calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

マレーシアの(インフラ)飛び地

世界で時々見かける変な場所では比較的メジャーなのが、
本日乗った、シンガポール行きのマレーシア鉄道。
(厳密に言うとシンガポール領内のマレーシア鉄道)


マレーシア鉄道KL Sentral駅


マレーシア鉄道Singapore駅

列車のカタチが、変だとか。。。という問題ではなく、両国の成り立ちや
意地の張り合い等で、

マレーシア国鉄の列車がシンガポール領内を走り、
線路や駅等の施設もマレーシア国鉄が管理している


という風変わりな状態ゆえ、インフラ飛び地。。
なんて言ったりするようです。

同じ島国とはいえ、この状態を当てはめるのは難しいのですが、敢えて言えば。

韓国国鉄が対馬海峡をトンネルで越え、九州をしばらくの間走り、
大分辺りに韓国国鉄大分駅をつくり、その線路や駅は韓国のモノ。

みたいな感じかなぁ?


Woodland駅に停車中の列車。
列車が乗っているレールはマレーシア領。駅はシンガポール領だ!



Made in Japan 20歳

このインフラ飛び地はシンガポールが1965年、マレーシアに追い出され、
いきなり分離独立した際のごたごたと、両国の意地の張り合いの産物なのですが、

独立後長い間、その特殊性さゆえ、マレーシア領?はシンガポール駅まで
ジョホールから伸びて伸びてという主張?からかシンガポール駅で両国
の出入国審査が行われていました。




食堂車。のんびり。


ただし、おもしろくないシンガポール政府は、ジョホール水道の国境に
98年、Woodland駅を建設し、そこで列車を停止させ、乗客に
シンガポールの入国審査をさせる事にします。

タダでさえ、国と国民を管理したがりな一党独裁シンガポール政府の
コードネームは「明るい北朝鮮」。ほんとに気に食わないだろうなぁ。。。


"TRAIN CHECKPOINT"

この駅で列車をチェックし、密入国や麻薬密輸を防ぐというのが、
駅建設の大義名分だからかな?



もちろん、この施策はマレーシア政府にとっては面白くなく、
引き続き出入国審査をシンガポール駅で続ける。。。

ということで、Woodland〜シンガポール駅を旅行している間、
乗客は、マレーシアを出国していないのに、シンガポールに入国している。

所謂、二重入国状態

になるという、以前のテンブロンの私のような状態になっていた訳です。

残念ながら(?)現在、シンガポール駅での出入国検査は行われておらず、
変な旅が好きな私にとっては、残念な限りなのですが、一旦下ろされて
入国審査し、列車に乗ったりする面倒臭さや、

まだ、君は出国した訳じゃない。。。的に出国スタンプを押されない
出国審査(パスポートチェック)や、




ジョホールバル駅で一旦列車は停車し、そこで出国審査(パスポートチェック)。



出国のシルシ?ペンで出国日を書き込むだけだ。。。
そもそも出国していないんだよな。。


シンガポール駅構内に残るパスポートコントロールのブース等を
見て、たっぷり楽しみます。(こんなのを楽しんでいる乗客はオレだけ)







マレーシアの出入国ポストの跡


シンガポール旅行っていうと、何するの?っていう感じがしますが、
マレーシアとシンガポールの関係と、独立までの歴史をふまえて
いろいろ眺めると結構深いです。


駅の駐車場もマレーシア鉄道物の所有。この看板の向こうの道は確実にシンガポール領だ。

これからしばらくシンガポールやマレーシアを行ったり来たりするので、
このへんのカラミを勉強して、またの機会になにかアップデートしたいなあ。。

こちらのサイト(世界飛び地領土研究会)を参考にさせて頂きました。
旅に飽いたあなた、このサイトをサーフすれば旅に出たくなりますよ。

☆ 追記

一応線路と土手道でつながっているのだから、飛び地といういより、
マレーシア領が延伸している状態だよな。。。と思い返したりしています。

コメント
はじめまして。
ちょっと前に玉城の写真でひっぱられて以来、すごい人がいるもんだと、ちょくちょく拝見している日本から出たことのないおばちゃんです。
今日は運び屋さんどこにいるのかしらんと、仕事の合間に読ませていただいておりますです。
地理関係の仕事をしているのと鉄道好きもあって、世界の事情とか飛び地とかにめっさ食いついております。
書かれていることの半分もわからないワタクシですが、これからもちょいちょいお邪魔させてねん。
  • ちゃこ
  • 2007/06/18 11:12 PM
はじめまして

地理関係のお仕事。羨ましいお仕事ですね。
文章や内容はメタメタですが、これからますます
変な場所や変なルートで旅をしますので、ご期待ください。

ご存知かと思いますが、

三重県に囲まれた和歌山県の飛び地、
北山村なんてのはどうでしょう?

ここなら、日本をでなくても飛び地な気分を
満喫できそうですよ!

☆近いうちにいこうと思ってます。
  • 運び屋@SIN
  • 2007/06/19 2:46 AM
コメントする