calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ビルバオ / Bilbao

th_001Bil014.jpg

ビルバオ / Bilbao

現代建築の秀作や名作を旅するのが今回の旅だけれど、自分の担当は、これだという現代建築がある町と町を結ぶルート作りとレンタカーの運転。残念なことに建築に関しては、中世、現代、未来、いずれに関しても、付け焼き刃な知識と門外漢な視点でしか向かい合えず、腰を据えて学ぼうという意気込みも無い。

だから、山を貫くトンネルを抜けてビルバオ市内に出た途端に、「どん」と現れた、グッゲンハイム美術館を見た感想は「おお」くらいだった。

th_000bil001.jpg

それでも、新しい町で嗅いだことのない空気を吸って、土地のものを体に入れて出すのは楽しい。

バルセロナの世界的観光地な雰囲気に「やられ」てしまっていたこともあって、歩いて回れる町のグッドサイズさや、スペイン語表記の町では滅多に見かけることのないバスク語で用いられる「K」の文字、川沿いを上ってくるビスケー湾の冷たい空気の固まりなどの全てが気持ちよい。

th_001Bil002.jpg
ビスカヤ橋 バスクの橋?ビスケー湾の橋?という意味かな?

th_001Bil005.jpg

th_001Bil004.jpg

th_001Bil003.jpg
ペロタ日本代表ごっこをしていたら、「ガツンと素手でいけ、素手で!」とバスク人のおじさんに笑われる。ラクロスのクロスを持っていけば面白かったかもなぁ。。

th_001Bil013.jpg
th_001Bil011.jpg

th_DSC01319 のコピー.jpg

th_DSC01327 のコピー.jpg

th_001Bil010.jpg
th_DSC01336 のコピー.jpg

ビルバオのバル飯は、バケットに乗っかったピンチョスが名物。バルセロナやマドリッド、アンダルシアのバルとは雰囲気が全然違う。迷ったあなたは、旧市街のヌエバ広場へGO!

th_001Bil007.jpg
旧市街のペロタアリーナ。子供達がスカッシュ風ペロタをやっている。手籠を使ってカコンカコンやる試合をバスクで観たかった(試合のスケージュールなどはwebか駅前のTourist Infoで!)けれど、またこの町にくる理由ができたということでいいや。

th_DSC01297 のコピー.jpg

th_DSC01308 のコピー.jpg

いやいや、バルセロナの熱にやられていようがいまいが、この町は楽しい。また来たい。

今回は季節外れで体感できなかった「手籠を用いるペロタ」を観戦し、ビルバオ川沿いの学生や入れ墨がっつりの紳士淑女で賑わうバルで一杯やりたい。寒かろうが暑かろうが。

バルセロナ / Barcelona

th_DSC01057.jpg

バルセロナ / Barcelona

じっくりバルセロナに滞在するのは、4度目。物価云々がぐっと上がった上がらないの細かいことは、書かないけれど、今回はバルセロナを改めて堪能させてもらった反面、悲観的で貧乏性な自分を存分に発揮してしまい、人生を謳歌しているバルセロナ人や訪れている底抜けな人たちを見て、日本の地盤沈下や成長鈍化、デフレをじんわり感じてしまう。いや、自分自身が成長せずに、退化してるからこんな風に感じるのかな?思い過ごしかな?

th_DSC01047.jpg

th_DSC01157.jpg

今回は、現代建築の傑作、まあバルセロナなので当然ガウディの建築なんかが中心になるのものを優先的に巡る。サグラダファリミリアの内部に20年ぶりに入ったけれど、工事は粛々と進んでおり、20年前の、石材なんかが転がって、工事現場にお邪魔します状態だったあの頃とは違い、外装や内部の装飾にこだわらなければ、いつでもミサなんかを執り行えるような立派な建物になっている。

th_DSC01167.jpg

th_DSC01138.jpg

th_DSC01145.jpg

完成は2026年だそうだけれど、あの時の自分と今の自分が大して変わらないように、2026年にここに来ても、自分は変わらない。まあ、ベストとは言わずとも、振り返って納得することができるくらいは頑張ろう。

マドリード / Madrid

R0028237.JPG

マドリード  / Madrid

乗り継ぎ時間は6時間くらい。

成田空港の6時間乗り継ぎならいざ知らず、ここはマドリード。所要時間30分ちょいで、市内まで2.5EURで出ることができます。

アフリカ旅の山場も越えたので一安心。山場完了を祝って

完了ス!

つーことで、Callos! / カリョス!を喰らいに町に出ることにしました。

R0028231.JPG

駅を1つ間違えたために、いつもの店(とりわけ旨い店でもないのですが、なんとなく毎回来てしまう)に向かう途中のカフェで、ひよこ豆入りのCallos! / カリョス!を注入。やっぱり冬のスペインはこれ!コイツを喰わなきゃ体が温まった気にならない。

R0028234.JPG

R0028235.JPG

R0028236.JPG

十分腹が満たされてしまったので、いつもの店では片口イワシの唐揚げ、Boquerones Fritosをほおばるのがやっと。ハモンイベリコ締めはできませんでした。

R0028239.JPG

R0028238.JPG

R0028240.JPG

でも、今回のマドリードも、地下鉄の中でみんな本読んでるし、眠たそうな顔した美人と沢山すれ違うし、いつも通り、最高なマドリードなのでした。

マドリード 2日目 / Madrid Day-2

R0020464.JPG

マドリード 2日目 / Madrid Day-2

湿気が少ない分なんとか暑さを凌げるのも、飯が旨いのも、キャンペーンガールのノリが良かったのも、空港から町への地下鉄で日本食料品店の買い物袋から、OYAKATA?とかいうブランドのペーストを取り出して、眺めてる女性をみかけたのも、町から空港までの地下鉄ではICHIBANと書かれたTシャツを着ている方に笑顔をもらったこと。。。。等々も、自分のスペイン好き補完計画を前進させたけれど。

R0020459.JPG

R0020462.JPG

R0020460.JPG

R0020467.JPG

R0020468.JPG
着の身着のままなので、イタリアとかでも見かける、格安スポーツ品店で靴下やらを購入。

マドリードに来てあらためて感動したのは、地下鉄の車内やホームでたくさんの人が読書してる事。このブログでも何度か書いているかもしれないけれど、ほんと、マドリードの人は本を読んでるなぁ。もしかしたら、全部エロ小説かもしれないので、油断してはいけないけど。

R0020463.JPG
アッチでもコッチでも読書するマドリードの人々。

だったらお前も読めよ!なんですが、なでしこJAPANを応援したりネットしながら夜明かしです。あ、少し本は読みますよ。空港で無事に乗り遅れた荷物も回収しました。さて、明日の朝の便で日本。

マドリード / Madrid

R0020456.JPG

マドリード / Madrid

荷物と一緒にたどり着くことはできなかったけれど、エチオピアでバッグパックを丸ごとやられた時と同様、今までの旅は何だったんだくらい身軽になった。今日はもうH&Mやら、安い服屋さんもやってないだろうからと、いつのも安宿でチェックインだけ済ませて、町に繰り出す。というか、いつものバルでいつものアレを。。。

R0020450.JPG
Bouguerones Fritos / カタクチイワシ揚げ

R0020451.JPG
Callos! / カリョス! 

R0020452.JPG

R0020453.JPG
店を移動して。お!あるあるある。が、ハモンイベリコは保存場所が違うらしく、バーテンのオジサンが地下室から取り出してきてくれた。

R0020456.JPG
Jamón ibérico / ハモンイベリコ!イェア!喰いきれないので、隣のポルトガル人のオヤジに手伝ってもらう。味は、前回の肉屋系バルで食した時ほどの衝撃はない。腹にカタクチイワシと牛の内臓やらがたっぷり入ってたのもよくないか。。。15EUR

R0020455.JPG
冷やした赤ワインがハモンイベリコにあうそうです。サッパリ目で赤ワインが得意でない自分もパチッと頂く事が出来ました。


R0020457.JPG
これも喰え!とバーテンのオジサンがくれたチーズ。チーズとワインの種類に加え、善し悪しもわからないという、ヨーロッパを旅する人間としての致命傷を抱えております。まあまあ、うまい、すごいうまい!の3段階評価。こちらのチーズは「うまい」

R0020458.JPG
いいな、スペイン。俺は、お前が大好きだ。

マドリード / Madrid

R0014717.JPG

マドリード / Madrid

スペイン飯と酒をハシゴしつつ、中心部にゆっくり散歩しながら向かおうと思ったら、真逆に歩いていた。

道に迷っても地下鉄に乗ればいいとおもったけれど、川を渡ると地下鉄駅の数がグッと減り、結局なかなか駅が見つからず、睡眠不足とアルコールな体に鞭打つ事となる。

思い返すと、川向こうのマドリード(自分としては橋を渡って中心部へと思っていたのだが)は、駅がない以外にも、歴史的な建造物を始め、教会などが殆ど無くなるし町の区割りがキッチリしていた気がする。

バルやカフェの密度は皮の両岸で変わらなかったけれど、老舗な店舗が少ないからか、軒先に椅子テーブルを出すような店が川向こうには少ない。出された食事も、満腹感や疲れを差し引いても中心部の方が旨かったなぁ。

次回は今度は体調を万全にして! 画像中心のアップデート!

R0014701.JPG

R0014700.JPG
さて、飲み始め食べ始め。

R0014703.JPG
Rinones De Tiernera A La Plancma。キドニーステーキ
 
R0014704.JPG
獣臭と血が滴る、濃厚な味。刻んだニンニクとパセリがぴったり。アツアツの内に食べましょう。もれなく自分以外の動物を食ってる気分になれますよ!

R0014705.JPG
Boquerones Fritos カタクチイワシの頭とわたを取りさらっと揚げた品。旨い!

R0014715.JPG
続いて肉屋系バルに赴いて。。。



R0014717.JPG
Jamon Iberico!

R0014726.JPG
コチラはまた別の肉屋系バル。

R0014725.JPG
小さいビールが0.8EUR。エクアドルとペルーのオジサンもにっこり。

R0014727.JPG
次回こそはゆっくりスペインでゆっくりしたいもんです。。





Madrid / マドリード

R0014472.JPG

Madrid / マドリード

本日の安宿は、劇場や映画館などが密集する地区のはずれ、たまった洗濯物を近くのラウンドリーでエクスプレスでやっつけてもらっている間に、名物で好物のカジョス/Callosを食いに近くのバルへ。

R0014447.JPG

R0014448.JPG
お、Callosがあるぞい。

R0014449.JPG

R0014450.JPG

R0014453.JPG

R0014455.JPG

R0014458.JPG
こちらはコラーゲンの塊。

R0014459.JPG
ハチノスもクニュクニュな歯ごたえでウマイでヤンス。

R0014460.JPG
frito de calamari ぬー、Tapasで頼んだつもりだったのだけど。

プルンプルンのコラーゲン臓物パワーを注入したから、お肌の調子もしばらくはパッチリンコでしょう。そのうちの数パーセントが、脳味噌にたどり着いてもう少し、「喝」を入れて欲しいのだけど。

R0014461.JPG

R0014463.JPG

R0014466.JPG

本日は、バルのハシゴは控えめに、最後のまともな睡眠が記憶にないくらい、ここ2週間は過激に飛んだり、時差ぼけ眠れずな日々だったので高級安宿wで熟睡します。

画像中心のサボり系アップデートはお許しを!

ヘローナ / Girona



ヘローナ / Girona

またまたヘローナ。

魚の目は悪化するし、町を歩いても日曜なので感動的に
店やら何やらが開いていない。ということで町の東側の
昔の都市囲壁の名残をたどったりして終了。



ホステルのスタッフが、スーパーはないけど、せっかくだから、
冷蔵庫を綺麗にしチャイナ!といってくれたので、旅行者が
残していった食材で中華料理。。と言いたいところだけれど、
貝の形の野菜パスタ。



仕事やアップデートの方は、はかどったような
はかどらないような。。。

まあ、なんとかシベリア鉄道のアップデートは
完了しましたので、興味のある方は是非どうぞ!→Link


Girona/ヘローナ



Girona



自動車や家具を販売するような大型店舗が郊外に現れ、
更に中心部を目指すと、5,6階くらいの均等な高さで
統一された新市街。その建物に溶け込んだ駅があり、
そこから歩いて旧市街。。。といった典型的なスペインの
地方都市。



夕方に到着して、飯食って寝てしまったのですが、飯食って
寝るまでの過程でたっぷりアルコールを注入し、焼きぐりなども
つつき、Callosが食べられる店も見つける。



ふぅ、これでやっとスペイン旅行をした気分。。。次はピレネーの小国
アンドラを目指そうと思いますが、Barcelonaからも
このGironaからも便はあるものの、走っている時間帯が悪い悪い。。




中心部の高そうなスシバー。奇麗なフォントを使って間違ってる。
何かのジョークだったらやぶ蛇だけど、気になるので、
店が開いているときに間違ってると教えてあげようかと思案中。



Seville Day-2



セヴィージャよいとこ一度はオイデ。

ヨーロッパの庭園や宮殿、寺院関係にはあんまり
興味が無いので、観光はせずひたすら飲んだくれております。
ビールとTAPASと、少し眠たげな顔したスペイン美人。
それだけあれば十分。。。

ほろ酔い加減でアップデート。

昨日までのセヴィージャでつまんだタパスはイマイチ。。
今日は、旨いものを。。。とふらつきますが本日は日曜。
服屋さんなどのお店は軒並み休日。カフェやバーの一部も
閉まっております。。。



1軒目。 ALACENA SANELOY BAR

肉屋さんがやっている?BAR。イベリコ豚の良し悪しが
区別できないような運び屋にぴったりのお店。




嗚呼嗚呼旨い。オヤジが厚めにそいでくれたイベリコハム。
薫製にされる前の豚に会えるなら、なでてやりたい。
旨い。なんならぶら下がってる豚の足?と握手してもいいぜ。



2軒目。 CAFE UNIVERSAL

町一番の賑わいのBARの側。ゆっくりやりたいので
程々の賑わいでカウンターに少し隙間がありそうな
このお店に入ってみたところ大正解。



カラマリフリトー。旨いけど、電撃が走る程では。。。



ゆび指したらすぐに出てくる、ガラスケースのポテトサラダ。
ゴロゴロしたポテトと酸味の利いたマヨネーズが旨い。タパスが
出されるまで、これをつまんで待機。



本日の大ヒット、豚のウイスキーソテー。黄色いソースは柑橘系の
酸味が利いたオイル。これが。。。旨い。。大蒜と酸っぱいスープと豚。
世界にはまだまだ自分の知らない味のハーモニーがありそうだ。。
あ?何がウイスキーなんだ?アルコールを飛ばすと酸味が出るのかね?



3軒目。 BAR RINCON SAN ELOY





魚のフライをオーダーしたけど、小鯵くらいの魚の表面が赤い。
フワッとした食感は小鯵と変わらないけど、ぐっと来るものは
なかった。。見た目の問題かなぁ?



店内。




4軒目。 SPALA 2

どちらかというと、CAFE側に重きを置いたようなお店。



店内



ケースに入っていたほうれん草を食べてみる。。。始めてほうれん草の
缶詰を食べたとき、あまりの不味さに愕然とし、なんでこんなのでポパイは
力がでるの?と思ったけど、今回もイマイチ。揚げ物系が続いていたので、
カラダに良いもの食べた。。ということで良しとする。
なんだか、北インドのサグチキンが恋しくなる味。

この店でもあんまり人気がないメニューなのか、他のTAPASと比較して、
明らかに減りが遅いようだった。。。ま、余計なお世話だろうけど。。



いったん休んでまたお出かけ。近くの広場に腰掛ける。




4軒目。 店名は忘れた。。。



タラフライ。もともと塩味がきいているタラを揚げているので、
さっとレモンをかけると、ビールがススむ。。。。

で、ビールがススみすぎて、酔っぱらい。久々に夜道で迷い、
いつの間にかプラサ・デ・アルマス・バスターミナル付近を
歩いている。。。ということで、酔い覚ましにはなったけど、
アルコールが入って1時間近い散歩はキツい。。。

疲れでヘトヘトです。。。

明日はGironaにビュッとライアン移動。早めに寝る事にします。。


| 1/2PAGES | >>