calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

SANAA Day3



SANAA

 

 

三日目にして、復活!!!!!

 

サナアの皆さんありがとう、みなさんの優しさに触れ復調っす!

 

なんだか頭が凄い痛いんですけど、そんなの気にならない。

イエメン最高!幸福のアラビアにもう降伏!

 

うーん、この国の人の良さと明るさはシリアと互角だなぁ。

 

さて、本日は。。。

 

三日目になって、ようやくホテルの朝ご飯の時間に起き上がることができ、

ホテルのカフェで朝食を頂く。オムレツとナン、チーズにジャムだけな

簡単な朝食なのですが、カフェの隅のドラム缶状の竈でささっと

ナンを焼いてくれる。焼きたてのナンやパンに外れがあるわけがない。

 

これで一気に元気があふれ、外に繰り出す。

 

近郊の観光地に向かうための、ツーリストポリス(旧市街の西の端)にパーミッションを

もらいにでかけます。パーミッションの取得に時間がかかると思っていたので、

観光する日程を明日以降にしてしまいましたが、15分もあれば作成してくれるので、

早めに起きれば、パーミッションをとってそのまま近郊の観光地に

出かけることも可能だなぁと感じる。まあいいや、今回はゆっくり旅だからね。

 

でも流石に三日目。サナアは素敵な場所だけど、これだ!というめぼしい場所も無いので、

すぐに手持ちぶさたになってしまい、ネット屋で休憩。

 

日本のニュースをチェックしていると停電。そのうち復旧するだろうと、

PCの前でガイドブックを読んでいると、お兄さんが目の前にニューッと現れ、

ビニール袋に入った葉っぱをひとつかみ分けてくれる。

 



お、イエメン名物カートじゃないか。シュクラン!

 

さっそく口の中に放り込んでみるけど、うーん?見た目は

ベトナムのフォーと一緒に食べるような葉っぱだけど、

噛んでみた味わいは、食用の葉っぱというより柔らかい茶葉。

 

噛んでいると、灰汁のような粉っぽい葉っぱ味のエキスが口の中に満ちてきます。

 

目の前の地球の歩き方によると、このエキスのような物にいろいろ

含まれているみたいなので、本に書かれているとおり、かみ砕いて頬にため、

エキスを絞り出す。うーん?でもなんともないなぁ。町のあちこちで見かける

オヤジの頬張り方と比べると量が少なかったのかなあ。最終日に全力で挑戦してみるか?

 

ま、覚醒作用云々より、言葉の通じない兄ちゃんが、ひょいっと

ひとつかみどうよ?的にくれたのが嬉しい。この辺りからイエメン最高!状態。

あら?カートが効いてるのかな???

 



一旦、何度も通り抜けた市場を通り過ぎ、ホテルに戻り少し休憩。

 

午後遅くから夜にかけ、引き続きお散歩と茶。の繰り返し。

 





東南アジアや他のアラブ諸国に比べ、商店の数に比して食堂の数が少ない(韓国比5分の1)

ような気がしますが、時折現れるいい匂いを放つ食堂の軒先には、

大抵、うまそうなチキンが機械の歯車式にぐるぐる焼かれていて、いい香りがします。

 


そのままローストチキンが半羽で、サフランライスに乗っかって給仕されたり、

油で揚げ、分解されケンタッキー形式になってナンと出てきたりし、

どちらも器用にイエメンの男達の胃袋に収まってゆきます。食べ終わった

おじさん三人が、店先に立てかけたシャベルをひっつかみ、オッシャ!と現場に戻る

風景や、厨房のおじさんがオーダーを確認する大声や、給仕の少年のテキパキした

ムーヴが最高!!!飽きないなぁ。

 



晩ご飯は、鳥にしようと思ってホテル近くの人で賑わう食堂に入りましたが、

軒先のチキン焼き機がうごいておらず、チキンの代わりに、お客さん達はナンと鉄鍋を

前にしています。じゃあそれを。。と、目の前のイエメンのおじさんが食べているものを

ちょいと失礼します的に指さしてオーダーすると、小さな鉄鍋に豆やタマネギが煮込まれた、


シチューとペーストの中間のような料理がナン(パン)と一緒にでてくる。

見た目は日本のカレー。

 



熱々で旨い上に、同じものを食べているお客も、給仕のお兄さんも、

厨房のおじさんもみんなニコニコしてくれて、料理が余計に美味くなる。

ナンが旨すぎて、豆カレーのほのかなスパイシーさを感じられないほど。

見た目はどでかかったが、あっという間に完食。

 

500YR(250円位)じゃ足りないかな???と思いつつ500YR札を出すと、

おつりが300YR。ということは200YRか。。。。

 

お茶とナンとカレー?で約100円。安いなぁ。もっと払いたいくらいなのに。。

 

サナアの食堂は厨房や給仕がどこも元気で、テーブルに座っているだけで

気分が最高になります。サナアに来られたら、一日5食か6食は食べ、元気になりましょう。

 

よし、明日は近場の観光地に出かけるぞ。


コメント
綺麗な写真だねえ、イエメン。んでもって面白そう!

あたしの学校友達にイエメンのコがいるんだけど、いや〜明るいよね底抜けに。んで女の子に優しいから、割とモテるわけよ。特に韓国の女の子からね(何故かはわからん)。
  • oka
  • 2009/04/10 10:03 AM
お、日本滞在はどうだった??

少し前に韓国の旅行者が4人ほど殺され、
アジア人、特に東北アジア人は旅しにくいかな?
と思ったけど、大丈夫でした。でも、そんな情報が
あったから、韓国の女の子からもてるのは意外。

イエメン人いい奴ばっかりだし、人なつっこいからもてるかもなぁ。
ただ、結婚し、イエメンに住むことになったら、
外に出るときは顔まで隠す、黒い服着用です。

残念ながら。。。

ただ、市場で売られている女性の服は、
他のアラブ諸国やイラン同様。。意外とセクスィ。


  • 運び屋@京島基地
  • 2009/04/10 5:00 PM
コメントする