calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

翼の王国が200冊ごえ!!!!!

 

翼の王国が200冊ごえ!!!!!

 

明日からの運び屋業務と、日々のお仕事、子育て家事洗濯に追われ、完全停止不能状態。生ける屍と化しながら、暑い9月の週末を迎えております。

 

おかげさまで、日本全国から届き、ろくな空港のない山の奥に翼を広げ飛んできた機内誌!200冊を超えました。。嬉しいです。

 

運び屋機内誌納雑誌の返礼品発送第二弾は、運び屋仕事帰国後の来週末になります。遅くなりますが、今しばらくお待ちください!


昔からのブログの読者の方々から「翼の王国」が届き始めました!

 

昔からのブログの読者の方々から「翼の王国」が届き始めました!

 

ありがとうございます!

 

こちらの事情、農園/農家の皆さんの都合、送っても家を留守。。

 

ということが多いため、

 

運び屋機内誌納雑誌の返礼品は、8月下旬、8/23頃から送り始めます。

 

 

 

お金があっても手に入らない貴重な雑誌を、わざわざ高山まで送ってくださり本当にありがとうございます!

 

5060012
高山市八軒町1-12 カフェクーリエ

 

まで引き続きよろしくお願いいたします!


機内誌納本が届き始めました!

68924221_2339555492791497_6877599781842059264_n.jpg

 

機内誌納本が届き始めました!

 

世界を股にかけるビジネスマン、家族旅行で全日空を利用された友人から飛行機に縁のない飛騨(地名に「飛」は入ってるんだけどなぁ)に機内誌が続々と届いています。本当にありがとうございます!嬉しい!

 

そして、今日は高校時代の友人が、札幌の家族旅行の帰りに集めてくださった翼の王国をどっさり持って高山へ遊びに来てくれました!

 

68245192_2339555519458161_6391654842531577856_n.jpg

 

集めた翼の王国、宿泊業者様、飲食店に半弓の常連さんにお配りし、半弓の認知のため、大事に使わせていただきます。

 

なんどもなんどもすいませんが!

 

今月ANAに乗る方、乗らない方は乗る方にお声がけして、機内誌を高山に送ってください!

 

機内誌納税の返礼品は、高山陣屋の朝市で買い占めた野菜や、農業頑張ってる飛騨の仲間の野菜!

 

飛行機に乗って飛騨の野菜を食べよう!


沖縄行きのフライトで機内誌「翼の王国」を見て

沖縄行きのフライトで機内誌を見て

 

「え?あの半弓道場、まだやってたの?」

 

と知り、名古屋から車を飛ばして道場に来てくれたお客様。北海道からのフライトで半弓道場を知り、

 

「おお、今月の機内誌、これから行く高山だ!」

 

なんて言って来てくださった方が、常連さん、酔客、外国からのお客様に囲まれ、謎の空間を楽しんでくださっています。翼の王国編集部様、ありがとうございます!

 

8月になり、いつもの大勢の外国のお客様や日本のお客様。大きな大学や専門学校のない学生さんが高山にも戻り始め、スーパーなどが目に見えて混雑し始めました。

 


運び屋ふるさと納機内誌

 

運び屋ふるさと納機内誌

 

旅費や学費を稼ぐため友人に誘われた日本航空の機内清掃に始まり、新卒で航空会社に忍び込んだ後は、航空貨物の営業を転々。。業界から遠ざかったあとも飛行機と離れられない生活。

 

そんな飛行機がらみな人生の足を洗い、空港のない飛騨の暮らしが形になり始めた矢先の編集部からのお声がけ。

 

テレビの取材や芸能人が道場に来て、半弓を楽しんでくれる事だって感謝しかないのだけれど、ヒコーキ人生の連続性や文脈が途切れていたからこそ、こういったことに繋がってゆくのが面白く、自己満の化身になって、ヒコーキに乗りまくっていた自分より、小さな町の半弓オヤジとして紹介していただいたのが本当に嬉しいんです。

 

ありがとうございます(涙)。

 

さて、そんな私の半生とは行かないまでも、1/3人生くらい公開生中継してきたブログですが、飛行機にたくさん乗られている皆さんにお願い!

 

ぜひ、全日空に乗って、機内誌「翼の王国」をご覧いただき、じっくり半弓道場の記事を読んでいただいた上で、機内からお持ち帰り!その機内誌をよろしければ飛騨高山へ送っていただけませんでしょうか?

 

英訳、中国語訳が付いている翼の王国!

 

まずは

 

近所のゲストハウスをはじめとしたホテルに配り、
近所の飲食店に配り、

 

まだまだ余裕がある場合は、

 

富山、金沢、岐阜、松本、名古屋といった
高山とゆかりがあったり、高山の前に旅行者が滞在する場所に

配って行きたいと思います。

 

低空飛行気味な道場の経営に皆さんの力で翼を与えてください!

 

運び屋ふるさと納機内誌の返礼品は、

 

飛騨さんの野菜! カフェの目の前の朝市で買い付けたものを発送します!

 

 

 

信じられないのですが、ここ高山でも今日は35度越え。友人の農家の方は、こんな炎天下で働いていらっしゃいます。その仲間やお付き合いのある朝市のおばちゃんたちの夏野菜を返礼品として送ります!

 

飛行機に乗られる方!是非!

 

5060012 高山市八軒町1-12 カフェクーリエ宛

以上、よろしくお願いいたします!

いま私の願いごとが

 

 

いま私の願いごとが

かなうならば翼の王国がほしい

この背中に鳥のように

白い翼の王国つけてください

この大空に翼の王国をひろげ

半弓で射ちたいよ

決まりごとない自由な弓へ

翼の王国はためかせ 射ちたい

 

いま富とか名誉ならば

いらないけど翼の王国がほしい

子どものとき弓射たこと

今も同じ弓を射ている

この大空に翼の王国をひろげ

飛んで行きたいよ

決まりごとない自由な弓へ

翼の王国はためかせ

 

one more arrow!!!

 

この大空に翼の王国をひろげ

飛んで行きたいよ

決まりごとない自由な弓へ

翼の王国はためかせ 射ちたい

 

--------------

 

翼の王国8月号!是非呼んでくださいね!

 

読み終えた王国は

 

5060012高山市八軒町1-12 カフェクーリエまで!

 

運び屋ふるさと納機内誌の返礼品、本気の飛騨の夏の結晶野菜たちをお送りいたします!

 

 


半弓道場が全日空機内誌「翼の王国8月号」に掲載されました。

 

半弓道場が全日空機内誌「翼の王国8月号」に掲載されました。

掲載してくださった編集部の皆様、道場を任せてくださった先代、常連さん、勇気を持って店に入ってくださるお客さん、切り盛りしてくれるスタッフ、皆様のおかげです。

空から降ってきたこの奇跡を、関わった方の未来に繋げます。そして、道場の未来も広げ、一段上を目指したい。頑張ります。改めてよろしくお願いいたします。

Our Hankyu dojo has been published in the All Nippon Airways in-flight magazine Aug. issue.

Thank you to editorial team who find us, the predecessors, the customers who entered the store with courage, and the staff who made a great effort.

This miracle has fallen from the sky is linked to the future of those involved.

Thank you again.

半弓道場登上了全日空機上雜誌「TSUBASA -GLOBAL WINGS-」8月號的封面,及內頁的大篇幅報導。

雜誌的編輯團隊、將這個重責大任交付給我們的原道場主、常客、所有願意踏進店裡一步的客人、以及每天努力維持道場秩序的夥伴,全都是託你們的福。

這個從天而降的奇蹟,希望可以擴散給每位支持半弓道場的人們。我們會更加努力往前邁進,也請大家繼續支持與指教


本日は、書き入れ時だけど休業。

本日は、書き入れ時だけど休業。

 

長雨で、第1週の売り上げがゼロだった昨年に比べれば無問題。明日以降も夜になると天気が崩れる微妙な空模様らしいけれど、焦らずにいこう。

 


弓を引いてみたい、的に当ててみたい

 

 

 

 

古くからの常連さんだけでは、道場の運営を続けるには限界があると感じ、先代から道場を受け継いだ私たちは、初めて弓を触るお客様にも弓を楽しんでいただくことに重きを置いています。ただし、ここをミッションにした時点で、

 

弓の持ち方、構え方、矢を番えて、持ち、引き、放つ。。。

 

といったことを、飲み屋街で1次会と2次会の間に訪れるお客さんに教えなければいけません。

 

これがなかなか大変。

 

半弓向けの簡単な矢の番え方(つがえかた)でも、何度伝えても、鉉(つる)を持って引こうとしちゃう方がいます。飲み仲間にからかわれたりすると、もうどうにもなりません(笑)

 

しっかり楽しんでいただきたいので、できれば!できれば!初めての方は、0次会、飲みに行く前にらしてください!夏休み期間中は、6時ごろから道場を開きますのでぜひ!

 

って言ってます。高山に個人旅行でくる外国の方は、そもそも和弓に興味があって店に来てくださるので、拙い英語もしっかり聞いて楽しんでくれるのであんまりこう言うことが起きない。。。と考えると、営業面的には、外国人をターゲットにすることを忘れず、かつ私たち自身の外国の方への指導方法をブラッシュアップし続けることが必要、。そして、全てのお客さんの来店理由が、

 

「弓を引いてみたい、的に当ててみたい」

 

なるような店にしていかないと。。。思う今日この頃です。

 

Our town losing local population. and our regular and skilled customer get older and hard to come to the bar area.

 

Our range was a some kind of secret place for locals before but now we are opening our door for the beginner and tourist!


Our English and skill of the teaching how to shoot are still not enough but you will be enjoyed!


半弓道場一周年 その3 初めての秋

 

半弓道場一周年 その4 初めての秋

 

観光客が少なく、週末に限って大雨という、高山にとっては大変な夏だったけれど、半弓道場の存続の危機を回避し、スタッフも早めに一人前になってくれたため、順調にことは進んだと言える。

 

半弓道場を存続させるということを大儀にすれば、赤字にならなければよく、スタッフに任せきりで得たものは未来に使えば良い。自分が年をとった時まで半弓の魅力を発信し続けることができれば、年金がわりに歳を取った時のように先代のように店に立てば良いのだ。。。と割り切ることにして以降は途端に楽になった。

 

9月

 

週末の書き入れ時に限って雨が降るような悩ましい天気ではあるが、店を閉めざるを得ない日が二日ほどあったが、一月が終わる。高山は9月の夕方になると途端に涼しくなる、ふと冬に来客がほとんどいなくなったことを思い出し、高山の農家の方や観光客の方が、ほんと夏によく働くことを思い出す。そう、冬を無事越せるようなある程度の蓄えは気にしなければ。

 

10月

 

平日の来客ががくんと減る。秋の高山祭の営業面でのプラスはなし。9月と比べて1割ほど売り上げが落ちるが、上出来。ドアを開けたいがだんだん冷え込みが厳しくなってくる。さすが高山。

 

11月

 

営業を続けてきたこと、スタッフの頑張りと半弓道場そのものが持っている集客力がどうにか11月の営業を支えた。

 

1年目の秋は一年目の夏に比べて約15%ほど売り上げ面で減速したものの、高山の観光客で唯一伸びているゾーンの外国人旅行者の間に徐々に認知され、そういった外国人旅行者が、外国人旅行者を呼び寄せる流れができ始める。

 

高山の飲み屋街に現れた方々が、ついでに弓を射る。という感じは大事にしていきたいが、地味にパンフレットを宿泊施設に配ったり、宿泊施設のスタッフさんやガイドさんに紹介し続けたことで、直接弓道だけをやりに飲み屋街に現れるようになる。

 

雨が降らない限り黙っていてもなんとかなる休日より、来客の余地もある平日を支える顧客層に訴えかけることをこれからも続けなければ。


| 1/2PAGES | >>