calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

シンガポール

大雨

始発を外し、6時頃のMRTで市内に向かいます。



この時間帯のMRTで目立つのが、通勤途中のシンガポール兵。
この国に徴兵制が敷かれていることを実感します。訓練施設に
缶詰にされる期間もあるのでしょうが、特定の期間を過ぎれば、
駐屯地や基地に常駐しなくても、通った方が効率良いのかもしれません。
都市国家らしい軍隊ですね。

車輛のドア一つにつき、一人か二人いて、華人もマレー系も
まんべんなく兵隊に取られています。そのうちの何人かは
PSPやったり、漫画読んだりしてます。



それにしても夜中からの大雨が止みません。雷ゴロゴロのドッシャ降り。
この調子で降り続けたら、F1とかはどうなるんでしょう。



BugisからQueen's St.のJB(ジョホールバル)行きバス停はもちろん、
駅前のホーカースにすら行けません。濡れるのは構わないのですが、
バスの中がカキンカキンに冷えているので、JBに向かっているうち
に風邪を引くかもしれません。旅も佳境なので体は大事にしましょ!

ということで、雨を避け、Bugis SQのMac(4時オープン)で時間をつぶします。

雨がやんだ朝のBugisはF1のボランティアがちらほら



その後はいつものJB暇つぶし。





胃にすき間ができたらそこに食べ物を注入。満杯になって、
少しでも余裕ができたら再注入。



それをひたすら7時頃まで繰り返します。



JBがだんだん妖しい光を帯びてくる頃、シンガポールに帰国。



空港でまたまたのんびり過ごし、スレタイ職人さんと合流。

同じ匂いのする方とは、たとえそれが朝の4時半頃でも嬉しいものですね。
いつものようにこの時点で30時間以上寝ていないのですが、

飛行機バカ的な会話を出発寸前まで楽しませていただきました。
来月の台湾=ロンドン往復に有益な情報やありがとうございます!

HKGの乗り継ぎ時間が短いので、新装B747のSIN-HKGの搭乗記と併せ、
画像はSFOでアップデートいたします。

コメント
コメントする