calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

アフリカ最後の日 / Last Day

R0020089.JPG

アフリカ最後の日 / Last Day

カボベルデ最後の一日もグダグダにて候。

帰国を間近に控え、自分らしさがバッチリ出始めてきた。

午前中に昨日出かけたかけたリベイラ・グランデと周辺とその背後の崖上にあるレアルサンフェリペ要塞で撮影した画像や、案内板の遺構の見取り図、小さな博物館にあった古地図の画像なんかを調べ直していると、怪しいなぁと思う箇所に気がつく。あら?俺、砲台を見落としてないか?

R0020091.JPG

R0020092.JPG

午後になって、ポルトガルレストランでの昼飯経由でPlateauに出かけ、ブログのアップデートを済ませ、あらためて問題の場所をネットでチェックすると、昨日のレアルサンフェリペ要塞と連携した砲台跡がリベイラ・グランデの岬にあることを確認。

らららら!Google Mapにもラベリングされている。

ぬぅ。

どうしようかな、たいした遺構じゃなさそうだし、行く価値あるのかなぁ。行こうかな。でも面倒だなぁ。。。。

でも!やっぱ行こ!

となり、再度リベイラ・グランデまで出っ張る。とは言っても乗り合いハイエースで30分程度の距離。

リベイラ・グランデに到着後、目をつけていた場所に直行し、硝煙の代わりに豚やらの糞尿の臭いが立ちこめる砲台を確認する。ふぅ。カボベルデは後発開発国の指定を外れ、安定した経済成長を続ける国とお墨付きをもらった国らしいが、乾燥した気候やまだまだ下水整備が完全とは言えず、首都の中心部を含め、小便臭い箇所が多いのが悲しいなぁ。まあいいや、砲台を確認できたし。

R0020103.JPG
この先に砲台が。

結局、最後の最後まで相性の良いATMに巡り会えず、昼飯のポルトガル飯が以外と高かったので、プライアに戻ると、空港までのタクシー代とちょっとの小銭だけ。ユーロの札もなくなった。知力も体力もギッシギシの油ぎれ。日没前に宿に戻る。カボベルデの旅はコレにて終了。パッキングを済ませ、小銭をポケットにツッコミ、宿の下のバーへ。

R0020090.JPG

宿の1Fのバーが良い感じ。オーナーは、アフリカ系オランダ人で元船乗り。アジアの人々の奴隷労働に強い反発を抱いており、ムスリムもクリスチャンも仲良くせないかんぜよ!みたいな事を言う。うぉお!熱いおじいさんだなぁ。と思っていたら、いつの間にか話がチン○と○ンコの話に指しかわってる。らら?

そんなんでアフリカ最後の夜は終了。軽めにビールを煽って、オーナーに礼を言い、最後の最後のカボベルデエスクードで空港へ向かいました。

サンチャゴ島 / SANTIAGO

R0020023.JPG

サンチャゴ島 / SANTIAGO

Wikiによると。「カーボベルデはバルラヴェント諸島とソタヴェント諸島に分かれている。サル島、マイオ島、ボア・ヴィスタ島は比較的起伏が少なく、砂丘等が見られるが、その他の島々は山岳的な様相を呈し、荒涼とした絶壁や荒地が広がり、国全体が深刻な水不足に悩まされている。」と記載されている。首都プライアのあるサンチャゴ島は、乾燥した起伏のある島。Plaeteauの崖下から海に注ぎ込む川があるけれど、確かにその流量は頼りない。降雨が少ないために島の植生も頼りなく、山にはほとんど緑がなく、地元の人が「アカシュ」と呼ぶ、地上に出た途端に枝が広がってしまうアカシアがパラパラと生えてる程度。

R0020015.JPG

が、呑気な旅行者な身分の自分は、一日一度はシャワーを浴びるし、絶壁をよじ登ることもない。宿のネットが安定しないのと、CitiBankカードを、島にある銀行のATMどもが"断固拒否"するのに悩まされている程度。

一日目はほとんど何もしないうちに終わってしまい、本日もバスに適当に揺られる程度な観光で、特に何かする予定はなし!西アフリカの移動だけ旅を引きずって、どうも観光熱が沸き立たない。ぬぅ。カボベルデに興味を抱いた方でもしこの国の旅行をご計画の方は、本ブログはスルーして旅行プランを立て、この国の島々が持つ個性を是非味わって下さい。画像やガイドブックを追いかけていると、涎の出るような絶景だらけです。

さて、まずは広場に出かけてネットサーフィンw。

R0020016.JPG

R0020017.JPG

TBSのJUNKのTシャツを注文したり、スヴァールバル諸島の宿にスカイプして、ベッドをキープしたり、FBに繋いだり。。。

R0020019.JPG
乗り合いタクシーに小型液晶の段階で、アフリカじゃないよなぁ。

その後ようやく重い腰を上げて、乗り合いタクシー乗り場に出かけ、島随一の歴史的遺構、サンフェリペ要塞に向かいました。

R0020069.JPG

晩飯はどうしようかなぁ、ポルトガル料理に逃げようかなぁ。

プライア / Praia

R0020006.JPG

プライア / Praia

アフリカの喧噪や混沌はどこへやら。深夜に到着した空港ターミナルはまだまだ新しい建屋な上にWifiまで飛んでおり、快適そのもの。酔いざましがてら、白タクの誘いを悪女のようにノラリクンナリといなしながらネットを少し。。まあ結局白タクには相場に若干色をつけた金額を払ってしまったけれど、無事に宿に到着。

プライアの中心はPlateauという地区。銀行に市場、なかなかの品揃えのスーパーなどが集まっている。

R0019982.JPG

Plateauという名前の通り、この中心部は台地上に築かれている。整った区画割り、ささやかな広場と教会のセット、余り残っていないけれどコロニアルな建物等々、大航海時代の植民都市であったことが僅かながら伝わってくる。居住区の拡大や、道の拡張によって、都市囲郭の遺構が少ない上に、シティーゲートのような、町のシンボルになるような遺構が残っていないのが残念。いつ頃それらの都市囲郭が湮滅したのか分からないけれど、残っていればドミニカ共和国のサントドミンゴのような雰囲気をもった都市囲郭とコロニアルな組み合わせだったかと思う。

R0019988.JPG

R0019989.JPG

そういえば、アフリカ沖の島とはいえ混血がかなり進んでいるのか、肌の色がコーヒー色くらいの人が多く、島国であることも相まって、まさにドミニカやキューバのようなカリブの国を旅しているような雰囲気。言葉はクレオール語とポルトガル語。英語は少し通じると言った所。

R0019997.JPG

R0020003.JPG

さて、プライアの旅行代理店をのぞいて色々聞いてみると、自分の滞在日程は、離島などに出かけるにはちょっと都合が悪い日取りな様子。おまけに、何故かどの銀行も自分の銀行カードを受け付けてくれずで動けない。

R0019999.JPG

R0020004.JPG

うーん、準備不足で動けないのは良いとして、ATMが使えないのは地味に辛いなぁ。

ということで、まず本日は手持ちのユーロを全てカボベルデエスクードに両替して、昼から宿で葉書書き。天気が良く、乾燥した気候なので、朝にお願いしていた洗濯物が、あっという間に仕上がっていた。

さて、観光情報の再収集と、手持ちのお金で何が出来るか検討することにします。


| 1/1PAGES |