calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

大仁川空港島



せっかく世界1周したのに、観光したのは成田の乗り継ぎ時間に

見て回った寺台城散策だけ。うーん、それだけじゃなんだかつまらない。

かといって野球でねじ伏せられた韓国のソウルに行くのもちょっと。。。

とういことで、空港からほどないホテルに泊まり、近くに

ビーチがあるようなので、散歩してみることにした。


仁川空港は広大な干拓地に建設された大空港。建設の際に仁川沖の島と島とに

堰を渡し、その席の内側の遠浅の海を干拓したため、仁川やソウルからみて

空港より更に西側(海側)の島は、空港開港とともに朝鮮半島本土と陸続きになり、

何もなかったはずのノンビリとした島の景色は一変し、ソウルや仁川から

車でアクセスできる観光ビーチになっています。



焼酎メーカーの営業と営業車。韓国の焼酎のポスターは妙にエロく。俺は好きだ。


ほんの少し前までは鄙びた感じで良かったであろうビーチは、急ごしらえと

得意のケンチャナヨ精神でまあなんだかゴチャゴチャしてしまっている。




日本の敷居の高い旅館やホテルが建ち並んだり、お客さんが入らない海辺の温泉街。

海沿いの通りに海鮮屋が並び、一本入るとモーテル街という分かりやすい町づくり。


どっちがいいんだろ?もう少し若い頃なら、このすぐ裏がモーテル街の方が

話が早くて良いかな?鄙びた温泉街が良いなんて言うのは、年を取った証左か?




岬が左右からせり出して、穏やかな波だけが打ち寄せるようなビーチ。

潮が引いていて砂浜があらわになっています。釜山の海鮮街と違い、

このビーチに並ぶ食堂の水槽にたくさんの種類の貝が並んでいるのは、

この遠浅の砂浜と無縁ではなさそうです。




空港からの車からみえた海岸線も、潮が引ききった砂浜にだらーんと

杭がうたれ、それに海苔網がかかっていたり。。。

海が呼吸している感じでいいですねぇ。


腰を下ろしてノンビリ海を眺めても良さそうですが、お腹がすいたので

ビーチを端から端まで歩いた後は、食堂に入ってみます。


海岸沿いに立ち並ぶ食堂はほとんどはシーフードのお店。それを目当てに

車で来るような人だっているくらいだし、海辺の店なんだから仕方がないの

だけど、どうしてもサムギョプサルが食べたい。




それだけではさみしいので、食い合わせはよく無さそうだけど、海鮮街の

アサリのラーメンの看板が美味しそうに見えたので、

軒先の水槽でアサリに泥を吐かせていて、

かつ、看板にサムギョプサルと書かれているお店に潜入。


サムギョプサルをもりもり食べながら、アサリラーメンとは贅沢ではないか。。。


と思ったのですが、


店のおばちゃんに、アサリを指さしてラミョンと言うと、何故か

軒先の水槽は隣の店のモノらしく、サムギョプサルしか出せないとのこと。。


なんだ???


まあいい、ケンチャナヨ。




ということでサムギョプサル2人前(16000KRW/約1120円)だけ

もりもり頂いてホテルへ戻る。あ、美味しかったですよ。




ホテルに戻りがてら道路標識や看板、釣具屋やら水槽の魚を撮っていると、

道の脇で大声がする。なんだ?と思うと、サラリーマンとバスの運転手が

とっ組み合いの喧嘩。




ま、この国では三日に一度くらいは見かける光景。だけど、野球で負けた

その日だからか、この負けず嫌いな発火しやすい国民性が、野球やサッカー

なんかのスポーツで実力以上の力を発揮し、勝負強さを見せるんだと

しみじみ思う。なんだかその源流をあらためて見せつけられた気がする。


日本のこんな田舎の道ばたじゃ、女やお金のことでもつれにもつれたりしないと、

こういう光景は拝めない。。




一眠りして、もう一度海岸へ。


夕方とは違い、ぐっと満ちてきた暗い海に向かってカップルや友達同士が、

花火を上げていたりする。人の入りは良いとは言えない海鮮街ながら、

何故か会社帰りそのままの姿のグループがぞろぞろと入っていったり、

出て行ったりする。




そんなのを眺めながらとぼとぼ独り歩くと、キュンと胸が締め付けられるような

気持ちになったりすることもありますが、まあ仕方がない。

いろんなものをそぎ落とした人生だからこそ、手に入れられるモノだって

あるんだぜ。。。と独りごちて食堂に入る。


まばらな入りの海辺の食堂、気の良いおばさんに温かい食事。

なんだかしんみりするなぁ。




出てきたラーメンは海のスープが引き立つ塩ラーメン。胡椒が

効いていて、「サッポロ一番塩ラーメン」とそっくりな味がする。


食事や料理に関してもう少しうまく表現できれば、

それこそこのブログの味わいが深くなるんだろうけど。。。


やっぱりサッポロ一番塩ラーメンだ。。。


そんなこんなで、世界2周旅行1周目は終了。


2周目の合間に韓-日-米-欧-米-日-韓のオプショナルツアーを

組んでいるので、2周目(逆回り)は少し先になりますが、

それなりに満ち足りた気分でホテルに戻りました。


コメント
コメントする