calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

Bangladesh to India



国境にて

マスジェドの隅でのんびりしたり、スコールに行く手を阻まれたりして、
予定より時間をオーバーして、バゲルハットを出発。

帰りのバスは渡し船を経由せず、橋を渡りクルナの町に至り、
そこでジョソール方面のバスに乗り換え、だらだらと
先々の集落で停車する各駅停車。



国境が閉まる時間が刻一刻と迫りますが、心配を裏腹に、





こういう時に限って停車時間が長くなったり、ジョソールの
バスの運転手やバスターミナルの暇人が集まってくれて、
写真を撮ったりしているうちに、どんどん時間がロスされてゆきます。





国境の町ベナポールの中心部に戻ったときはギチギチのギリギリ時間。
半分あきらめつつ、日が暮れた国境に向かうと人の気配がなし。





嗚呼嗚呼嗚呼。。。やっぱり閉まってしまった。。

今日を最後にバングラデシュとインドが国交を断絶する訳でないので、
明日になればインドに戻ることができるのですが、今日はインド名物
バクシーシを払ってもこじ開けられなさそうな雰囲気。

ポケットに入っている、インディアンエクスプレスの予約表には、
明日の朝、6時50分発の表示。そう、これでカトマンドゥに続き、
完全停止不能状態。バクシーシどころかこちらが爆死です。


これはホテルじゃなくて、バス会社

ということで、国境の安ホテルで宿泊。

安ホテルのトイレの先客の置き土産に、文句を言いたいところだけど
まあ良いや、あまりにも順調なバングラデシュの移動でちょっと
油断していました。いろんな面で反省!ということでさっさと就寝。

コメント
コメントする