calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

DUBLIN

DUBLIN

なんだかテンションがあがりません。

時差ぼけは克服しましたが、ロンドンからエジンバラへの
夜行バスで消耗してしまったようです。風邪とか病的な
調子の悪さではないのですが、どうも力が漲らない。



そもそも、ローマに4泊して、アメリカに戻る予定を
ロンドンインに変更、その上、エジンバラ、ダブリンまで
加えてしまったものだから当然ですね。なんでだろ、
どうしてどっしり深く掘り下げるような旅ができないんだろ?



えへへ、でもウジウジしてる暇はありません。

旅先ではどうも目覚めが早く(そして昼間に息切れする)、
今日も早いうちから動き出すことにします。

日曜の朝は、静かでよいのですが、テンプルバー周辺だけでなく
町の通りのいたるところに、アルコールが入っていた瓶やグラスの
破片や、嘔吐物が氾濫していて、ちょっといただけません。

ただ、これはこれでアイルランドやダブリンの一部のような気もします。



先月の訪問はリフィー川の南岸中心だったので、今回は北岸中心に
ふらふらと観光しました。

ガイドブックには、ダブリンのすべての見所を観ようと思ったら、
4〜5日は必要に!等と書いてありますが、観て回るだけなら、
一日か二日で十分回れてしまうと思います。



見た目はぱっとしない(失礼)ダブリンの観光地を味わうには、
その場所にまつわるストーリーを予備知識として把握していないといけません。
これは、ダブリンに限ったことではないはずですが、
ダブリンはアイルランド文学と一緒に味わう町だな、と今回の訪問で実感。



もっとアイルランド文学を味わってから(一部を理解するだけでも大変)
再訪しようと誓いつつ、今回はダブリンを退散。

うううん、相変わらず言い訳が多いな。。。

コメント
コメントする