calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

イエメンのビザやパーミッション

イエメンビザ情報と、サナア近郊の情報の補足


/////イエメンビザ/////




必要なモノ


金額   発給料60ドル(頼むと領収書もくれる)

書類   特になし

写真   必要なし

時間   並ばなければ所要時間3分。


日本ですと4,000円程度で取得できるようなので、時間がある方は

そちらも考えてみては如何でしょう。いずれにせよ、ドバイから

航空会社でチェックインする際も、「サナア空港でとる」でOKでした。


空港で60ドル。ドバイからサナアのフライトでビザカウンターに

並んだのは、自分を含め7or6人。一番はじめに手続きできたので、

所要3分でビザを取得できましたが、その頃には入国カウンター前に、

イエメン人やビザ不要の国からサナアを訪れた人の列ができています。


その列がはけるまでだいたい20分くらいかかっていたので、

フライトが集中しない時間帯ならば、慌てずに到着気分を味わいましょう。



/////パーミッション/////



サナアの周囲の国道沿いにはチェックポイントが配されており、公共交通機関で

そこを通過するには、パーミッション(仰々しく言うと、入域許可証)が

必要になります。私が訪れたThula(or Thila)やShibam & Kawkabanは

二時間ほどの距離ながら、一カ所か二カ所のチェックポイントを通過する

ため、やはりパーミッションを提出する必要があります。


まず、パーミッションの取得ですが、こちらはサナア旧市街の西の端にある、

ツーリストポリスで即時(30分程度)発行してくれます。

また、このツーリストポリスで、旅程や日程を確認してもらったり、

情報を入手するのも良いと思います。



青い小さな看板がある建物にツーリストポリスがはいっています。


チェックポイントでは、パーミッションのコピーに乗り合いバスやタクシーの

車両番号やドライバーの名前を付記し、保管するようなので、

パーミッションを取得したら、出発前にそれを町中でコピーしておきましょう。


この、「コピー/フォトコピー」という意味のアラビア語が、「スーラ」と

発音するので、始めはパーミッションに記載した「Thula」に興味を

示しているのか混乱しましたが。。。


文房具やかカメラ屋に時々コピー機がありますので、そこで


「スーラ!」


と一言どうぞ。


「何枚?」もしくは「ハイ」


という意味のアラビア語を返されるはずです。

いずれにせよ一枚3円から5円なので、多めにコピーしておきましょう。


地球の歩き方には、


「パーミッションがあるのにThulaやShibamにいけなかった」


という記載がありますが、おそらくコピーを準備していなかった

ことが原因かと思われます。(1日目はこれでかなり苦労した)


////その他////


地球の歩き方アラビア半島編補足

各国を網羅している、アラビアをまとめた本なのにも関わらず、

イエメン、サナアを歩くことに関してはまあ十分な内容でした。

電気プラグなどの表記にちょっと間違いはあるようでしたが、

この本と、日本人宿の情報ノート、ツーリストポリスとの相談で、

日程を組むことに問題はないでしょう。


一度くらい日本人宿にお邪魔し、もう少し濃い情報を

集められれば良かった。。。日本に戻って少し後悔。。。




コメント
コメントする