calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

TEHERAN to ESFAHAN

IKA空港からバスターミナル。そしてESFAHANヘ


予定では、テヘランから夜行でMASHHADに行こうと思っていたのですが、
フライトの遅れで叶わず。。。

時間帯が時間帯なので、4時過ぎまで空港で一休みし、
タクシー(値切って150000RIALS/16or17USD)で市内へ。
タクシーカウンターに向かう前、
市内への安いバスを探してみましたが、時間帯もあってか見つからなかった。

さて、背筋が凍りつくような運転で高速を爆走し、朝もやの首都に突入。
坂がちな市街、特に北部はどこかバルセロナなんかを思い起こさせますが、
市の南部と北部で建物や暮らし向きに大きな差がありそうだなあ。
北部はバルセロナで、南部はそうだな。。。モロッコのどこか??

荒っぽい運転でしたが、運ちゃんはターミナル(ベイハギー)到着後、
バスチケットのカウンターまできっちり案内してくれ、
なかなか気持ちの良いイラン旅行スタートです。

TEHERANからESFAHANまでは、疲れていることもあり最安値のバスはパス!
エアコンが効き、ぼちぼちの乗り心地だという
旧式VOLVO運行のESFAHANまでの料金は50000RIALS。(約600円)



出発して間もなく、アシスタントさんがちょっとしたスナックを配って回り、
まさにそれで何とかしろ状態。エンジンの様子を確かめるのと、
チェックポイントでの停止以外はほぼノンストップ。



車窓からは、からからに乾いた大地と聞きしに勝る、
しっかり舗装されたハイウエーが伸びていて、この国の体制が唾する
アメリカのネバダ州と言われてもわからないかもしれません。



。。で約7時間後にESFAHANの北ターミナルに到着。

コメント
コメントする