calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

BEOGRAD/ベオグラード



BEOGRAD/ベオグラード


駅舎の外れの手荷物預かり所で必要のない荷物を預け、

夜行の切符をあらかじめ手配して、市内へ。


駅はなだらかな丘の麓に位置しており、駅から東南の方向にのびる

大通りを上ってゆくと。。。NATO軍に空爆された建物。




セルビアの肩を持つつもりは微塵もないけど、どうもクロアチア

なんかと比べると、必要以上にやられちゃっている印象がある。


BBCなんかのドキュメントを見ても、セルビアは「悪」の

レッテルを完全に貼られていて、それ以来、BBCを見るときは

あんまり気分や気持ちが偏らないよう、注意して見るようになった

んだよなぁ。。




おっと、話がそれました。なだらかな丘陵につくられ

ベオグラードを進んでいきましょう。。。


目抜き通りの垢抜けなさや、歴史的な建造物の濃密さや、

パリ、ロンドン、ウィーンのような、観光地としての

明るさは残念ながら感じることはできませんが、




町を歩いた印象は、社会主義の重々しい町よりも、むしろスペインや

イタリアの都市を連想しました。他の社会インフラ同様、

長い間本格的なメンテナンスがされていない分、スペインやイタリアの数倍、

くたびれ、ほこりをかぶったような印象はありますが。

この国や周辺諸国の歴史や政治、文化に思い入れがないと

いまいちな町並みに感じられるのではないでしょうか?


目抜き通りを歩いている限りでは、さすが首都なだけあり、

ヨーロッパの大都市でみかけるアパレルの店舗はあるようです。

が、歩いている人は垢抜けてないな。




人のことを言える身なりではないですが、やっぱり東ヨーロッパ。

モンテネグロが独立し、内陸国に成り下がったり、

長年の仲間はずれでさすがに元気が無くなっちゃったのかな。


カフェのコーヒーや、立ち食いをしただけで

すべてをつかんだわけではありませんが、物価は日本の7-8割。

西欧と比較すると6-7割くらいの印象。


クオリティーは西欧諸国と比べるとがくんと落ちる分、

物価が安い!という印象は受けない。これで、この値段?という感じ。




物価とくたびれた感じと、町のカラーに薄いこともあり、まあ

長居は無用。じっくり味わえばセルビア人のいろいろな側面を

みれるのだろうけど。。。時間もない。。。


半日観光して夜行でポドゴリツァに向かいます。




コメント
コメントする