calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

クラサオ CURACAO



クラサオ CURACAO

大熊猫さんに、何もないぞ。。。と釘を刺されていたけれど、
要塞があるので、一応市内に出かける。乗り合いタクシーで
乗客をピックアップしながら中心部に向かうが、雨が少ない
土地柄な上に、住宅地はゴミだらけ、カリブのリゾートでは、
よく見る光景とはいえ、さっそく萎える。


空港→市内は2.5ギルダー、市内→空港は2.8ギルダー

乗り合いタクシーやバスが集まる中心部の外れに降りたつと、
カラフルな建物が見えてくる。まったくこの島には期待して
いなかったけれど、その心構えで丁度良いくらい。

中心部は、内陸側に大きな湾を抱えた出口に位置しており、
両岸に町が位置していることもあり、そこは浮き橋で結ばれ
ている。で、対岸に渡る際、警笛が鳴って浮き橋が動き出す。


黄色い家がエンジンルーム。



だんだん橋が離れてしまい。。


一人分のスペースに。橋の下には船。青い箱がエンジン。



このあと、動画を撮影し、その後の橋。遙か彼方。。

クラサオはオランダの海外領土ということもあって、跳ね橋
なんかも見かけたけれど、橋自体が船になり、時計の針の
ように自走し、船を航行させるとは。。。うーん、これは
面白かった。


こちらは跳ね橋

が、それだけ。クラサオ中心部のウイリアムスタッドは、
コロニアルな町並みが残っているらしいが、パットしない
土産物屋や衣料品店、貴金属店に、アメリカンブランドの
他愛もない店がつらつらと並ぶ程度で退屈きわまりない。

そんな退屈な商店が、カラフルな色彩で彩られているのは、
中身のない人間が更に着飾っているようで、不自然で
なんだか悲しさすら覚える。。。空港の往復を、乗り合い
タクシーでして頂ければ分かると思うけれど、このクラサオ、
郊外が、荒れ果てたゴミだらけな上に、中心部はアホカラフル。

正直、これでは深みや味わいは感じられない。

うーん、もし、この島に来られるのなら、空港からリゾートに
直行し、青い海の常夏を存分に味わうべきだと思う。

もしくは、敢えて島の高所に登り、


上の組写真?の水道の奥は湾になっており、石油備蓄施設や
コンビナートがずらり。。。

リゾートと言うより、蘭英シェルの石油コンビナートやら
がひしめく、石油基地としての島!というの側面を眺めて
この国がどう糊口を凌いでいるのか、感じてみるのも一興では
ないでしょうか?





St.Maarten Day-3



St.Maarten Day-3


3日目の最大の旅客機はKLMのMD-11。


ただ、慢心していたため、近くのスーパーでカリブの地図に

見入っているうちに飛行機は近づいていたようで、

そろそろかな?と思ってスーパーを出たら、ブゥーーオぅーーンと

大きな機影が横切る。。




あーあ、MD-11の着陸見逃しちゃった。。実質最終日なのに。。


気を取り直し、MD-11が出発するまでは、通い慣れたMahoBeachの

展望カフェ(笑)で、フレンチフライを食べながら、

名残を惜しみながらヒコーキのランディングを楽しみ、MD-11の

離陸を見送って、なんとかミッションを達成し、ヒコーキ鑑賞はおしまい。。。




ヒコーキ鑑賞に関してはあらためてアップデートする予定です。




明日でセントマーチンともお別れ、出発まで島内観光を

しようと思うので、返却してそのまま空港な方が良いと思い、

空港まで歩きレンタカーを借ります。



Saint Martinに入りレンタカーを停め、国境を再度越え、

Sint Maartenに戻り、そこから隣国に置き去りにしたレンタカーを、

国境越しに撮影。


日が沈むまで時間がありそうなので、隣の国にドライブに出かけました。




St.Maarten Day-2



St.Maarten Day-2


疲れていたのか二度寝三度寝してしまい、

11時過ぎになって、ようやく動き出す。。


せっかくのSt.Marteenで何をしてるんだ。。。と

言われてしまうかもしれませんが、この島の名物の

飛行機の離発着が集中するのは昼過ぎ。


せっかくの夏休みですから、ノンビリ行きましょう。


泊まったのは


Sonesta Maho Beach Resort & Casino 


Hotels.com経由で安い部屋を予約し、3泊で税金やら、

リカバリーチャージ込みで$372.08でした。


一人寂しい3泊で$372.08は今年の夏旅してきたパキスタンや

インド、バングラデシュの1泊150円とかの宿に申し訳ない気もしますが、

地元の方も利用するスーパーなどがホテルからほどない所にあり、

生鮮食料品を除けば、過激な島価格が設定されているわけでもなく、

Subwayやらで食事を済ませれば、宿代以外に50ドルもかかりません。


飛行機が目的でなければ、レンタカー等、島の他のアクティビティに

お金がかかるのでしょうが、運び屋的には飛行機の離発着を眺め

その合間に海に入り時々ビール。という一日になり、アメリカで

移動を重ねる日々より、色々な面でリーズナブルかもしれません。


さて、けちくさい話はこの辺にして、Mahoビーチに向かいます。




本日のどでかい奴はAir FranceのA340なのですが、

到着予定時刻は3時過ぎ。それまではLIATやら貨物機といった

小さめの飛行機を楽しみます。




一般の方から見えれば、れっきとした飛行機マニア/オタクなのですが、

実際はそれほど飛行機のことは詳しくない運び屋。。。そんな

私が、南の島まで一人で来て楽しむことできんのかよ。。。




と思いましたが。。。




できました。いやあ楽しいです。



St.Maarten Day-1

St.Maarten Day-1


この島に運んできてくれた飛行機が飛び立つのを見ようと、

荷解きもそこそこにMaho Beachへ、


なかなか出発しないなぁなどとターミナルのJetBlueの搭乗機を

眺めていると、周りが少し騒がしくなり、なんだ?と思って

水平線を見やるとどでかい奴が。。。




ぬぉ。



| 1/1PAGES |