calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

杉浦製陶@Cafe Courier

 

杉浦製陶@Cafe Courier

 

閉店間際のカフェに、フラーっとお入りになったご夫婦。店の雰囲気が気に入ってくださったようなので、好きなだけお店にいてもらおうかなんて妻が思っていたところ、

 

「このモザイクタイル、うちの会社で作っているものなのです。」

 

と、ご主人。妻に呼ばれてご挨拶をかわし、

 

「うちの工事で、唯一お金かけて、こだわってるのがこのタイルなんです。」

 

なんて返す。作業は楽しいんだけれど目地のふき取りと、目地材が不足して、近所のホームセンターをかけずり回ったのを懐かしみながら話す。このころ

 

「このモザイクタイル作るようになってから、三年目くらいなので、このお店は2年くらいですか?」

 

「そうです、あと少しで2年ですね、冬の間はお休みするんですが(笑)」

 

嬉しい、名古屋モザイクのカタログ経由でタイルを購入したけれど、実際に窯で焼かれているのは、杉浦製陶さんなのだそうだ。カフェオーナーとしてカウンターに立ちづけるのは、子育てしながらだと大変なんだけど、やっぱりこういった事が起こる。だからやめられない(笑)

 

店のシンボルの一つであるモザイクタイル、是非見にきてくださいね。

 

 

素敵なお話なのでリポストさせていただきます😌 . #repost @cafe_courier via @PhotoAroundApp タイルのお話…  昨日店をクローズした後、外から店内を覗くカップルがいて、扉を開けて、よかったらどうぞ!と伝えたら  「もう店閉めたから大丈夫です大丈夫です!素敵なお店だな〜と思いまして...」  「ありがとうございます!よかった中に入って見てみて下さい〜」  「実は、このカウンター下のタイルは、うちの工場で作ってるんです。」  「え!!!!!メーカーの商品を買って自分達で貼ったんですよ〜」  「綺麗に貼ってますね!」   こんな偶然で嬉しいことありますか!? 泣けますなぁ😭 本当に感謝の日々です!!   さーて、チョコナッツマフィンと、アールグレーとクランベリーのマフィンが焼きあがりました✨半額ですよ😊  #cafecourier #takayamacafe #takayamacoffee #muffin #カフェクーリエ #マフィン #焼き立て #高山カフェ #多治見タイル #タイル #モザイクタイル #杉浦製陶 #名古屋モザイク

杉浦製陶株式会社 / SUGYさん(@sugy.ceramic.tile)がシェアした投稿 -


GW明ける

GW明ける

 

GW中は、日本の初めてのお客様(要は観光でいらした方)が5割を越え、残りの5割を常連さんと欧米のお客様が分け合うようなお客様属性なカフェクーリエですが、GW明け営業初日の本日は、外国のお客様だけで5割越え、連休中はほとんど見かけなかったアジアのお客様がふらりと立ち寄っていただけるようになりました。

今朝は、マダガスカル近くのレユニオン、タイ、ドイツ、オランダからのお客様がみえ、モリモリとマフィンをお召し上がりになり、昼前に慌ててマフィンを焼き上げることに。

静かで何もないけど、自転車で山が綺麗に見えるところまで出かけてみたり、人の営みがギリギリ保たれている日本の地方都市、大都市圏とは違う時間の流れを楽しんでいってほしいなぁ。

 

 


シーギリヤロックマフィン

シーギリヤロックマフィン

 

厳しい時を乗り越えようとしているスリランカ。コロンボを拠点にフリーペーパーを発行している友人の支援!ということで、食事マフィン系の「シーギリヤロックマフィン」を作っています。

 

頑張れスリランカ。大きな事件があったバングラデシュとは、条件が色々異なるけれど、2年半でかなり取り戻したという話も耳にします。頑張れ!
 

スリランカシーギリヤロックマフィン! 完成しました! 困難な事件が起こってしまったスリランカを高山から応援! 第三世界ショップのスリランカペーストを練り込んでツナマヨをトッピングしたお食事マフィンが完成! 一つのマフィンが売れる毎に100円を、一緒にお仕事をさせていただいている、 スパイスアップスリランカ代表、神谷政志を介してスリランカの皆様へお届けします! We baked Srilankan curry Muffin! We will donate 100 Yen to people who suffered the tragic event each muffin pick up from our glass dome. #muffin #currymuffin #mealmuffin #srilankacurry #cafecourier #takayamacafe #カフェクーリエ #高山カフェ #スリランカカレー #カレーマフィン #食事マフィン #おかずマフィン

Cafe courierさん(@cafe_courier)がシェアした投稿 -


一年で3度、端午の節句を祝う店

一年で3度、端午の節句を祝う店

 

以前は肉やその他の具材をごった煮にして、さらにもち米と炒めるスタイルで、キッチン周りは米粒だらけの油まみれになったのだけれど、

 

角煮の内製、
具材はの煮込み、

それらから出た煮汁で、もち米をパラパラと炒る。

 

粽を包む段階で、具材を投入するパターンが確立。

 

手間暇かかってしまうから真似できないというだけの独自性、優位性に、味も美味しい!という声がちらほら出るようになって嬉しい限り。高山の端午の節句が6/5、今年の旧正月の6/7の前後は、改めてがっつりもっちり作り込む予定!

 

 


GW初日

GW初日


高山のGW初日はスロースタート。いや、うちの店だけかな?相変わらずのスローな我が店の様子は、外国人7割、常連さん3割。外国のお客様の欧亜率は、欧州が100%。


台湾かき氷を準備したのだけど、乗鞍で氷点下になるような寒さのため、さっぱり。GWの初日は静かだった去年の記憶があるので、まあこんなもんなのだろう。

 

先日の高山祭は、なかなかの人出だったのだけれど、土産業界は散々だった様子。つまり不景気だったそうな。「日本人観光客も昨年よりは多かったですが、外国人の方が相変わらずで、土産は売れなかったようです。」なんていう声も上がっているが、山のように買い物をする日本人はもういないよね。

 

ホテルは29日前後と3日前後に二つの山があるのが例年なのだけれど、今年はピークが2日と3日にり、ピークは1つらしいそうだけど、ゲストハウスの友人たちの宿は、早々に部屋は埋まってしまった様子でドーンと構えてます。

高山を訪れる観光客が志向することについていけなかったり、ついて行こうとしていてもずれてしまったり、ついていきたいのだけれど色々しがらみがあって瞬発力が発揮できない業態、個人、法人、様々です。


カフェを再開して、1週間が経ちました!

53681250_2095354523878263_5943956617056747520_n.jpg

 

カフェを再開して、1週間が経ちました!

 

新しいスタッフもすぐに慣れてくれ、妻のママ友が来てくれたり、ご無沙汰していた方が「実は今月なんだよ」なんて言って、お腹を大きくされた奥さんとカフェを訪ねてくださいます。本来であれば、新参者の僕らが「帰ってきたよ、カフェに遊びに来てね!」といって訪ねて回るべきところを、常連さんの方からお越しくださいます。ありがたいことです。

 

三月はイルカの鳴き声、いや、イルカの歌声が頭の中をリフレインするような季節。

 

旅人が訪れては発つということに慣れているとはいえ、短い高山生活の中でお世話になった方や、いろいろ教えていただいた高山の先輩方が町を去ったり、去ることを決意する季節でもあり寂しいニュースがありましたが、何かに出会うためには、別れることも必要だな、別れの季節は出会いの季節なんだなぁ、なんて感じています。

 

「なごり雪」が少しちらついたなぁ今週は。

 

近くの酒蔵に就職したスウェーデン人のご近所さんが二回も来てくださったり、ふらりと高山に寄った旅人がカウンター越しに色々な話をしてくださいます。

 

今週二度、カフェを訪れてくれたブルガリアからのお客さんとはカウンター越しにたくさんの話をし、私の中の、スラブ圏、東欧の人々の歴史観や世界観がどういったものなのか、刷新されました。彼ら彼女らが東アジアをどう捉えているか、教えていただきました。

 

写真は帰りぎわに、彼女が作ってくれたお守り。ブルガリアで春が訪れる前に、この紅白のブレスレットを祈りを込めながら結び、花が咲いてきたら、その花や木にこのブレスレットをくくりつけるのだそうです。

 

僕ら夫婦や半弓道場のスタッフ、そして可愛く短い娘のブレスレットを白川郷に滞在する間に作ってくださり、カフェに戻って来てくださり結んでくれました。

どの木にくくりつけようかな?カンボジアのプルメリアにしようかな?やっぱり中橋の桜かな?

1週間をここでは語りつくせないのですが、高山と旅人、外国から来た方と日本の間のカフェ、そういう家族でありたいという思いが、形になったような1週間でした。ご来店、本当にありがとうございました。

カフェの売り上げはまだまだ予断を許さない状況ですし(汗)、今朝も東京行きのバスを乗り過ごしたりで、踏んだり蹴ったりですが、喜びがやはり断然勝ります。

今週、海外出張で変則営業になりますが、改めてよろしくお願いいたします。


再々オープン 二日目

IMG_20190307_143703.jpg

 

再々オープン 二日目

 

道場の旅人スタッフが同じ町内に家を借り始め「あれ?最初の振込の金額いくらだったけ?」、今日は高山の酒蔵に就職したスウェーデン人が店に来てくれ「いつも閉まってるから心配したけど、やっとオープンしたね(日本語)」。といった会話が飛び交うようになりました。

 

店はまだまだ暇で、街も古い町並み以外は静かなのですが、雨のカフェにはベルギーのカップル、香港人の高山の宿のマネージャー、フランス人の友達が思い思いに過ごしてくださっています。初日は常連さんに復活の後押しをしていただいた二日目は、外国人率8割越え。

 

夜は雪が降ってお別れ会。出会いと別れの季節なんて気にならないで生きてきましたが、今年の春は今までとは違います。

 


カフェ、再々オープン

 

カフェ、再々オープン

 

朝が来るのがワクワクするようなカフェ親父の日々が始まりました。まだまだ、旅行客でワサワサするような週末スタートではないですが、常連の皆さんが生存確認がてら、娘の成長を見に店にいらしてくださいます。

 

どの街に住んでも、家族の誰かがその国の外国人という私たちだからこそ、外からのお客さんと地元の方との間にいるような店であり、そして、どこでも生きていけるということを実践(というと不遜に聞こえるかもしれませんが)していこうと思います。

 

何より、まだまだ娘の育児が大変にも関わらず、妻がカフェノートや店の模様替え、そしてコンセプトをもう一度考え直しながら試行錯誤して頼もしい。

 

少し冬が帰ってきたような天気の中の再スターですが、頑張っていこうと思います!


再開店準備

 

再開店準備

 

二ヶ月くらい休養できましたので、再スタートです!

 

アジア各国で買い入れたお茶や、台湾カフェ巡り旅で学んだ知識を、再開するカフェで活かすべく、妻が娘を抱えながら頑張っています。

 

実際、お茶をゆっくり飲んでいかれる方も多く、のんびり絵葉書なんかを書きながらぼんやり過ごしてくださると、何も追加で買わなくていいから、ゆっくり本でも読んんで行ってくれーなんていう念波を送ったりしながらカウンターに立ったりします。

半弓道場や、今後の他のお仕事の展開などこともありますし、個性派の仲間が新たに加わってくれますので、再開して店に立つのは週末中心になると思います。

 

ブログの読者さんが、せっかくだから!と月に一人か二人はご来店くださるのですが、もし高山にいらっしゃり、お立ち寄りいただけるのであれば、ぜひ週末に!可能であればコメントなどで事前にご連絡をいただけるとありがたいです。


| 1/1PAGES |