calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

半弓道場でテレビ番組の撮影

 

半弓道場でテレビ番組の撮影

 

何だか、ブログっぽい投稿ですが、芸人の方二人の半弓を楽しむお手伝いをし、そのあと、私の試し打ち、店内の撮影をしていただきました。家にテレビがありませんので、東海地区の方、是非チェックしてくださいね!

 

放送は、4/27のCBCテレビ、花咲タイムスの高山特集の中になります。

どのように料理されるのかはわかりませんが、ぜひご覧ください。

 

Today Nagoya's TV crew coming to recording for program about Takayama.


60年前のストックホルムでのアーチェリー大会に

60年前のストックホルムでのアーチェリー大会に

ペナンの弓道ずきの友人のFBの投稿に、1959年のストックホルムでのアーチェリーワールドカップのYoutubeが上がっており、素敵な音楽に合わせてみていると、日章旗。そのまま見ていると、8:00ごろから日本の弓道の達人が、各国の弓の達人達に和弓を紹介しているシーン。

 

半弓の達人になってはいないけれど、海外の人に見て楽し、やって楽しい半弓を普及させていきたい。


半弓道場のオヤジになりました。

半弓道場のオヤジになりました。

 

高山の陣屋のそばに引っ越して来て、1年が経地、ご近所や、飛騨の方や移住された先輩方も、素敵な方ばかりで楽しい日々です。カフェで自分たちが作ったものやお出ししたものを喜んでいただき、それで暮らしを立てる毎日は、数年前の生活と比べると信じがたく驚きと喜びの連続です。

 

そんな飛騨!高山!の一日を締めるのは。。。

 

朝日町(高山の古くからの歓楽街)の半弓道場!だったのですが、その半弓道場を、ご高齢のご主人に代わって引き継ぐことになりました。

 

半弓道場のような、高山にしか無い物が無くなるということは、地球上から無くなると同義であるだけでなく、昭和4年に開業し、戦争と敗戦やその後の混乱、高度経済成長も、バブルも乗り越え、89年も続いて来た道場を、「ああ、なくなっちゃったね残念(涙)」では片付けられず、

 

半弓道場なしの高山人生は、片腕をもがれるに等しく受け入れることができないと思い、

半弓の道具だけでも高山の外に散逸しないよう、すがるような気持ちでお願いに上がったときの

 

ご主人から

 

「容易じゃないぞ。。」

 

そして、

 

「やってみんさい」

 

という言葉を忘れず、

 

創業100年を目指し、次の時代の飛騨の人々、山を越えてきてくださったお客様に、飛騨、高山の魅力を伝えられるよう精進して行きます。

 

6月からの半弓道場の新オヤジです。至らない点もあるかと思いますが、改めてよろしくお願いいたします。

 

大雨による鉄道の振替輸送など、まだまだ100%の高山ではないですが、是非みなさんいらしてください!


本日の運び屋 七十三点

FullSizeRender 2.jpg

 

本日の運び屋 七十三点


義理の弟が日本への出張のついでに高山に来てくれた。半弓の神様が、日頃の努力に免じてかっこいい義兄さんを演じさせてくれ、記録更新。店のおじさんおばさんも喜んでくれたし、常連の先輩もおー!なんて言ってくれる。

 

半弓自体の面白さや、ジャパンど真ん中!な道場の様子を楽しんでくれた様子だし、1度目から的を射抜いたけれど後が続かなかったり、微調整の難しさなども含めて楽しんでくれたみたいだ。よし、また明日も行こう。

 

FullSizeRender.jpg

 

昼間は仕事して、バビューンと出張のレポートを送付。夕方、仕事のきりが良くなると、フラッと妻と酒蔵めぐりに出かけたりしてる。寒くてお客さんが減ったけれど、お客さんが果物や根菜をガシガシ持って来てくださってプライスレスな豊かさを感じてます。

 

さぁ12月!


今日の運び屋 六十九点

xxIMG_3114.jpg

 

今日の運び屋 六十九点

 

それなりの微調整が聞いてきたので、10本勝負の「入り」の一本目がすごく大事で、落ち着いてから射ないと、後がグダグダになります。

 

1本目は、心を落ち着かせこれまで射ってきた経験で射る、そして、その一矢目の右脇の角度や射角、絞り、弓の引き具合などを記憶して、2本目につなげる。。。

 

xxIMG_3113.jpg

 

っていうのがうまくいったけど、六十九点だった。

 

一本外さなければ記録更新だったのに。。。

 

前に入っていた旅のお客さんが、隣の的の図星に当て、それ以外は一本も当たらないというミラクルをやったりして、常連さんなんかとの絡みがあった。何人かのうちの一人は、高山と半弓が好きになったはずだ。また来てね。


本日の運び屋 五十三点

xxIMG_1993.jpg

 

本日の運び屋 五十三点


すべての矢が命中したかもしれないけれど、点数は今一歩。

 

集中の度合いが高ければ、的には当たるようになったけれど、そのルーティンというか、的の中心である図星に寄せるのはまた別の話。

 

矢がまっすぐ飛んでいくための弓の引く力が安定すれば、

 

上下をコントロールする、右手の角度、脇の締め具合

 

左右をコントロールする、弓の絞り

 

で、図星に近づいていけると思う。

 

ここをまたPDCAで磨き上げていくことにしましょう!

 

 

xxIMG_1998.jpg
xxIMG_1992.jpg

弓を射る前に、半弓道場の側のコワーキングスペースで、グラフィックデザインについて勉強したり、
友達夫婦も半弓も店の老夫婦とも仲良くなってくれて嬉しい。
涼しくなってきましたよ!遊びに来てくださいね!

| 1/1PAGES |