calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

MUSCAT-DUBAI



MUSCAT-DUBAI



UAE→オマーンは、UAE入りが夕方だったり、ビザの点が少し不安だったために、

シャルジャからマスカットまで空路入りしましたが、オマーン→UAEは

国営バスチケット売り場のおじさん曰く、「問題ない」とのことだったので、

陸路で向かうことにします。


バスは一日3本ほどあるようですが、午前7時のバスを利用。RO 5.5(約1,400円)。


RUWIバスターミナルを出た際の乗客は10人程度だったのに、街道沿いで

ちょくちょく停車し、いつの間にかほぼ満席に。




面白くも何ともない街道沿いを走ること4時間。11時頃にオマーン側の

チェックポイントに到着。バス会社のおじさんがパスポートを集め、

出国手続きも勝手に済ませてくれます。





チェックポイントはちょっとしたドライブインのような施設になっており、

余ったオマーン通貨のAEDへの両替もできるので、朝早い出発でマスカットの

銀行や両替商に足を運べなくても安心。コンビニやピザハットもあり、

余ったROで何か買い込んでも良いかもしれません。


さて、30分弱の手続きの後、バスに乗り込みUAEのチェックポイントへ。




5分ほどバスが走って辿り着いたUAE側のHATTAチェックポイントは、

入国手続きということもあって、パーミッションなどのチェックに時間がかかり、

乗客の国籍などの状況にも夜でしょうが、1時間ほど時間がかかりました。


また、UAE側のチェックポイントは、オマーン側ほど施設が充実して居らず、

両替や買い物はあまり期待できないなぁという印象を受けました。




さて、諸作業も済みUAEヘGO!


と言いたいところですが、このチェックポイントとドバイを結ぶ街道は

オマーン領とUAE領が入り組んでいる関係で、岩山がゴロゴロしている

UAE/ドバイ領のHATTAを過ぎ、土漠地帯に入るとオマーン領。



オマーン領に密入国中。


何らかの協定が結ばれているからか、チェックポイントらしいモノはなく、

ノンストップで再度UAEの国旗がはためく集落脇をバスはいつの間にか

ひた走っていましたが、面白い。


このHATTA以外にも、オマーンはUAE領内等に陸続きでない「飛び地」を

持っており、地理好きには興味深い国であります。




そのうちに、道路の左右は本格的な砂漠になり、砂漠になってから一時間ほど

走るとドバイ。オマーンとドバイを結ぶバス会社が集まるドバイ郊外に

到着したのは、午後2時。




約7時間(おそらく通常より時間がかかっている)のバス旅行でした。




コメント
コメントする