calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ブータンに行こう / Let's Go to Bhutan

R0021589.JPG

ブータンに行こう / Let's Go to Bhutan


私のような一般的な旅行者が、思い立ってからブータンにたどり着いたまでをザーッと書き記し、個人手配でかかった費用やらをアップします。

安くはないですが、ブータン旅行は決して高くないですよ。よく分からない(と思われてしまってる)滞在許可/ビザ発給はデータ転送で全て完了するし、一番大変な手配は、東京三菱銀行に出向いて海外送金するくらい。

短いブータン滞在なら、手配もそんなに難しくないと思います。最短で、思い立ってから15日後、オフシーズンなどであれば、約10日でブータンに行けると思う。言い過ぎ?


R0021607.JPG


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

思い立ってから出発まで

*旅行会社問い合わせ、航空券手配、ビザ発給、日程確認、料金振込


1,出発1ヶ月前くらい

空路でのブータン入国が一般的。ブータンのパロ空港へアクセスがあるのは、インド(コルカタ、グアハディ)、ネパール(カトマンドゥ)、バングラデシュ(ダッカ)、タイ(バンコク)。  

2,出発20日前くらい

航空券を安くしたかったのだけれど、バングラデシュ、インドはビザ取得の時間がとれないので却下。友人とも会う事ができるバンコクを選択。バンコク行きの航空券をある程度確定。

3,出発の18日前くらい

Druk AIrのホームページで、バンコクからのフライトスケジュールを確認し、

「7/31のKB131便でバンコクからパロ入り、8/3KB140便でパロからバンコクへ向かう3泊4日の日程で旅行者は自分一人、手配可能でしょうか?」

とブータンの旅行会社にメール。

4,出発の16日前くらい

旅行会社からメールにて回答。航空券の仮予約を済ませ、ビザ取得に必要な書類の案内が返送されてくる。

//1// パスポートコピー(デジタルデータでOK)

   ブータン出国時に有効期限が6ヶ月以上あることが必要です。

//2// 証明写真(デジタルデータでOK)

//3// 旅行お申込書兼ビザ申請必要事項記入用紙

    連絡先など、通常のビザ申請、入国書類の内容と同程度
    日本の会社に依頼したため日本語入力。必要事項を
    メールの空欄に記載して返信するだけ。

すぐに必要事項、データを添付し返信。

4,出発の15日前くらい

メールにて、ビザ申請に必要なデータに問題ない旨と、3泊4日の日程でのモデルプランの提示。請求書、払い込み方法の案内。

3泊4日だと、ゴールデンルートというか、西部の見所を回って丁度くらい。パッケージツアーで来られていた方とも訪問の時間が多少ずれるくらいでほぼ同じ内容でした。

細かいところでは、「英語ガイドにてご案内させていただきます」ってのがあったけれど、僕は英語の勉強のつもりでそのまま。モデルプランもタクツァン僧院とゾンがキッチリ入っているのでOK。それでお願いしますと伝える。

5,出発10日前


料金の誤差訂正があったものの、請求額は航空券を含め1417ドル。1ドル80円位だったので、円換算は113,076円とちょっと。

振り込み人が本人でなくても良いと確認をした上で、中野基地の隊長に託していたお金が、日本の三菱銀行から振り込まれる。三菱銀行で送金すると、手数料合計で7,000円。合計120,076円でした。

中野隊長ありがとう

6,出発6日前

旅行会社から、

ビザクリアランス(ビザ発給整理番号)
Druk AirのE-ticket

がデータで送られてくる。これを必ずコピーしてバンコクのカウンターへ!とのこと。テンション上がるぜ!

7,出発0日前

全く問題なし!

無事にボーディングパスを発券されブータンへ!バビュッと飛びましたとさ。空港ではアライバルビザカウンターなどでなく、簡単な滞在期間などを確認するだけ。事前の情報を裏書きするだけかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

R0021598.JPG

以上です。簡単です。

オフシーズンだったことが大きいですが、まずはDruk AIrのホームページで、バンコクなどからのスケジュールを確認しましょう。ここが肝心。以降と本気で思ったなら、そのフライトがとれるかどうかを旅行会社に問い合わせればよし、あとはメールとデータのやり取りでいつの間にか出発日になるかと思います。フライトがとれるなら、ホテルとかは何とかなるんじゃないかな。

また、航空券の値段は、Druk AIrのホームページより、旅行会社を通して購入する方が安くなる事もあり、実際、私が旅行会社に支払った航空券代金は、ネットで表示されるものより2割引きくらいでした。なので、航空券の値段に驚かず、スケジュールが合いそうだったら、旅行会社に電話してみるのもありかと思います。なんか回し者と思われちゃうかな?

私は、クアラルンプールからバンコクに入りましたが、ブータンで3泊4日観光、日本から出発、バンコクは乗り継ぎだけの場合。

1日目 日本各地 → バンコク
2日目 バンコク → ブータン
3日目 ブータン
4日目 ブータン
5日目 ブータン → バンコク
6日目 バンコク → 日本各地

というスケジュールになります。バンコクの乗り継ぎのタイミングがよいものを選択すれば、1日目の夕方日本発、5日目の朝バンコク発、6日早朝日本着も可能です。

Druk Airは、バンコク以遠、バンコクまでのフライトをケアしませんので、乗り継ぎのリスクは自己責任になります。ま、これは当然ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

R0021615.JPG

費用

これはシーズンなどにもよりますが、円高もあり「高いけれど、こんなもんで行けてしまうのか」といった印象でした。

僕も皆さんも気になる、ブータンの、公定料金ですが、

1日あたりでなく、1泊あたりです。

大体の目安がチェックできる、便利なページがありますYO!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

R0021609.JPG

費用が高いか?

一人の旅行

自分に乗っかるガイドさんと運転手さんへの支払いの比重が大きくなるので、宿や料理のレベルが今一歩!になるかもしれません。ただ、激しく融通が利きます。移動はヒュンダイのサンタフェでしたが、移動中は寝てても良いし、途中で止まって下さい!といえばいつでも止まってくれるし。。

二人の旅行

ガイドさんと運転手さんへの支払いの比重はそこそこ、自由度も高く、個人的には一番お薦めな行動単位。山道や悪路な箇所も少なくないブータン旅行では、移動の車がしっかりした四駆ってのは大きいと思います。

新婚旅行、信仰旅行。どちらも可能。宿や料理のレベルも期待して良いし、ガイドさん達には無茶でない範囲で、現地でいろいろアレンジをお願いできると思う。

三〜六人くらいの旅行

宿泊先のホテルや観光地でご一緒する事が多いのが、これくらいのツアー単位。おそらく、パッケージツアーと呼ばれるグループだと思う。ブータンは観光地のレベルが高いので、皆さん楽しそうだったけれど、「民族衣装を買いたい、着たい」「もっと辛い本格的なブータン料理をお願いしやす!」なーんていうことをお願いするのは難しいかも。ハイエースは新型のものが走っているけれど、やっぱり四駆のシートの方がいいでしょう。

七人以上の旅行

団塊世代が日本からの添乗員付きで。。移動はトヨタのコースターとかになります。コースターの窓には、辺境やトレッキングに強い旅行会社の名前が貼られてました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

早くから出発日を決め、旅のアレンジをキッチリお願いする二人組個人旅行がブータン旅行の勝利者かと僕は思います。

まずは、休みとバンコクまでの航空券を仮押さえし、その上で直接ブータンの旅行代理店にどうぞ。レストランで近くの席になった、民族衣装に身を包んだ新婚カップルさん!ゴとキラがお似合いでしたよ!ヒュー!

最後に、自分が利用した旅行会社さんのご紹介。ホームページにはブータンはネット事情が悪く、連絡がうまくできない事も。。。なんて書いてあるものの、要望などにもすぐに返信をくれ好印象。

ホテルも食事も一人手配の割りには頑張ってくれたかと思います!

ブータンはこれからがシーズンですよ、冷やかしは程々に、行く気がある方は是非お問い合わせを!

うーん、現地ガイドに雇ってくれないかなぁ。

ジデ・ブータン http://www.zhideybhutan.com/


ブータン 3日目 / Bhutan Day-3



ブータン 3日目 / Bhutan Day-3

名残惜しいですが、パロ空港からのアップデートです。

3日目は写真のタクツァン僧院の他、ドゥゲゾンという古城を訪問しています。そちらの記事!とも宜しくお願いいたします!


R0021707.JPG
うーん、有り得ない場所に建物があるなぁ

R0021729.JPG
行って来ましたよ!詳しいアップデートは改めて!

R0021754.JPG
友人の○沢君にソックリ、転生?と思ってしまうほどなタクツァン寺院の修行僧。

R0021854.JPG
せっかくのブータンなのに、ふんぞり返ってる男。

カルマを一切洗い落とせなかったことが写真からも伝わってきます。@パロゾン。


タクツァン僧院 / Tacktsan

R0021732.JPG

タクツァン僧院 / Tacktsan 

* しばらく、今の旅、ブータン、北朝鮮などがごちゃ混ぜのアップデートになります。後日落ち着きましたら、アップデートをリアルタイム、時系列に整理します!

山を登り、絶壁に近づき、滝を越え、ようやく山門をくぐってたどり着いた空に浮かぶ静謐の僧院。大きな仏像に向かい合う小さな薄暗い部屋で、五体投地してみては如何でしょう。心の中のあれやこれやが、少しはヒマラヤの空にとけてゆきますよ。

明日よりも今日のあなたの方が若い!心のどこかでいつかブータンに!という気持ちがある方早めにどうぞ!

行きたい場所や国にたどり着いて、小さな夢を実現する。その場所が期待や望みを裏切らない場所だったら最高じゃないですか。ブータン、そしてタクツァン僧院はまさにそんなところです。是非!

さて、前振りはこの辺にして。。。

チベット仏教圏全体でも指折りの聖地タクツァン僧院/Tacktsan。由来や聖地としてより、絶壁にへばりついた寺院として有名かもしれません。旅行者にとっては幸運、東ブータン人にとっては不幸?でしょうか?ブータン随一のこの僧院は空港のあるパロの町から、車で30分ほど、渓谷を北西に登った絶壁にへばりついています。

R0021707a.JPG
この画像の。。。

R0021707.JPG
ここにタクツァン!

R0021710.JPG
駐車場近くから。え?あそこまで登るの?といった感覚になります。

R0021715.JPG

R0021716.JPG
「レストハウス」付近。段々僧院が近くなる。

R0021722.JPG

R0021723.JPG
うわぁ。凄い凄い凄い!

R0021728.JPG

R0021731.JPG
ったく、この日本人はペースを考えろよ。。。。

不心得者の自分の予備知識も、もちろん「絶壁寺院」といった程度。出発前にお会いした、ブータンを旅行した事がある方の話からすると、「転んだらさようならな場所とか歩くよ」と脅されていたのだけど、登山道のほとんどは軽めのトレッキングルート程度。一番恐れていた寺院に近づくための絶壁にはりついた小径には手すりが設けられていました。

毎度の事だけど、山登りやトレッキングのペース配分が分からず、疲れる時間が長くなるくらいなら、さっさと登ってしまえ!ということになり、のろくさ(ガイドさんのペースが正しいのだけど。。。)してるガイド氏を引き離してガシガシ登ってしまう。

登り口の「駐車場」から「レストハウス/眺望の良い尾根」を経由し、「展望台」という場所まで、地球の歩き方では合計3時間半なんて書いてあるけど、「駐車場」から「展望台」所要時間は1時間ぴったり。結局、翌日は無理なペースで登ったのが災いし、ヘロヘロフニャフニャ完全停止不能状態に陥った自分も問題だけど、歩き方の記載も遅過ぎじゃないかな?

枝葉の話はさておき、「展望台」からのタクツァンを眺めていると

"よくこんな所に"   "念願の場所に"   "壮観"

などが入り交じった感情が湧いてきます。単純に言うと嬉しさがこみ上げてきてるのです。言葉にすると「やったぜ」。

自分が続けている旅で見た景色や交わした言葉なんかが、1時間程の登りの苦しさなんかと重なってサーッと体を駆け巡り、体がほてるような感覚。世界の国巡り旅はまだまだ続くし、タクツァン僧院の山門までだって下りて登っての距離があるのですが・・・・・。

初めて訪れる土地の空気に触れ、歩く事でフワフワとしたイメージや情報が、知識として自分のものになり、心と体に刻まれ、何も手に持たず、素っ裸になっても自分の体から離れてゆかない「体験」になったぞ。。。な感覚。そう、この感覚。

僕は旅馬鹿なので、少なくとももうしばらくは、この熱い風がびゅーっと体を駆け抜ける感覚の中毒者であり続け、フルパワーでもう少し旅をして行こうと思います。

R0021736.JPG
修行僧とすれ違い、

R0021742.JPG

R0021747.JPG
絶壁にへばりつくような小径をルンゼ沿いに下から回り込んで僧院へ。

R0021755.JPG
友人ソックリの修行僧。お布施のお菓子を沢山頂きました。このブログのアップデートは、ウォリス・フツナという島で書き上げたのですが、頂いたビスケットを頬張りながら。。。

R0021758.JPG

R0021759.JPG
ドライバーさん、俺、ガイドさん。タクツァンの別称「虎の巣」にあやかって、マレーシア代表のユニフォームを羽織ってみました。マレーシア代表のニックネームは、Harimau Malaya!です。

そう、マレーの虎。Harimauでぴーん!と来た方がいるかな?来た方は、戦史好きか、あしたのジョー好きです。


R0021762.JPG
レストハウスの昼食。聖地が近いため、ベジタリアンになるそうです。

「展望台」を下って、僧院にたどり着き、駆け巡る雑念や思いやらが纏わり付いたまま小さな霊堂を訪れ、仏像と向かいあって五体投地したことなんかは割愛。

このブログを読んでくださった方で、ブータンに行こうと思っている人がいるなら、大事な訪問地に抱くイメージが稚拙な文章でぼやけ、せっかくの訪問を邪魔してしまうかもしれないので。。。

そういえば、「割愛」ってのは、省略するといった意味もあるけど、煩悩を捨て去るっていう意味もあるんだね。でも、「割愛」っていう文字自体が、ハート型のチョコを割るみたいに、愛を分け合うみたいでイイッスね。あ、俺には関係ないけど。。

是非どうぞ!思い立ったが吉日!


ブータン / Bhutan

R0021557.JPG
プナカゾン

まずは、画像をポチポチアップデート。

この国は感じる事、日本に持って帰りたい事で一杯です。その上観光のメインが、いろいろな事情が相まって城巡りになっとります!

本格アップデートはしばしお待ちを!

アップデートが前後しますが、一日目は二つのゾン(ブータン式城郭)を訪問しています。そちらのアップデートも併せてお願いいたします。

ワンデュ・ポタン ゾン

パロゾン





R0021482.JPG
パロ谷をパロゾンから

R0021607.JPG
プナカとティンプーを結ぶ峠にて。。

R0021682.JPG
夜のティンプーの目抜き通り。


| 1/1PAGES |