calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

スコピエ/Skopje



ブルガリアのピン!とくる観光地はバスで3時間か。。
とどうしようかと思っていると、アルバニア行の船で一緒になった
旅仲間がスコピエまで来ました!とのメール。

話しているうちに、じゃ、飲もうか!ということになったけど、
会場のスコピエ。。少し遠いなぁ。ま宿も良さそうなのでいいか



ということで早起きして出発。

朝のバスターミナルに到着すると、7時半と夜の2本のみ。。
という情報は古かったようで、スコピエ行きは9時半発。
料金は32BGN,Lvに荷物一個ごとにプラス1BGN,Lv。





ケバブだかスブラキだかをお腹に詰め込んで出発。

雨が続いているため、ブルガリア側でも、マケドニア側でも
道が崩れたり、川が濁流になったりしている箇所がある。。。



さて、昼過ぎに山の中のブルガリア/マケドニア国境。
昼間なのにほとんど通過する車やバスが無く、
入国審査はスムーズ。ブルガリア側で乗客全員が降ろされ、
荷物検査するものの、時間にして30分程。


クマノボの町。バスが通った箇所はトルコ度が高かったなぁ

その後は1時間程山を下るようにして西に向かい、
クマノボの町から高速。時差が1時間ありますが、午後1時半頃
スコピエの鉄道駅/バスターミナルに到着。


お!はれたぞ!

安宿で、無事にアルバニア行きの船で出会った旅仲間と合流。






今回もいっさい観光しませんでしたが、今回は発の宿泊の上、
ブルガリアの安ワインとスコピエのビールで楽しい夜に
なりましたとさ。。。




スコピエ/Skopje



まさか1年に2度も来るとは思いませんでした。。。

プリシュティナからは国境越えの時間を含め、
所要時間は僅か2時間半。特に国境を越えてからは、
30分少し。一山越えると、すぐにスコピエ。。
といってもよいくらいコソボに近いなぁ。。


コソボ側のチェックポイント



前回もドンヨリと曇ったスコピエ。
今回は雨がシトシト降って更に辛気臭い。

ということで、このマケドニア、世界で洗濯物が
乾きにくそうな国No.2に認定。
ちなみに1位はアルバニア。3位はコソボです。


マケドニアの地図。北西のコソボから一歩越えるともうスコピエ。

アルバニア人やマケドニア人は、ニヤッと笑いかけると
以外と笑みを返してきたりするのですが、基本的。。。に。。






苦労が刻まれた顔というか面やつれした人が多いよなぁ。
バルカンの辛い歴史もあるだろうけど、この天気もちょっと影響
しているような気が。。。する。


ホリディインとショッピングセンター。

今回も荷物を抱えて、町をウロウロし無線LANが
飛んでいるカフェで時間をつぶしてまた駅へ。。




SKOPJE スコピエ



スコピエ


久しぶりの旧社会主義圏の田舎。旧ユーゴは東欧の優等生、

西側の観光客にも国を開いていて、オビール的な宿泊登録は

あったものの、ビザなしで入国できたんですよね・・・。


でも、国作りも度重なる内戦と無理な独立でゆがみが出ているようで、

駅前から少し歩いた感じでは、80年代で町作りが終わってしまった

なんとも寂しい感じが漂います。なんだか駅前には歴史的建造物がないぞ。




中央アジアほどでないにせよ、どうも携帯や銀行などの店舗が目立ち、

ところどころにどぎつい装飾のカジノ。こういうのはなんだか

元気がなくなるなぁ。。。



駅から川沿いの道に出て、お城を目指しますが第一印象同様、

町から力が伝わってきません。うーん、四角いほこりまみれのバス

だけが目に付くなぁ。。。季節が悪いのかな?






町のランドマークの石橋が見えてきたので、そちらに向かい

対岸を見ると。。。おお、対岸にはモスクがぽこぽこ建っています。


そういえば、トルコ系の顔立ちや、スカーフをした女性が多くなったかも。




石橋を渡った丘に築かれたお城を見て回り、夕闇の旧市街へ

。。。入って行こうとすると、流れてきました。日没のアザーン。

男たちが、靴を脱いでモスクにどんどん入っていきます。




すごいねぇ。対岸の山には巨大な十字架が飾ってある町だよ。。




たこ焼き機をひっくり返したようなトルコ風建築物、

トルコや中東の情緒漂う、小振りな商店の連なり。アザーン。






そのあと、新市街に戻り旅人気分はシュリンクしてしまいましたが、

ヨーロッパ的光景の中のイスラムというのはなんとも面白い。




クロアチアやスロベニアではまだまだヨーロッパですが、

バルカンも南になると、人種や宗教が入り組んで来ますね。。。

トルコの仇敵ギリシャが、この国の南にあって、一山越えれば

忘れられた国アルバニア。




敢えてこの国やこの町にくる必要性はないと思いますが、




人種や宗教や国家がグチャグチャになったエリアを体感したい方は

是非どうぞ。




ベオグラードにIRON MAIDENが来るそうな。

「アレキサンダーザグレート」

をベオグラードで演奏するのかな?



| 1/1PAGES |