calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

SHKODAR



町はちょっとした地方の中核都市の空気を醸し出しています。

大振りなモスクにゆったりとした大通り、こぶりながら、

劇場や大学もあり、県庁なんかにあたるような堂々たる

社会主義系建築物も見かける。。




場所的にもシュコドラス湖がアドリア海に向かい流れ出す場所に

位置しており、人やモノが集積する条件を備えています。

日本でいうと琵琶湖が狭まり、川となって大阪湾に流れ始める町、

大津市、草津市のような場所にあたります。




バスの運転手は「シュコルダ」でなく「シュコドラ」と言っていたり、

ちょっと正確な呼び名が分からない。




この町も、KAFEが無数にあって、何をしているか分からないオヤジが

たくさんうろついている。日曜日だからかな?


町から首都のティラナまでは約2時間。バスは頻発しているようなので、

安心して劇場があるロータリーにあるホテル*にチェックイン。




*Hotel Kaduk Double Room 一人利用 25Eur 


町には一時間100LEK(約100円)のネットカフェもあり、

地元の若者から家族連れまで、たばこの煙まみれになって

ネットを楽しんでいました。


そのあとは町を見下ろす丘にあるお城を一日目は見物。




このお城が地味ながら、なかなか良かった。


コメント
コメントする