calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

KUWAIT




ベイルート行きの飛行機が飛び立つまでの乗り継ぎ時間は20時間。

空港で予約できるホテルは200ドルスタートなのでパス。
ネットしながら空港で夜明かしにすることに決定。

ただ。。。空港に荷物を預ける場所がない!!

この荷物(大した量じゃない)抱えて町までか。。。



まあいいや、KPTCのバスで市内へ(250Fils/約100円)へGO。

ったく。。非常にDUSTYなお天気です。この砂塵にさえぎられ、
日差しはきつくないのですが、日本のしっとりとした季節が恋しくなります。



市内へ向かう途中、高速をいったんそれて郊外の町を通るのですが、
ほこりをかぶった集合住宅や、色とりどりの広告で主張する商店が
中国のウルムチを思わせます。

40分ほどで、市内のMIRCAB BUS TERMINALに到着。



バスの定期パスや身分証の忘れもの掲示板。

ここからクゥエートタワーを目指しますが、遠い。。。。
ということで、燃料補給。





それにしてもこの国は

クゥエート人はどこ?ぐらい外国人が多い。

バス停を教えてくれた空港職員
→ フィリピン人

空港から市内へのバスの運転手
→ エジプト人

バス停近くの両替所
→ インド人

市内の食事はインド料理
→ インド人

インド料理屋からクゥエートタワーまでのタクシー
→ パキスタン人

クゥエートタワーから市内へ戻るタクシー
→ シリア人

おっと、唯一の観光スポットを忘れちゃいけません。。。






タワーは海沿いの公園にそびえています

給水塔らしいですが、登ったところで。。ということで
写真を撮って帰ることにしました。。。

それにしてもクゥエートは、海岸沿いの開発エリアを除くと、



町が汚い!

工事現場などが多いのはわかるのですが、廃材や建築資材のガラが
歩道にはみ出していたり、解体中のビルの破片が散乱したりと
なんだかなぁ。。。な首都。

オイルマネーを背景に、多くの労働を外国人に依存するクゥエート。

今の国の在り方は、本来のものではないのかもしれませんが、

高級車がびゅんびゅん走りファッショナブルなモールに
吸い込まれてゆくんだけれど。。足元の歩道をみれば、割れたガラスや針金。

創意工夫なしに、安い労働力や地下資源に乗っかるだけの国家運営。
こいつは21世紀に残る封建時代だ!等と資源がない国の国民として
ひがんでみたりしました。

そうそう、外国人シリーズをもうひとつ。



クゥエート空港のスターバックスにたむろする人
→ アメリカの軍人。

KUWAIT VISA クゥエートビザ



☆ クゥエートビザ 

KWIクゥエート空港アライバルビザ 2008/06/15

必要だったもの

1、パスポート

2、申請用紙  
  ※ 予約の取れたホテルのを求められます。
    (空港に泊ったんですが、ホリディインと。。。)

写真は必要なし。

90日間ビザが即発給。(所要約10分)


USDがあればパスポートだけで
ビザがもらえます。また、ビザの大きさですが、BAHRAIN同様。
通常の入国スタンプ程度の大きさです。

パスポート見開き2ページ必要!なんていう情報があったので、
どんなでかいビザシールなのかと思って、ひやひやしていたので
少し拍子抜けしたくらい。

| 1/1PAGES |