抜ける。時速約130キロ!

R0019519.JPG

マッサグエ/Massaguetからンジャメナ/N'jamenaまでも完全舗装。できたてではないけれど、定期的にメンテナンスの手が入っているから か、穴ぼこを避けて走るような事の無い道。交通量が増えたためにさほどスピードは出ないけれど、80キロ以上のスピードで、乗り合いタクシーやトラックを バシュンバシュン追い越して行く。

R0019524.JPG
遠くに石油プラント。

中国が建設した、巨大石油精製所を見かけ、しばらくするとンジャメナ郊外。休憩もせずに走り続けた甲斐があって、10時半にはリーダー宅のガレージに無事に全車を駐車させる。

チャド湖北岸ルート最終日は、こうしてボンヤリしているうちに終了。

自動車輸送団のみなさんや、便乗してンジャメナまでたどり着いた自分を含む旅行者やらと、労苦をねぎらう簡単な昼食をとる。

リーダーのアブドルと話すと、コトヌでの車の買い付け、買い付けた車の回送、全てを含めて約2週間。15日ぶりの我が家だということだった。毎月一度、こ ういった自動車輸送団をを組んでいるらしい。ンジャメナにおける人々の暮らし向きがどの程度か分からないけれど、さすが何人ものドライバーを束ねる器量 と、何台もの車を買い付ける経済力を持つ男。なかなかのご自宅だった。

R0019525.JPG

お茶を飲みつつ、もう少し話したかったけれども、3連泊野宿だったために、ズボンは汗と油でガッピガピ。兎に角、兎に角シャワーを浴びたい。

ニジェールで、一行に加わる前に支払った金額にたっぷりと礼金を弾んで、アブドル宅を辞す。

ンジャメナには、Hotel SaharaとHotel le Sahelがあって少々混乱したけれど、無事に安い方(それでも1泊25,000CFA!)のHotel Saharaに到着。

シャワーを浴びると、排水溝に流れて行く水が真っ茶色だった。


ディジュゴウム → リワ → ボル → 道端 / Djougoum → Liwa → Bol → Unkown Roadside

R0019470.JPG

ディジュゴウム →  リワ → ボル → 道端 / Djougoum → Liwa → Bol → Unkown Roadside


R0019457.JPG

R0019459.JPG

R0019461.JPG

昨日は国境越えだけで終わってしまったけれど、本日は満を持しての本格移動。荷台旅なので天気が良いのが恨めしい。朝の5時から当然のように30度越え、6時過ぎの出発時には35度超え。

R0019463.JPG

途中、Kiskawaという、南海/ダイエーの選手のような名前の村を通りかかり、そこで荷台仲間のモハメド君が降りる。

R0019471.JPG

R0019469.JPG
リーダー(真ん中)と、BOLからお世話になったドライバー(左)

其処から先は一人のピックアップ荷台旅。体勢もポジショニングも気にせずにいけるのは気ままだけれど、更に気温が上がり、40度。

ピックアップは南南東の方角を目指し、段丘上のような場所を疾走。進行方向右手の段丘下は、乾ききった遙か彼方までの平らかな広がりだ。

「まさか、これがチャド湖の名残じゃないよなぁ。木も生えてるし」

なんて声を出して呟いてみたりするものの、多少起伏に飛んではいるモノの昨日と同じ「極度乾燥しなさい!**」な景色が続く。集落を通りかかると、子供や女性が手を差し出して、物乞いをしてくる。チャドは21世紀になってからの産油国だけれど、サヘルの貧しさを克服できていない。

* 後日調べたら、湖岸線に近いところを走っていた様子。
**SuperDryのジャケットなんか着たら、脱水症状で死ぬと思う。

後戻りせず、マイナーなルートを越えてンジャメナを目指している喜びは当然あるのだけれど、暑さと景色の退屈さ、そして時々振り落とされるような(スーツケースは何度か放り落とされた)悪路のキツさに、正直参ってしまう。ま、ギブアップという選択肢はないのだけど。。。

轍だけのオフロードは、穴ぼこだらけな補修されていない舗装道に比べれば車への負担は少ない位だけれど、それでもガッコン!と時々車が跳ねる。その衝撃に備え、座りながらも荷物を固定する麻縄を手綱のようにがっちりつかんでいなければならないし、紫外線による体力消耗を避けるための長袖長ズボン長グルグル巻きマフラーという身なりは、暑さまではをしのげず、水を飲んでも飲んでもどんどん発汗してしまう。

うう、日本に帰りたい。日本食くいたい。

蕎麦、グリコヨーグルト、うまい棒、寿司寿司寿司寿司、シュークリーム、心太、刺身。。そう!刺身。。ジャム、モスバーガー、冷やし中華、豚肉豚肉豚肉。。あ、ジャムはアフリカにもあるか。ぶつぶつぶつ。

R0019473.JPG
カラッカラの乾燥地帯。サヘルというより、サハラだろ!

2時間ほど走ってリワ/Liwaの集落で軽食とお茶の2度目の休憩。ついに気温は45度。

この休憩の時に、5台の車に荷物もたいして載せずに分乗したグループのお仕事が判明し、モヤモヤとしていたものが晴れる。彼らはアブドルという英国とチャドの二重国籍を持ったリーダーを中心にする車の輸入業者。どうやら、ベナンのコトヌーからチャドのンジャメナまで車を運んでいる最中らしい。

R0019475.JPG

車の状態の良さと、載せている荷物が少ない理由がコレで判明。コトヌーで車を買い入れ、ニジェールを経由してチャドに入り、こんな悪路をとってンジャメナに向かうのか?何故ナイジェリアやカメルーンの港で買い入れないのか?っていう疑問が新たに浮かんだのだけれど、そのことについては尋ねそびれてしまった。

リワ/Liwaの集落で水を探すがジュースしか見つからず、焦っていると、1.5Lのペットボトルをリーダーが分けてくれる。頼もしい!

そして程なく、各車バラバラに出発。

荷台に載っていること自体も運動不足と年齢のために大変なのだけど、荷台旅は車が走っているスピードが実際よりも早く感じられる。ジェットコースターのような天蓋のついていない乗り物は、実際のスピードより早く感じられる!と、小学校の頃に使っていたジャポニカ学習帳(科目は忘れたけれど)の最後のページだかにある、「豆知識」のコーナーにそんなことが書いてあったけど、このスピード感が以外と厄介。

R0019476.JPG

キツイ荷台旅でスピードの感覚をゆがんでしまうと、距離感にも当然影響を及ぼし、状況が厳しければ厳しいほど。。。。

「かなりのスピードで走っているのに、なかなか目的地に着かないぜ!」

と、辛さを増幅させてしまうのだ。。

R0019480.JPG

R0019482.JPG

そんな理由で、休憩中に目的地と指し示されたBOL/ボルの町までが遠い遠い。走っても走っても景色が変わらないサヘルな景色、休憩中に地図でチェックした距離、そして体感の移動距離のギャップ。飲んでも飲んでも渇く喉と残されたペットボトルの水の少なさが不安を膨張させ、脳味噌がユワンユワンしてくる。

あああ。。。。。。。

。。。。。。。

心がボキッとイキそうになったとき、地平線に大きな電波塔が現れる。

R0019483.JPG

電波塔自体はBOL/ボルのモノでは無かったらしいのだけれど、2時間半ぶりにまともな集落が現れ、更に走るとボル。街道筋の商店の連なりでピックアップが止まったときは、死にかけてたはずな体が「あぶない刑事」のタカ状態。颯爽と荷台から飛び降り、中央アフリカCFAを店主に投げつけ、

「おう!ボルに着いたか?いくらでもボッてくれこの野郎!有難う!」

500mlのミネラルウォーターと、瓶コーラを一気飲み(一部嘘)。

ああ、助かった。うう、良かった。。。

R0019484.JPG
良かった。。。死なずに済んだ。。。

午前6時過ぎにチャド国境の集落を出発して、午後2時にボル/BOLに到着。

実走時間は約7時間、距離は300キロ弱くらい?ああだこうだ言ったけれど、平均40Km/hは出てるのか。さすがにこれからンジャメナの自動車屋で売られる車。なかなか走るもんだなあ。

そういえば、穴ぼこだらけの酷い道ながら電波塔がみえた辺りから舗装道に入った。ンジャメナは遙か彼方だけれど、この先に何かがあるのだなぁという実感と喉を潤せた事で少し気持ちに余裕も生まれる。

「中国人が荷台に載っかってるぞ?」

という視線には、

「はるばるジャポンからやってきました!ザッス!」

と日本語で返答しつつ、飲み終えたペットボトルを子供達にぶん投げながらボルの家並みを抜け、ボル税関に到着。干からびてしまったと思っていたチャド湖だけど、このボルには湖の入り江が届いており、税関は入り江の奧の船着き場のような場所に位置していた。ここではニジェールからの中古車を通関するだけでなく、チャド湖を介した水運でナイジェリアから砂糖なども輸入しているらしい。

R0019485.JPG

R0019486.JPG
奧がチャドこの入り江。写真を撮ってたらとっつかまってしまった。

荷揚げの様子を写真に納めようとすると、入国審査官(私服)らしき人間に咎められ、掘っ立て小屋に連れ込まれて、いろいろインタビューされたりしてしまうが、そのインタビュー中にチロチロ中の様子を見ていると、ログブックや入国スタンプらしきモノもおいてある。ロンプラに記載はないけれど、チャド湖を介して、直接ナイジェリアからこのボルに入る国際航路!が出ているかもしれない。

R0019489.JPG

今回は挑戦できないけれど、新たなマゾルートを発見。実際に、乗客を満載にしたボートが、トトトトという音を立て、船着き場から滑り出していったし。誰か挑戦してくれないかなぁ。。あ、ちなみに後からの情報ですが、ナイジェリア北東のマイディグリの町には、チャドの領事館がありました。ナイジェリア側の船着き場か近くの町で出国審査ができるポイントがあれば。。。などと思う。問題は、このボルの町から先にまともな町やらが無い事だなぁ。。

R0019491.JPG
町はお世辞にも綺麗とは言えない。

ボルの町では、通関手続きと、銀行での関税の支払い、そしてチャド国内での走行許可などの手続きがあって、結局出発は午後5時。まあ、この時点で今日のンジャメナは無く、野宿は覚悟していたけれど、

「おい、日本人!大変だったろ?グハハ!こっから先は、あのRAV4の助手席だぞ!ファーストクラスだ!」

と大大大朗報。親分に言われた時は、不覚にも泣きそうになった。

R0019493.JPG

R0019494.JPG
ありゃ?なんだか変な雲行きだなぁ。。

夕闇迫るボルの中心部に再び繰り出すと、どうやら今日は市が立っていたらしく、売れ残った駱駝がボンヤリしていたり、ランクルのピックアップに満載された荷物や人が、慌ただしげに町を出発しようとしている。

ボルを少し出たところで日没。気持ち悪い色の雲が南から迫ってきているなぁと思っていたら、それに飲み込まれる。

雷がバキバキゴロゴロ鳴り響き、突風と吹き上げられた砂塵で5メートル先の見通しも利かない。強烈な砂嵐。あぶねぇ!今夜も荷台旅だったら、旅中止レベルの体力と精神の消耗だった。あぶねぇ!

そんな嵐の中、酷い舗装の道を少しずつ、RAV4は前進し、1時間ほどで嵐を抜け、更にそこから1時間ほど走って、本日の野宿場所兼集合地点に到着。今回は、ドライバーと二人旅なのだったけれど、グループ内では一番の若手か。尋ねなければあんまり言葉を返さない静かなタイプのチャド人だけれど、危なっかしいところ無く、集合地点には一番乗り。ボルで買った羊の煮物を二人でつつき、日本語でこれは「ひつじ」と言うんだよと、教えると、

「ヒツジヒツジヒツジ」

と繰り返してくれる。良い奴さがにじみ出てくる。

R0019495.JPG
ヒツジw

が、しばらくすると食事の途中に睡魔に襲われた様子で、ゴロリと地べたに寝転がり鼾をたてて寝てしまった。運転ご苦労様なのが一番の理由なのだろうけれど、「ヒツジ」という言葉を繰り返し発生させた事で眠気に襲われたようにも思え、なんだか面白かった。

そのうちに、仲間の車も無事に砂嵐をくぐり抜け、無事に集合地点に全ての車が集まってくる。今日はみんなで食事を取る事もなく、各自車の簡単な点検だけ済ませてからの自由睡眠。自分も外で寝るか車の中で寝るか聞かれたような気がするけれど、正直、車の中で横になった後は、体を動かす気にはなれなかった。。。皆さんお疲れ様でした。

嗚呼、熱い日本の風呂につかりたい。



| 1/1PAGES |