calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

マッチポンプ

 

マッチポンプ

 

サンタクララでの運び屋仕事を終え、サンタクルーズでお目当のコーヒーを飲み、今回のミッションが終わる。

 

空港周辺のホテルの値段が恐ろしいことなっていたので、倉庫が閉まるまで倉庫作業をし、Milbraeの駅前の駐車場に車を停めて、空港泊することにした。

 

人の親になって何をやってるんだよという惨めさやら、お盆の時期で忙しいのに高山を留守にした罪悪感に加えて家族が恋しくなり、退屈。。。という切ない夜。ここでやり過ごすか。。と決めたベンチは、お巡りさんに怒られても怒られて、大量の荷物から離れて怒られるお兄さんが右、ゴウゴウとスサマジイ鼾のおじさんが左に寝転ぶ場所であったため移動。

 

 

魂の抜け殻レベルの表情で、あっちへフラフラ、こっちへよろよろしてようやく見つけた場所で仮眠し、朝になった。

 

正月のエラーチケットで購入した日程に無理に合わせたこともあるし、こんなことばかりでないのだけれど、高山に住んで45歳にもなると、流石にアメリカが遠くなる。そして、一人旅が楽しめない。運び屋仕事で大して儲からずとも、行ったり来たり、飛行機に乗ったりマイルが貯まって喜んでいた頃が懐かしい。

 

 

 

 

寝不足な上に体に力が入らず、集中力も途切れ気味な薄着の45歳。この時期はアメリカで一番寒くなるでおなじみの、ベイエリア朝に身震いし、BARTや空港バスが、日曜日スケジュールで動き出すのが8時過ぎ。。。などなど、もういろんなことが重なってヘロヘロ。

 

 

ようやく倉庫に戻り、水戸泉みたいに顔を叩いてレンタカーの片付けをし、クラクラな状態でパッキングを済ませる。なんとかレンタカーを返し、Milbraeで人心地つき、夜中のフライトまでは、領収書やらの整理でもし、インボイスとパッキングリストでも作るか。。。と思ったら無い無い無い。。。

 

領収書がないぞ。。。

 

うわ、あんだけ気をつけたはずなのに。。。と思いながら倉庫をごそごそやるが、怪しいのはやっぱりレンタカー。。。ということになり、SFOのレンタカーセンターに、公共交通機関を使って戻る。。。

 

Alamoの駐車場側カウンターのマネージャーが、私が忘れたものや車、予約番号を、メッセンジャーでパカパカとコミュニケーションしながら、一度も現場と電話のやり取りをせずに、脇で待っていると、掃除スタッフ?のような方が、書類や領収書をまとめて持ってきてくれた。

 

普通ならサクッと捨てられるようなものだし、次のお客さんがどこかに乗っていいってしまってもおかしくないのだけれど、日曜日という事もあり、圧倒的に返却される車が多く、すぐに清掃に回らなかったようだ。

 

 

いらないよ。。。というスタッフに20ドル札(見つからなかったことを考えるとゾッとする。)を押し付け、またまたMilbraeに戻る。

 

お盆の時期、FBなんかを見ると、分刻みなスケジュールで観光地を楽しんだり、ゆったりお墓参りをし、親戚と過ごされているようですが、ご先祖様やお袋があきれるような日曜日になってしまった。

 


ロングドライブ

 

ロングドライブ

 

朝イチだけグッと堪えれば、いつもより暖かいアメリカ。今年は世界中から寒波や大雪のニュースが届くので、峠で難渋することもなく毎度毎度のロングドライブができるだけでありがたい。今年の冬は殊の外寒さがきつく感じられるので、日差しが、寒さに先立って春を知らせてくれるようだ。

 

ホテルのテレビをつけるとまたも学校内での銃撃事件。

 

翌日は、運転中から見える公共施設の旗が半旗になっていた。

 


ロサンゼルス / L.A.

IMG_6957.JPG

 

ロサンゼルス / L.A.

 

体を少し休めてから、コーヒーショップ巡り。

 

検索すればするほど、変わり種からかっこよさ真っ直ぐなところ、ロースト重視など、現れる現れる。ポートランドとサンフランシスコで散々観て回ったつもりだけれど、多少の既視感はあってもそれ以上にオーナーや働いている人の想いがこもったコーヒーショップが湧き上がる湧き上がる。

 

アメリカの諸都市は城やらが形成された時代背景と積み重なりが少ない分、住民のしこう(志向、思考、嗜好)がパチッとハマると、その町やエリアができた頃からの建物をリノベーションしたり、用途を変えて人が集まる場所になったりと、学ぶべきところが多いが、そういった場所で、かつ訪れやすい場所となると、コーヒーショップなんかである場合が多い。

 

国内外にかかわらず、適当な町や新しい場所に出かけると、その土地の古城や自分の名前にちなんだ場所なんかを検索して訪れてみるが、最近はそれにコーヒーショップが加わった。

 

ロサンゼルスのカフェは、アメリカの他のエリアのそれと同じく、業態に関わらず居抜きで一気に用途をカフェに変更したなぁ、という場所が多い。

 

アメリカ、特にカリフォルニアのコーヒーショップは、たいてい天井が高い。おそらく気候が温暖な事も影響しているだろうけど、その関係上、当然壁面積も大きくなる。どこのコーヒーショップもそいういった壁、天井といった大きな面積や容積な箇所にはたいていあまり手をかけていない。手をかけず、ざっくりとインダストリアル風な感じに仕上げてしまっている。

 

IMG_6962.JPG

 

このままだと、没個性なのだけれど、そのざっくりとした空間には、店ごとに、たいてい吊り下げ系オブジェや照明などが、デーンと個性を作り出している。

 

そういった天井の下のカウンターの中では、がっつりタトゥーの入ったお姉さんがエスプレッソマシーンをカンカン言わせて何かを作り、敷居のないバックヤードやローストルームには、髭面だけどどこか清潔でシャンとしたお兄さんがコーヒー豆と向かい合っていたりする。

 

お客さんの方を眺めれば、犬を連れていたり、通勤途中に立ち寄るカリフォルニアなのにネクタイ?なジェントルメンだったり、ベッドから出たばかりのボサボサ頭のお姉さんだったりする。てんでバラバラ。

 

穴倉のような、常連さんに睨まれるような喫茶店と、L.A.で訪れたコーヒーショップは、役割や位置付けが真逆で面白い。密室と体育館くらいの差がありそうだ。

 

ま、日本は人間同士の距離感が密すぎて、町の機能として喫茶店のような場所が必要だし、名古屋のカフェ文化発祥の尾張一宮は、中小の紡績工場では機械の音が大きすぎて、工場の脇で打ち合わせができないから近くの喫茶店で。。。という事が始まった。。なんてのも聞く。いいよなぁ。それはそれで。

 

かくいう私は、いろんな人間が好き勝手できる世の中じゃないと、やりにくいバッドイグザンプルタイプなので、自分のコーヒーショップは、やっぱりこういう、店内のほうが外の世界よりさらに広がりを持つような、コーヒーでなく、何かをしに来るような場所にしたいなぁ。と思うのでした。

 


LAねぶた@ハリウッド

IMG_4386.JPG

 

LAねぶた@ハリウッド

 

去年に引き続き、カリフォルニア青森県人会のチームにお邪魔して、跳ねてきました。

 

全長6キロの恐ろしく長いノンストップなクリスマスパレード。出発前の作戦通りレッドカーペットの上では撮影もあるしフルパワーでかっきり跳躍。残りはフリースタイルで楽しんで!で燃え尽きてきました。一年ぶりのLAの方、これまた一年ぶりの日本から参戦した跳人や鳴り物の方もお元気そうで何より。

 

IMG_4440.JPG

 

IMG_4442.JPG

 

IMG_4456.JPG

 

今年はこのお祭りが最後だろうけれど、木曽のみこしまくり、LAねぶたと、一年に2度の真っ白になれました。歩き旅もここのところご無沙汰なので、体力に多少の不安があっても、やっぱりこういった場所にお招きお誘いいただけるうちは、フルパワーでいこうと思います。

 

IMG_4468.JPG

 

IMG_4470.JPG

 

来年は高山の人となって、獅子舞をやることになりそうですが、これまた楽しみです。


Reno - L.A.

IMG_4305.JPG

 

Reno - L.A.

 

レノでレンタカーを借り、大昔に大事故を起こしたことがあって鬼門であるシェラ越えをしてサクラメント、サンノゼから南に下ってのんびりとロスに向かいました。ネバダとカリフォルニアはレンタカーの乗り捨ての協定があるのか、はたまた変な代理店を介さないからか、ユタや他の州よりグッとお値段お手頃。そのぶん、消費税をたんまり取られるのだけれど、まあよし。小さな車とはいえ、3日で100ドルちょいってのはありがたい。

 

IMG_4258.JPG

 

IMG_4262.JPG

 

IMG_4268.JPG

 

IMG_4280.JPG

 

途中、眠気覚ましに立ち寄った高速脇の小さなショッピングセンターが、カリフォルニアの農業を支える農場帰りのメキシカンで賑わっており、ピックアップの上でピザやらを頬張る家族、作業道具を揃える仕事仲間など、幸せだったり真面目だったりでiPhoneを向けるのが憚られるくらいだった。

 

IMG_4282.JPG

 

IMG_4307.JPG

 

IMG_4314.JPG

 

IMG_4321.JPG

 

時差ボケで全然眠ることができず、ぽわーっとしていたこともあるだろうけど、こういう景色の中にいると、今の状況をありがたく思うことができたり、なんとか生きてこれたことに感謝したりする。

さぁ、明日は跳ねるぜ。


ポートランド / Portland

IMG_4229.JPG

 

ポートランド / Portland

何度もブログで書いていますが、いちばん好きなアメリカの町。ポートランドです。

 

そんなに住みやすいか?とか、やっぱりお金がないと辛いとか、住みやすい場所にランクされればされるほど周囲からやいのやいの言われるけれど、相変わらずいい感じ。

 

IMG_4223.JPG

 

IMG_4232.JPG

 

自由を追い求めたりした結果か、自由と自由のぶつかり合いでつまはじきされたからか、ホームレスの方々も多いし、土地代の高まりや小売業の難しさが引き起こした?のか、空きテナントが目立ったり、「あれ?」と思う箇所も散見したけれど、入れ墨だらけのカフェ店員は、相変わらずひっくり返るようなうまいコーヒーを出すし、奥では髭もじゃの兄さんが、コーヒーまみれになって豆をローストしてました。

 

IMG_4200.JPG

 

IMG_4189.JPG

 

IMG_4201.JPG

 

IMG_4204.JPG

 

IMG_4208.JPG

 

IMG_4211.JPG

 

友人に「ブラックフライデーだから、ぶっ壊れたPCをなんとかしなよ」と言われ、それもそうだとアップルストア。混雑で少し待たされたけれど、Buyed in Portlandなパソコンでしばらく頑張ろうと思います。

 


コーヒー

xxIMG_3558.jpg

 

コーヒー

 

毎度毎度ではないけれど、長距離移動中にフリーウェイを降り、町外れのガソリンスタンドで、用を足しがてら眠気覚ましのコーヒを買ったり、用を足すだけじゃ悪いから何か買おうっていう意味でコーヒーを買ったりする。カフェイン濃いめのコーヒーだから、またしばらく走ってフリーウェイを降り、ガソリンスタンドに駆け込むことになって体から出て行くんだけど。

 

 

信頼できる農園で豆を買い付け、焙煎してくれるロースターから豆を送ってもらい、店でハンドドリップを淹れて、それを楽しんでくれた方からお金を頂いて糊口をしのいでいるけれど、心の隅の方で、

 

コーヒーなんてものは、

 

コーヒーミルクやらなんやらを大量に注入して、

ザクザクっと業務用のコーヒー豆が大きなドリッパーで落とされ、

それをじゃぶじゃぶセルフサービスで淹れ、

怪しい甘味料や、クリーマーを淹れ

適当に蓋をして、適当にカウンターに持ち込んで、

適当にお金を払って適当にお釣りをもらう。。

 

ようなもので

 

目が覚めたり、

 

街は寝静まっているけれど、一つだけ灯りの灯っている

 

ガソリンスタンドに

 

出て入るため

 

とりあえず買うもの

 

でもいいと思う、というかコミュニケーションや人と人が笑顔で言葉を交わしたり、1日挨拶を交わすこともないような職場に行く途中で、「はいどうぞ」「いってらっしゃい」というやりとりが交わされるなら、コーヒの方でも本望だろうし、飲む側もああだこうだは言わないんだと思う。だから、アメリカンコーヒーにはある意味、ブルーボトルさんやらで流れ作業で売られているゲイシャ、一杯1400円也!なんかよりも価値があるとも言えるのです。

 

 

なんつって。

 

 

今回はアイダホの小さな町の終夜営業のガソリンスタンドに立ち寄ったのだけれど、トイレの場所を聞いて用を足し、コーヒーをドブドブと注いでキャッシャーに持っていくと、店内にいたパーティー帰りのお姉さんとくっちゃべっていたお兄さんが

 

「お、今日はコーヒだけ?」

 

「うん、そうだよ」

 

「そんなら、お代はいらないよ、ハバグッワン。」

 

と、お代を受け取らない。

 

お姉さんにいい格好を見せたかったのかもしれないけれど、それで問題ない。コーヒーも、もし口説くのに役立てたなら、本望だろう。

 

今回は、某ファーストフードで、モーニングTACOを頼んだら、ソーダーのお代はいらないよ、とお姉さんが黙って紙コップを渡してくれたり、なんだか頂いてしまうことが多かったので、他の飲食店でチップを多めに弾んだり、道端のホームレスに1ドル札を渡したりして、コーヒーで始まった「ありがとさん」のリレーをした。

 

短い滞在で、悪いことも、とりたてて良いこともなかったけれど、無事に空港で荷物をチェックイン。飛行機ではできる限り寝たかったので、搭乗前のコーヒーは遠慮した。


ソルトレークシティ / Salt Lake City

xxIMG_2490.jpg

 

ソルトレークシティ / Salt Lake City

 

ダウンタウンのソルトレークシティーでゆっくりしたことなんかなかったのだけれど、Uberで走ったりしていると、オサレな店が一昔前より増えていて、少し前まではあんまり近づかなかったエリアには、カッコ良いカフェもできていた。他の州とは明らかに、カフェイン抜きの飲料が豊富なユタ州だけれど、Publik Coffeeは、刺青まみれの人やいろんな組み合わせのカップルが溢れ、ゆっくりできる席が見つからないくらいだった。

 

xxIMG_2510.jpg

 

xxIMG_2521.jpg

 

xxIMG_2534.jpg

 

さて、帰るぞー!


UT - ID - MT - WY

xx21751937_1440187559394966_4248928862250823845_n.jpg

 

UT - ID - MT - WY

 

今年は早かったようで、毎度の峠も雪景色。震えるようなソルトレークの雨雲は、アイダホやワイオミングに来たら雪雲になったみたい。ヘラ鹿狩りのハンターや、元パークレンジャーに会ったり勉強になりました。

 

xx21462696_1440187549394967_2693582072513584307_n.jpg

 

xx21463199_1440187552728300_1442760307438780417_n.jpg

 

xx21557885_1440187609394961_5101058879399910438_n.jpg

 


リノ / Reno

xxFullSizeRender 3.jpg

 

リノ / Reno

 

ダウンタウンは相変わらず、潰れかけのパチンコ屋のようなリノだけれど、ダウンタウンから東に少し歩くと、濁酒支援ショップがあり、間違いなくあなたのルーツはアイルランドでしょな人相のオーナーが、デーンと店先に構えていた。

 

IPAを出してもらったが、まあうまい。

 

晩酌をやらない、違いのわからない男なのだけれど、グイッと深みがあって深い飲みごたえだ。シャバシャバ胃袋に流れ込んで行く、度数の低いビールも嫌いじゃないが、ゆっくり旅の最中に飲むならIPAもいいじゃないか。

 

xxFullSizeRender 5.jpg

 

xxFullSizeRender 26.jpg

 

xxFullSizeRender 27.jpg

 

 

xxFullSizeRender 8.jpg

 

 

酒の飲み方が下手な人生を送ってきたからか、焼酎も泡盛もウィスキーも何にも悪さはしていないんだけれど、悪酔いした頭痛と苦痛の記憶と一口目が直結しちゃってるのが払拭されない限り、いける口にはならないだろうなぁ。

 

その点、IPAはいい思い出ばかりだ。

 

店先でグビグビやっていると、次から次へと、タンクや自家製ワインのコルクを買い求めるお客さんがやってきて、帰って行く。

 

xxFullSizeRender 2.jpg

 

xxFullSizeRender 20.jpg

 

リノの郊外でエアショーがあって、レンタカーがいつもの数倍の値段だったこともあり、今回はレンタカーを借り控えたが、ヒコーキのことなんか何も気にしないネヴァダ人がたくさんだし、うまいIPAに出会えたしまあよかった。2杯目はIPLに切り替え、グイッとやったあたりで時間も気分も良い頃合い。

 

xxFullSizeRender 15.jpg

 

リノだけに、リノリノ、いや、ノリノリで駅に向かった。

 

いつもレンタカーの移動だけど今日は久しぶりにAmtrakだ。


| 1/20PAGES | >>