calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

抜け作@南太平洋 その3 / Empty Brain man in the South Pacific 3



抜け作@南太平洋 その3 / Empty Brain man in the South Pacific 3

これ以上、引っ張るつもりはないので結論から言うと、なんとか復活しております。要はパスポートが24時間後に戻ってきたのです。ご心配をおかけしました。

ここから先は、パスポートが見つかるまで、自分の駄目さをツラツラと書いて行く事にします。

--------------

途方に暮れる自分を不憫に思ったのか、飛行機に乗らなかっただけの阿呆に気遣ってくれ、NZ航空の職員さんが、空港警察、イミグレーション警察、空港管理側に状況を説明したメールを送ってくれた上、事務所でメールやらネットやらをしても良いよん。と、声かけてくれ(それは丁重にお断りしました。)た上、ほぼ無一文な自分を宿まで送ってくれ(こちらは大感謝)ました。

その上、宿の前で「食事に!」なんて言って2,000XPFまで渡してくれる。これまた「お金なんて頂けない、送っていただけで十分です。」「いや、こういうときこそ元気をつけて」といえいえどうどうどうぞな、ダチョウ倶楽部的なやり取りをした挙げ句、結局ご厚意にあずかる(涙)。

宿に戻り事情を説明すると、状況が回復するまで何泊しても構わないよ、どうぞ、まずは水でも飲んで。。。と言って下さる(涙)

さて、失ったものをチェックすると。。

パスポート、免許証、イエローカード等々再発行、帰国費用、現在予約している航空券の変更。。。。もうなんだかクラクラしてしまう。

おまけに日曜日という事もあって領事サポートとも電話が繋がらず、出来る事が限られ、どうにもならない。不快な浮遊感に苛まれ、だるくて体と心に力が入らない。

アレコレ考えてもどうにもならない。

まずはお金で解決できる事はお金で。。。の現金もなければ、日本のおいて来ているクレジットカードの番号を再確認して、航空券を発券し、体勢を立て直すべく一旦日本に戻ろう!にも、パスポート無しの帰国手配をしっかり把握出来なければ出発日を確定できない。

そんなこんなで八方を塞がれる。パスポートを領事館や大使館のない場所で失う事がこれほどまでにキツイとは。

気分を入れ替え、シャワーでも浴びるか。。。と思い、シャワーに向かうと、バスタオルを忘れ、バスタオルを取りに戻ると、今度は着替えをベッドの上に置き忘れ、それを取りに戻ってようやくシャワーを浴び始めると、バッグの中にシャンプー。。。。といった状況。

弱いなぁオレ。

それでも少しはすっきりした頭で、明日になってやるべき事やらをかきとめ、簡単に順序立てる。そして寝る。

次の日。

朝から、何もしないよりは少しでも出来る事を!とヒッチハイクされた場所に立って、行き交う車を一台一台チェックし続ける。頭の中の思考はほぼ停止しているし、そんな事をするだけ徒労なのだけれど、何もしないより、万に一つといえども前に進まねば。。と気持ちを奮い立たせたのだ。

この時点で脳内は、

「困ったオレを空港まで送ってくれたあの人の良いタヒチ人が、現金だけ抜いて山の中に財布を捨てるとは思えない。ただ、目に付かない場所にあの財布が落っこちたのだ!」

「だから、遠からずパスポートがどこかに届けられ、彼に土下座し心より礼を述べ、それで決着し、一時停止した旅を元に戻すのだ」

なーんて楽観的に思考停止。

で、朝の9時になったので、コンシュラーサービスに連絡。予想通りパスポートやらドキュメントは発行してくれないようで、「旅行会社に問い合わせてみましたか?あ?個人旅行?うーん、まずはエアタヒチヌイに行って事情を説明してみて下さい。」なんて英語で言われる。なにか他に仕事があって、片手間にお手伝いしますよな感じでにべもない。切ない。

エアタヒチヌイに出向き、事情を説明して航空券を購入したいのだけれど、クレジットカードがないのでどうにもならず、日本が午前9時になる午後2時を待つ。まずはマイルで帰国便の航空券を発券し、その予約票を持って午後、エアタヒチヌイに出向こう。と考えたのだ。

パスポートもクレジットカードも持っていない阿呆が、カウンターに現れたって迷惑だろう。。

休憩を入れつつ、ヒッチハイクされた場所で車のチェックを午後2時まで続ける。一度だけ「あ?」と思うような車を見かけたが、止まってはくれなかった。。。

ベッドに戻って、タヒチからの脱出方法などをネットで調べたりしつつ、24時間対応のクレジットカードのコールセンターに連絡。どうやら、悪用はされていない模様。でも、話の流れでクレジットカードを止めてもらう事にする。正直、不正利用のトライもされていないなら、時間はかかるかもしれないがパスポートは帰ってきて旅を再開するときに大事になるので止めたくなかったのだけど。。。

よし、一旦水でも飲んで、覚悟を決めて発券するか!

と思い、キッチンに向かうと。。。オーナーのご婦人が

「Good News」

「空港のイミグレポリスにパスポートが届けられたみたいよ!出来れば身分証明になるようなモノを持って空港に向かって!」

空を見上げる。

タヒチの空って、こんなに青かったんだなぁ。。。

ーーーーーーーーーーー

トップの画像は、宿のオーナーが地元ラジオ局に

「日曜日、ヒッチハイクで空港に向かった日本人が、車の中に財布を忘れ、飛行機に乗れなかった。心当たりのある人は是非うちの宿まで連絡して!」

と電話をかけて下さって、それが地元紙に掲載されたモノ。タヒチでは、今回のようなケースが置き、不特定な人々に情報を伝えようとしたとき、地元ラジオ局や新聞に広告を出すのが有効な手段なようです。

いずれにせよ、多大なご迷惑と、恥を晒してしまいました。。。。。

その後、イミグレ警察やNZ航空に出向き、重ねてお礼とお詫びを申し上げ無事、状況を回復しています。あ、少し現金が減ってる気もするし、戻ってきたクレジットカードは二度と使えないモノになっちゃったけど。。

ご心配をおかけしました!気持ちを改め、精進し前を向いて行きます!

あ、車を降りるときは少し後ろも向いて。。





抜け作@南太平洋 その2 / Empty Brain man in the South Pacific 2



抜け作@南太平洋 その2 / Empty Brain man in the South Pacific 2

運び屋「えええい、損害を報告しろ!総員配置に付け!」

水兵1「在ラバト日本大使館発行、旅券喪失!」

水兵2「日本国発行、運転免許証喪失!」

水兵3「してぃばん○銀行発行、クレジットカード喪失!」

水兵4「してぃばん○銀行発行、ATMカード喪失!」

水兵5「アップル社、iPodNano喪失!」

水兵6「成田空港防疫所発行、黄熱病ワクチン予防接種証明書喪失!」

水兵7「その他、不明額ながらNZD,XPF,USD,EUR多数現金喪失!」

水兵8「各種マイレージカード喪失!」

運び屋「・・・・・・・・・・・・。」

運び屋「・・・・・・。よし、現在の状態を!」

水兵1「パソコン他、その他旅行用具装備よろし」

水兵2「釣り道具よろし」

水兵3「ヘルメット及びりかちゃん人形よろし!!!!!」

水兵4「現金!400パシフィックフラン!よろし」

運び屋「本艦は直ちに、日本大使館ないし領事館に急行する!航海長!距離を!」

航海長「2,740マイル!ホノルル日本領事館!」

運び屋「ぶーーーーーーーーっ・・・。パペーテに領事館はないのか!」

信号長「パペーテ領事サポートより受診!」

受信員「パペーテ領事サポート部ハ、パスポート及ヒ帰国ノ為ノ渡航書ヲ発行シテオラズ、各艦ガ状況ニ応ジ航空会社オヨビ仏蘭西警察ナドトコウショウスルヨウ求ム!貴艦ノ栄光ヲ祈ル」

運び屋「・・・・・・・・・・・・。」

運び屋「本艦は、直ちに定宿、TAAROA LODGEに急行する!!」


抜け作@南太平洋 その1 / Empty Brain man in the South Pacific 1



抜け作@南太平洋 その1 / Empty Brain man in the South Pacific 1

よし、ラグビージャパンの応援にNZのネイピアに進撃!

と意気込んで宿から空港に向かおうとしたものの、日曜日。唯一の公共交通機関のバスはお休みのため、まずはヒッチハイクしなくてはいけません。けれど、日曜日は交通事情を知っている人がウィークデーよりは簡単にリフトしてくれるよと言われていたがその通り。10分ほど親指を立てていると、車が止まってくれた。

運「何処まで行きたいの」

タ「空港まで」

運「うーん、空港までのバスが出てる、カルフールまで送ってあげる」

タ「ざっす!めるし!」

感謝の意を述べたあと、お決まりのどれくらいタヒチにいるのよん?なんていう会話をしているうちにカルフール前。あ、やっぱここまで来たから空港まで送ってあげるよ、なーんて言ってくれる。

無事に空港で降ろしてもらい、ちょっとしたお礼を差し上げ、「いいよ」「どうぞどうぞ」とダチョウ倶楽部的なやり取りをしたあと、もう一度感謝の意を述べて車を見送る。

さて、まだエアニュージーランドのカウンターが開いていないので、カフェで何か飲むかと思ってポケットに手をやると。。。。

ないないないないないないないないない

なんと、

荷物を引っ張り出しているドタバタの中、パスポートやらクレジットカードやらが入った財布を置き忘れて。。。。うわぁ、全部だよゼンブ。

事情を空港の警察さんやNZ航空の方に説明し、自分は一縷の望みに託しながら降ろしてもらった場所で車を待つ。でもすぐに戻ってこない。という事は、見つかりにくい場所に落としてしまったのか。あれだ。シートとドアの間とかだ。。

置き忘れたのが見ず知らずの方のヒッチ車!という事が大きな壁になり、どうにもならない。虹色のポルシェとか、迷彩カラーのカウンタックとかだったら一発で思い出せるのだけど、残念ながらシルバーだか白だかの小型車。「あ!そうだ!後部座席に紙おむつやらが乗っかってたから、小さな子供のお父さんかな?」とNZ航空の方に伝えると、気の毒そうに笑いながら。

「タヒチの人は、みんな子供いるからなぁ」

ふぅ、日本の方角に向かって、何度か神頼みするが万事休す。

ギギギとチェックインカウンターが、しまってしまいましたとさ。

パスポート、銀行カード、クレジットカード全てを失って、所持金400円。

くらくらする。

トロピカルな景色のはずなのに、海も空も山も草木も2色刷の漫画みたいだ。ここは地の果て世界の終わり。。。

ドラえもーん!


マンガレバ / Mangareva

R0025535.JPG


マンガレバ / Mangareva


適当に島の中心部を散策できれば十分!ぐらいな気持ちでマンガレバに上陸し、ちんたら歩いていると、島のフランス本土人ピエール(仮名)に、アメリカ人のトニー共々ピックアップされ、そのまま家に招待される。

R0025394.JPG

R0025404.JPG

元フランス軍人のピエールの英語はサッパリだし、トニーもフランス語を全く解さないのだけど、乗客組のスウェーデン人のアルベが間に入ったりして話に花が咲く。そういえば、初めて世界一周した18年前に仏ポリネシア旅でも、飛行機の中で仲良くなったアメリカ人の知り合いのフランス本土人にタヒチでは世話になって、世話される側の国の組み合わせは、日本アメリカ、北欧のどこかの国だったような気がする。

R0025409.JPG



コミュニケーションがさっぱりなわりに、フランス人とアメリカ人は前回のトニーのピトケアン行き以来、仲良くやっている様子。どうやらピエールもトニー同様、海やポリネシアの歴史に目がないらしい。歴史大好きならコチラも負けていられないのだけど、海やポリネシアの歴史は正直、勉強不足。次から次!なーんていう駆けるような旅をしていると、話が深まって面白くなるタイミングで、置いてけぼりにされちゃうんだよなぁ。

R0025422.JPG

ピエールは、マンガレバ近郊で見つかった石斧(石斧)・石ナイフ・穀物やらをすりつぶすすりこぎといった、ポリネシアンな石器系アイテムのコレクションを披露してくれる。そんなことを続けて一段落した頃合いに、トニーにおだてられ、「あれも見せてよ!」に「ほいきた!承知!」みたいな感じで、古びて使えそうにないバイオリンを引っ張り出し、見せてくれる。

R0025416.JPG

R0025423.JPG

R0025418.JPG

そいつがなんと、ストラディバリウス。

バイオリンの音符みたいな切れ目から中をのぞくと、かすれてはいるものの、「Stradivarius」やら「1709」なんて書かれた紙片が底?に貼られている。ホイと渡され、ウクレレみたいに持たされたり、バイオリンらしく構えてみたりする。こんなことすると罰が当たるかな?バイオリンの先生、Mさんごめんなさい。

ピエールの方は、「お母さんやご先祖様に悪い事をしたなぁ、マンガレバは雨は少ないけど、暑いのが駄目なのかもねぇ」なんて言って笑ってる。修理不能のように素人目には映るけれど、修理すればいいのに。まあ高いだろうけど。

R0025515.JPG


R0025425.JPG

R0025428.JPG

R0025436.JPG

R0025437.JPG

R0025438.JPG

R0025444.JPG

R0025450.JPG

冷たいジュースを飲み干し、出発。ピエールがピックアップトラックで、島の海岸沿いの道をぐるーりしてくれるそうで、ビューポイントなんかでタイミング良く止まってくれ、海の美しさを陸から堪能する。こんなに海が綺麗なのに、珊瑚が放射能汚染され、釣った魚を誰も食べない。悲しい事だ。

R0025464.JPG

R0025468.JPG
コーヒー

R0025479.JPG
バニラ。バニラコーヒーが作れるね。

R0025488.JPG

R0025487.JPG

R0025504.JPG

R0025509.JPG

ま、そんな南の島なドライブのもう一つの目的は、マンガレバ名物の黒真珠探し。直接買い上げるのは、違法のようなのだけど、ピエールがすれ違う車に声をかけ、海沿いの養殖漁師の家に何度も立ち寄って黒真珠を探し求める。ブラックマネーならぬ、黒黒真珠を探せ!だ。

ただ、政府か大きな業者の買い上げシーズン直後のようらしく、なかなかお目当ての黒黒真珠が見つからず昼間になってしまう。真珠を探している二人のテンションについて行けず、船に戻るふりをして、スウェーデン人のアルベと共に離脱するが。。。。食後の時間、黒真珠を持っている男を見つけたらしい二人に見つかってしまい、放り込まれるようにして、蝿だらけのカフェから引きずり出され、海沿いの小屋での買い付けに立ち会うこととなった。

R0025522.JPG

黒真珠を持っていた男性は、既にハイネケンをグイグイやっていて気分が良さそうな様子。小屋には仲間が何人もいるのに、二人がかりで買い付けにきた勢いにどんどん押され、端から見ているのが辛くなるくらい買いたたかれてしまう。トニーに島で残された時間は少なく、島に黒真珠がないのだから完全に売り手市場なのに、そんな事情も知らず、酒で感覚が鈍っている上、今すぐ現金が欲しいのを見透かされ、まともな島の相場より、はるかに安い値段でディールとなった模様。

金額が決まったらあとは金。そいつを取ってくるということで一旦ピエールの家に戻る事になったけれど、トニーとピエールは、金を支払っていないのに、黒真珠も取り上げ(キャッシュオンにしろよ)てしまう。ピエールの家で黒真珠をチェックし、現金を用意している間、なんだか身につまされてしまい、支払いの現場に立つのもあれだと思い、小屋に向かう車の途中で降ろしてもらった。

R0025524.JPG

色んな教訓が詰まっているような、うまいオチをつければちょっとした小咄にもなりそうな取引は、養殖業者の男性と最後は口論になったらしいけど、かなりのディスカウントで成立した様子。トニーはまんまと黒真珠をせしめ、スーツケースの中のお宝が、また一つ増えましたとさ。チャンチャン。

R0025525.JPG

R0025528.JPG

夕食まで、軽めに引き篭もったり船のデッキで文章をまとめたりし、夜は船員の皆さんと別れのディナー。

R0025530.JPG

R0025531.JPG

R0025537.JPG

R0025538.JPG

R0025539.JPG

一休みして、今度は島の船長の友人宅に向かい、フレンチポリネシアのテレビ放送でフランスVSオールブラックス戦を観戦する。島にゴムボートで乗りつけ、たんまりビールを持ち込む。

R0025546.JPG

フランスの解説者が悲鳴を上げながらの実況を、島の時間で午後11時半から観戦。航海の疲れとビール、そして勝負あったなな試合展開もあり、後半戦は半分近いオッサン共が眠り呆けてた。いい歳して寝ぼけてビールをこぼしたりする船のコックさんに、結局最初から最後まで寝ていて、生まれて初めてのラグビー観戦が出来なかったアメリカ人など、終わったのは夜中の1時を過ぎていたけど、最後は楽しい夜になった。

R0025547.JPG

船に戻るボートから空を眺めると、満天の星。島旅続きで、天の川にはもう驚かなくなったけど、闇夜の海を滑るボートの音と、ほろ酔い気分が相まって、見上げる自分をふんわり浮き上がらせる(ような気分にさせる)。

これにてピトケアンとマンガレバの旅は終わり。さ、戻る事にしましょうか。


タヒチ / Tahiti

R0024426.JPG

タヒチ / Tahiti

二車線の道路も走り、海岸沿いに途切れる事なく人の営みがあるのに、タヒチの海岸にはゴミが少ない。ゴミ収集+ビーチコーミングの成果が出ているのか分からないが、元来の地形条件は同じとも思えるクック諸島や、その他の環礁より海が奇麗に見える。たまたま安宿の前の海岸が奇麗なのかな?

朝食後、同宿のオランダ人とのんびり話して過ごす。漢字とカタカナひらがなの成立を、若干あやふやだけど問われるがまま答え、日本語は発音も文法もルールさえ覚えてしまえば簡単だろうし、発音が簡単だから単語を覚えてゆくのも楽だろうけど、書いたり読んだりは難しい言葉だねと伝える。

R0024424.JPG

日本の話をしていると福島の話になってしまうけれど、現在の状況がどうなっているのかは、日本語の説明のようにはうまく答えられない。

FAAA空港近くのカールフールで買い物。フランスを軽く旅行した時にお世話になったけれど、タヒチのカールフールは、円高やらも相まって感じたヨーロッパの食料品の安さは全く感じない。食料品はヨーロッパ価格の3倍かそれ以上といったところ、日用雑貨のコーナに向かうと、少し頑丈なマスキングテープなんかが普通に1,500円くらい。

R0024425.JPG

店のレイアウトは、カールフールより、アメリカのウォールマートやターゲットとのような感じがするけれど、アメリカの量販店に並んでいるような、どうでも良い系Tシャツは、普通に2,500円とかする。ウォールマートなら、7.99ドルとかのやつが。。。

タヒチで安いのは、今も昔もバケットだけ。一本50円くらい。15年前も30円か40円くらいで、滞在中はバケットばっかり食っていた記憶がある。今回も同じような記憶が上書きされるだけかな?


| 1/1PAGES |