calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

LV 8 ファーミング

xxIMG_2942.jpg

LV 8 ファーミング

「明日夜にLV8ファーミングで集まるよ、暇だったら来なよ?」と声をかけていただいたので、W杯予選のベトナム戦前半を覗き見観戦してから、集合場所の行天宮駅に出かけた。

行天宮のプラットフォームで集まった数人で菜寮駅に向かい、地元やバイクでやってきたメンバーが更に加わって15人くらいの大所帯となり、リーダーが進撃ルートなんかを決め、時間になったのでさっそくピコピコ。。。と行動開始する。

xxIMG_2935.jpg

xxIMG_2940.jpg

LV8ファーミングするのには十分な15人だけれど、各自がケータイを覗き込んみつつほとんど無言で公園の外周歩道を回ってゆくのは、ほんのり異様な光景。日が暮れてから賑やかになる台北の公園デビューは、社交ダンスでも公園のトラックを周回するランニングででもなく、イングレスでした。

リーダーの女性が、

「この公園を制圧してから、次の公園に移動しますよ!」

なんて言いながらリードしてくれ、ピコピコやるのだけれど、あっという間に近くにいた敵のエージェント数名に察知され、固めてゆく側から陣地が破壊されてゆく有様。

xxIMG_2949.jpg

敵のねっとりしたエージェントが、ほんの数メートルと離れていないところに張り付いて、こっちの会話を聞こうとしてまでいたのには少し驚いたけれど、なんだか今日は敵のカウンターが今夜は激しいので散会、各自健闘を祈る!ということになり、小さなグループで軽くやりながら寧夏夜市に向かって、お開きとなりました。

xxIMG_2951.jpg
Ingress@寧夏夜市

xxIMG_2953.jpg

xxIMG_2956.jpg

あ、お開きになった後も、ポータルを6個サークルに入れられる臭豆腐の店を敢えて選んでの食事だったなぁ。臭豆腐をつつきながら、会話もそこそこに最後までピコピコやるっていう。面白い経験させていただきました。

FS in Taipei

xxスクリーンショット 2015-09-05 19.36.09.jpg

FS in Taipei

台湾に語学留学に来たよ!と台南のIngress仲間に連絡をしたところ、「僕も台北に行くから、9/5のイベントに来なよ!」と返信があり、イベントの詳細が記載されたパワポが送られ、

xxスクリーンショット 2015-09-05 19.36.38.jpg

xxスクリーンショット 2015-09-05 19.36.28.jpg

xxスクリーンショット 2015-09-05 19.36.16.jpg

台北のイングレスのファーストサタデー(FS)のイベントに参加してきました。

内容からすると9月の第一土曜日のイベントは、参加した初心者エージェントをどれだけレベルアップさせられるかを競いつつ、青と緑に分裂してそう獲得ポイントでも争うという二本立ての様子。

当日、集合場所に出向くと、ゆるーく参加者が集まっており、各チームごとにAPポイントのゲーム前チェック&登録があり、参加賞のステッカーがいただける。そんなことをしている間にIngress仲間と再会する。しばらくすると時間となってボランティアのリーダーから簡単な挨拶と説明があり、中正紀念堂へ移動。階段で集合写真を撮るとけっこうな人出。

xxIMG_2825.jpg

そんなこんなでゲームが開始。もう、あからさまに敵チームである相手チームの緑が多い。台北は緑組が優勢な土地だとは聞いていたけど、青は圧倒されていました。

ゲーム開始時と終了時にAPポイントのチェックはあるけれど、時間内はどんな方法で稼いでもよしという至極シンプルなものなので、どちらのエージェントも中正紀念堂から程ないポータル集中エリアに向かってそこで戦う様子。我らが台南チームはポータルが集中していると一緒に台湾市立大学に向かい、そこで本番が始まる感じです。台湾の大学はどこもポータルが山ほどあるけれど、この台北市立大学の密度はそのなかでも笑っちゃうレベル。台湾にいらした日本のエージェントさんは、中正紀念堂の観光のついでに是非!

xxIMG_2834.jpg

xxIMG_2840.jpg

ゲーム自体は、双方の多数のグループ各々が校舎の日陰、建物エントランスの階段付近に身を寄せ、ケータイを覗きこんでピコピコっと打ち合うという、端から見れば、微妙な光景。。。。なのだけれど、そんんことをしながら、台南のデング熱の流行の話やら、簡単な中国語を教えてもらったり、彼らの楽しそうな中国語に耳をそばだてたりしながら時間を過ごしたり、なんで休日の大学にこんなにケータイ覗きこんだ人たちがいるんだよ?という視線を大学関係者さんから浴びるのが面白い。

xxIMG_2839.jpg

殺伐度ゼロなまま終了時刻が近づき、各々のグループが集合場所に戻ると、久しぶりの再会なんかを楽しむ勝敗なんかはそっちのけの和やかなムード。そんな中で引っ越し先のエリアのエージェントを紹介されたり、連絡先やら集まる公園や時間なんかを紹介してもらったり、11月の台北の大イベントで、「日本の方にもたくさん来てもらいたい!」とお声がけをいただいたりといい感じ。僕以外には台北に在住されていたこともある、日本からの旅行者系エージェントさんが参戦されていました。

xxIMG_2850.jpg

xxIMG_2851.jpg

肝心の中国語の方は、発音と声調の壁が立ちはだかっているけれど、好きなことなら国やら何やらは二の次で楽しめることを再認識。

イングレスに飽いている貴方や、レベルアップが進みすぎて燃え尽き症候群になってしまった貴方も、台北のエージェントはどこの誰でもWelcomeなので、旅のついでに是非どうぞ。イベントでなくとも、新北市と合わせると33,000あるという台北エリアのポータルに導かれながら、路地や公園、寺院などをあてどもなく(もしくは目的地までピコピコやりつつ)巡ってみるなんてのはいかがでしょうか?

魯肉飯、かき氷に足ツボマッサージ。

心と体を癒す補充しながらの、台北イングレス旅、是非どうぞ!

LV 16

xxIMG_2591.jpg

LV 16

パーティーの帰り道、IngressのLVが16になる。レベルは現時点で最高になったし、おかげさまで楽しいこともあったけれど、達成感の数倍の虚無感に包まれたのは、やっぱりゲームだったり、自分がいい年だからかな?

xxIMG_2594.jpg

xxIMG_2597.jpg

xxIMG_2598.jpg

xxIMG_2592.jpg

xxIMG_2596.jpg

台南でイングレス / Ingress in Tainan

xxR0012230.jpg

台南でイングレス / Ingress in Tainan

去年、歩き旅を終えた頃から始めた「イングレス/Ingress」というゲームにハマってしまい、旅先では観光もそこそこに、ケータイとWifiのルーター片手にピコピコやっています。

ライフスタイルや性格が色濃く反映するゲームなので。。。。。。。

注)  今回のアップデートは、イングレスをご存知の方限定です。ここから先はご存じない方は投稿の内容がよくわからないかと思います。ごめんなさい。

まず、僕のイングレスの楽しみ方ですが、時間に余裕があるときに千葉周辺のLV8ファームに出かけて、武器をため、旅先(都内を含む)でぶっ放す。ファームで充填して、旅先でぶっ放す。ということを一人で繰り返す孤独なエージェントタイプ。コミュに参加しないし、千葉にも不在がちので、連携もあまりできていません。よって、今回も、訪台数日前からせっせと武器を一人で貯めこみ、LV7のBusterを300個、LV8のBusterを600個ほど抱え、飛行機に乗って(笑)台南入りしました。

xxIMG_8077.jpg

台南では、野良犬のうんちと台湾名物スクーター注意を払いながら、到着早々ズンドコやり始め、台南市街地を歩きまわりって、主要エリアでのローラー作戦を二日目の夕方にほぼ完了。最後に残しておいた台南随一のポータル密集エリアは、休息がてら蒸餃子と酢辣湯を充填しつつ日が落ちるのを待ってからお邪魔し、台南を締めくくるべく、ピコピコやり始めたのは午後6時半頃。

xxIMG_8299.jpg
前々回、訪台したときの訪問記 

xxIMG_8300.jpg
台湾名物変圧ボックスポータル

xxIMG_8301.jpg

xxIMG_8302.jpg
成功大学内のガジュマル。すごく素敵な大学。

戦い始めると、ポータルが密になっている強みや、学生のエージェントさんがいるからか、落として青色に変えたポータルが数分でひっくり返され、緑に変わってゆく激しいエリアな様子。台南を観光がてらピコピコほっつき歩いている時に、他のプレーヤーの存在をあんまり感じなかったけれど、ここは別格。まさに台南の主戦場だなぁ。

が、そんな反撃には目もくれずにピコピコ続け、iPhoneを覗きながら歩いている。。

。。。と、キキキーと目の前に青色のチャリに乗った男の子が立ちはだかり、

「あの!運び屋(Ingressネームでです)さんですか?」

と、声をかけられる。

ぬぉ!

始めは何が何だかわからなかったけれど、彼のチャリが青色で染められ「Resistance」と白抜かれているので合点が行く(おお、台湾でイングレスやっている人だ!)日本語で始めは話してくれたけれど、Ingress用語とちゃんぽんになると分からなくなってしまうので、英語に切り替えていただき、話しを進めると、台湾入りしてからPCの方にコメントを入れてくれていたエージェントさんで、台南チームのリーダ的役割の方だった。

「今日も8時から台南の藍軍がここに集まるから、一緒にやりませんか?まだ、歩き終わってないよねなら、8時迄にUPC、UPVを稼いでおいてね!」

なんて言ってくれ、集合時間に戻ることを伝えて別れる。

今日の台南は日本の初夏の陽気。夜は涼しくなり、歩いているだけで気持ちが良い。

スマホの画面ばかり覗き込んでしまってるけれど、そもそも成功大学のキャンパスが素晴らしい。

陽はとっぷり暮れてしまったのにもかかわらず、校舎には灯りがついているクラスがあり、まだまだ勉強に励んでいる学生や先生がいる。グラウンドの周辺には部活に励むグループがいる。講堂からは、ピャラヒラヒーと、ブラバンだか吹奏楽部の演奏が流れてくる。台湾の学生の勉強熱心は定評があるし、大人びたところもあるのだけれど、日本の大学ではあんまり醸し出されない「青春」の匂いがプンプン、いや強烈にする。二度と帰ってこないそんな匂いを吸い込みながらピコピコ。

ちなみに、台湾でも「青春」は「青春」だ。

xxR0012218.jpg
成功大学博物館前が集合場所。

約束の時間に行くと、携帯片手に徘徊する、いかにも!な感じの若者がちらほらしている。

ギリギリまでキャンパス内で活動していたのか、集合時間を少し過ぎてからぐっと人が集まり、最終的には20人超のエージェントが集まる。リーダーが自分をサクッと紹介してくれ、笑顔で迎え入れてくれる。雑談の後に、ポータルを交換しようなんて声をかけられ、僕がカエルのポータルを集めていると伝えると、チングワ(笑)チングワ(笑)とみんなが声を掛け合い、エージェントの一人が「あ!あった(笑)カエル/青蛙のポータルあるよ、Dropするね」なんて言ってくれる。

xxIMG_8298.jpg
チングワ(笑)

そんなイングレスな会話をした後、さっそく作戦開始。

まずは、ポータル(サークル内に5個)が集中しているあるエリアにエージェントが集まり、レベルの高いエージェント数人がLV8のレゾネーターを打ち込んで、LV8ポータルを作成、そこにマルチハックとヒートシンクを放り込んで、瞬く間にLV8ファームを構築する。そこでエージェント達が一気にハック/Hackを始める。

xxR0012221.jpg

夜のキャンパスで20人以上の人間が、一箇所に集まり、一歩も動かずにせっせと爆薬集め。スマホをピコピコピコってのは、どう考えてもアレな光景だけど、エージェント同士は仲良し。理系で部活は将棋部!みたいな男の子もいるけれど、ジムで一汗流してきたような感じの学生さんや、彼女連れのお兄ちゃんもいる。いろんな奴がワイワイやりながら爆弾集めしてる。

エージェントが武器弾薬を十分に集めたのを確認してから、リーダーがチームを二手に分ける。今夜は二手に分かれて、敵のポータルを破壊しながら強化&リンク張りをしお互いに攻め上がりながら、二手に分かれたポータルを連結させ、大きな陣地を作る作戦らしい。そして作戦開始!

xxIMG_8093.jpg

リーダーのいるグループに付いて行くと、敵方のポータルを破壊しつつ、LV8、LV7といった高レベルのレゾネーターを各自がポータルの定位置に刺し、それらのポータルをリンクし、同時に別働チームのポータル群ともリンクさせ、ゆっくり前進しつつ陣地を構築していく作戦。

見た目は、スマホを覗き込み、夜のキャンパスをノロノロ、フラフラしている、完全にアウト!な人たちなのだけれど、iPhoneの画面には、強力な陣地が生き物のように大きくなってゆく。いままで、個人プレーでIngressをやってきていたので、なんだか違うゲームをやっているみたい。

何度も何度も

「面白いねぇ。なるほどぉ。。。」

と唸ってしまう。

xxIMG_8094.jpg

しばらく陣地を広げたのち、分かれていたチームと予定のポイントで合流すし、どうだった?まあまあ、なんて健闘を称え合おうと思ったのもつかの間、今まで構築してきた陣地が、一気に四方から攻撃され始める。

「あの教室から打ち込んできてる!」

「校門に敵のエージェントが集結してる!」

「やられたーぁ!」

なんて、周りの校舎をキョロキョロ見上げ、スマホを覗き込む。でも、みんな笑ってる。

xxR0012229.jpg



ファームでの充填に始まって、チームプレイが一段落したのは、集合してから小一時間経ったころ。一旦みんなで集まって、集合写真をパチリする。

海外でIngressをやっている時に、声をかけられたことは何度かあったけれど、知らない土地でワイワイやるのは想像以上に面白かった。

xx1425547221326.jpg

ここから先は、そのまま帰る人、LV8ファームを作ろうとしている緑チームを邪魔しに行く人、初心者のレベルアップのサポートをするグループなど様々。初心者のレベルアップをリーダーと一緒にサポートしながら、台湾や台南のイングレス事情を話して過ごしてサラッとさよならした。

20歳。原材料、台湾の人のいいところ100%!なナイスガイなリーダーと藍軍のメンバーにまた会いに行きたい。そうだ、次に会うときは日本の海岸線のポータルをたっぷりお土産に持って行こう。

| 1/1PAGES |