calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

プリシュティナ / Prishtina



プリシュティナ

バスの中で待機させてもらえるかと思ったら、駄目。
ティラナでは、日が出ている間はズーッとバスの中で
寝させてくれてたのに。。。。




朝の3時半で真っ暗、なんとも心細い状況ですが、
冷え込みが程々な上、ターミナルの脇のカフェの脇に
横になれるカフェのソファーがあるのでそこに横になり、
ターミナルが開くのを待ちます。。。



ようやくターミナルが開き、カフェやらで引き続き時間を
つぶし、ようやく町に繰り出します。。。が。。。



ホテルを探してもどこも70EUR前後、値ごろなホテルが
どうしても見つからない。。。


80EUR


75EUR


65EUR

町はまだまだ社会主義時代の色が残っていますが、アルバニア
よりはしっかりした建物が多いように映ります。


廃墟と化したセルビア正教教会。

頑丈そうな公共機関のものと思われる建物には、コソボの国旗と
アルバニアの国旗を一緒に掲げている建物も多い。。なんだか複雑だな。。



本国のアルバニアがあれだけ迷走の歴史を経て、まだまだ
ポンコツなのに、セルビアと戦争までして独立した国の
ユーゴスラビア時代のインフラの方がまし。。。というのも。。





結局朝の7時前から10時頃までバス停からバス停まで
歩き回り、なんだかそれなりに満足してし、いったん散策終了。


コソボ料理というよりアルバニア料理。サラダがおいしかったなぁ

朝ご飯が思いのほか美味しかったので、食事だけでもこの国にいても
いいなぁと思えるくらいなのですが、目につくホテルはどうも高いうえ、
運悪く地図も手に入らない。。。

さて、どうしようかと思った時にマケドニアのスコピエ行きの
バス(5EUR)が出発しそう。。。ということで、さいならコソボ!
天気がよい季節にまた来ようともいます。


| 1/1PAGES |