calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

New Delhi to Varanasi



ニューデリー/New Delhi - ワーラーナーシー/ Varanase

夜行。New Delhi始発なんだけど、ニューデリーでは時間がなく、
外国人カウンターでチケットを発券するにも、少し厳しそうな予感がし、
アムリトサルのカウンターで、一等A/C Sleeperを予約。



一等とは名ばかりの、インディアンクオリティーでしたが、
客車付きの車内サービスの方々が、お茶やら水やら食事やらの
オーダーをきっちり取りに来てくれたり、客車付きのトイレも
我慢できる汚さだったりと、それなりのサービスはあるのですが、
1800ルピーは取り過ぎじゃないか?



さて、車内では若いインド人と、汗をかきながら途中駅から乗って来た
親父の三人のコンパートメント。

読んでいる本を尋ねられたから、「ノームチョムスキー」と答えると、
名前は知らない様子。「うーん。アメリカのユダヤ系反体制知識人だよ」というと、
それをきっかけに、真夜中まで政治談義が始まってしまう。



インド英語と堂々巡りな内容な為、後半は寝てしまったが、
特に親父の方は、中東におけるイスラエルやアメリカの関係、
パキスタンとインドの紛争、それに中国がどう絡んでいるか等、
なかなか鋭くとらえており、

AWACSの話をしたと思えば、ファタハとハマスの話に話題が移り、
それがいつの間にか現在のインドの微妙な連立政権や関税の話になったりと



インド人にびっくりな車中でした。

夜が開けた6時過ぎに列車はワーラーナーシーに到着。



旅行者の利用勝手十分なこともあって、しつこい客引きが、
列車が入線したホームまで現れ、かなり鬱陶しいが、
そのままツーリストバンガローへ。

ツーリストバンガローから朝8時過ぎにスノウリ経由、
ネパール行きの列車が出ているのだ。


コメント
コメントする