calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

トリニダード



トリニダード

ろくな食べ物にありついていないので、到着ゲート脇の
SUBWAYでサンドイッチを食べ、それでも足りずに
出発ゲート脇のローカルファーストフードでチキンと
フライドポテトを注入する。無線LANでつなぎながら、
空腹を満たし、空港近くの安宿を探そうとすると。。。
猛烈な睡魔に襲われ、何かをする気が全くおこらなくなり、
ネットの英語もあんまり頭に入らなくなる。。

ということで、明日の朝一の便に備え、ベンチに転がって
仮眠する人たちにまぎれ、そこで寝る。冷房が効いており、
寒さが身にしみたけど、まあ仕方ない。

朝になり、昨晩と同じような朝食をとり空港を出る。
朝一のグレナダ便は出てしまった。。次のグレナダ便は
午後2時。行けたら行くか。。。くらいの気分だな。。

空港のインフォーメーションによれば、30分くらい
歩く覚悟があるなら、ハイウエー脇でMAXI TAXIや
個人所有の乗り合いタクシーを捕まえられるという。

SUBWAYの隣の荷物預かり所にバッグを預け、身軽に
なっていざ出発。


ロータリー


パイロットはインド系!


ハイウエーとの交差点。


この道がハイウエーと交差します。B.W.I.A.は昔の航空会社の名残?


案内で教えられた通り、空港を離れ、ロータリーに出て右折。
直進して二つ目の信号でたどった道が大きな道と交差する。
これがトリニダード島北部を東西に結ぶハイウエー。

タイミングよく子連れのインド系の女性がタクシーを
待っているようなので、彼女にポートオブスペインまで
行きたい旨を伝えると、同じタクシーで大丈夫でしょうとのこと。

ほどなく古ぼけたアコードが停車し、それに乗車。
市内まで7TTD。タクシーから見える景色はハイウエー沿い
ということもあってか、面白みは無い。

うとうとしているうちに、お客さんは自分だけになっている。
お客が少なくなると、乗り合いタクシーのオヤジというのは
ぞんざいになったり、ここで降りろとか言ったりし、
面倒な事になる事もあるのだけど、わずか7TTDにも関わらず、
市内までキチンと送り届けてくれた。


市街地でほとんど写真を撮らなかった。。

市街はポンコツなところは目につくものの、高層ビルも
目立ちなかなかの都会だ。カリブの盟主に名乗りを
上げた事も頷けます。町中はレゲエのおじさんだらけといった
様子で楽しい感じもするけど。。。ま、それだけだなぁ。



トバゴ島行きのターミナルに出向き、トバゴ島に
日帰りできるか聞いても、今からでは無理と言われるし、
めぼしいものも無い。それならやっぱりグレナダに行こうと思い、
MAXI TAXIやバスターミナルのような建物に向かう。





元駅舎?のような味のある建物なので、少々写真を撮り、
空港方面に向かいたい旨を伝えると、バスターミナルの奥の
乗り場からといい、エアポートに一番近いところで
降ろしてくれと伝えるとインド系のオヤジが頷く。





首都の中心部はMAXI(乗り合いバス)で少し走ると尽きて
しまうのですが、東西を結ぶ道のは2キロおきくらいに集落があり、
なかなか賑やか。ただ、賑やかさとMAXIのひっきりなしの
お客さんの乗り降りで、空港からハイウエーであっさり
ポートオブスペインに来たときとは大違い。
ハイウエーの北を走る旧道のような道で細く。片側一車線。

ただ、レゲエのおじさんや恰幅の良い黒人のオバサンが
歩道にあふれ、ムスリムのインド系がハラルフードの
フードスタンドで、ローティを作っていたりと面白い。

中でも一番驚いたのが、中華料理屋の多さ。冗談抜きに
100メートルおきに中華料理屋がある。

手書きかなにかの漢字を、地元の看板屋が適当に真似てみた
へたくそな、長城飯店、金門飯店といった店の看板や、
Liu's Chinese Restourant,Chow's Chinese Restourantなんて
いうのが、ひっきりなしに現れる。ポートオブスペインを
あるいた限りでは、あまり中華系の店を見かけなかった分、
異様に感じる。多すぎだろ。

運転手のオヤジに、中華料理や多いねと水を向けると、
「PLENTY! Every corner!」と言う、本とすごい数の
中華料理屋だ。。



バスをARUCAという町で降りたけど、行きは30分だったのに、
帰りは1時間半もかかり、空港への道との交差点で降ろしてくれるが、
その上空港からはかなり離れていそうな気配。。

グレナダには今回の旅では呼ばれていないようなので、
素直に諦め、中華料理屋に入ってみる。



食後はホテルを探しながら空港まで歩く。
だがリーズナブルなホテルが無い。。。。。



ラブホテルっす

GUEST HOUSEの案内板の示すがまま、その場所に向かうと
時間貸しのラブホテルだったり、それはそれで面白いんだけど、
ちょっとツキがないな。。と感じる。

そんなこんなで空港に戻り、荷物を引き取ってトリニダードの
旅は終了。若干消化不良だけど、普通に旅しても一泊か二泊の
旅ならたいしたものはなさそうな印象。

ただ、インド系、アフリカ系が占める通りに、途切れる事無く
現れる中華料理屋はかなり見物だと思う。ま、それだけだけど。。



空港から一番近いホテル。シングルは100ドルに10%のTAX。
プールまで着いているけど、個人的には程々のゲストハウスみたいな
宿があった方がうれしいなぁ。。


| 1/1PAGES |