calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

BURIMARI - CHANGRABHANDA - SILIGURI



BURIMARI - CHANGRABHANDA - SILIGURI 



パソコンはおろか、電気が通っているか通っていないかのインド側、

チャングラバンダの入国ポイント。海の家で入国審査するみたいで

誠に素晴らしい。呑気な審査官は、運び屋パスポートの増刷部分に

気がつかず、シールでテロンテロンの箇所にエントリーのスタンプを

ペコンと押してしまう。。。手垢にまみれたシール部分にインクが

しみこむはずもなく、シールに跳ね返されたインクが早速滲み始める。


入国記録をチェックするる別の係官が「プラスチック、プラスチック」と

滲んだスタンプを指摘し、スタンプがVOIDされ、新しい入国スタンプが

押される。失敗成功は別にして、入国スタンプはインドらしく、これまた

初めて見るデザイン。インドの出入国のお楽しみは、出入国ポイント

によっていちいち異なるスタンプだったりする(私の場合)。


これまた掘っ立て小屋な税関で検査も無しにOKを頂き、国境ポイントに

付随する両替所でバングラデシュタカを、インドルピーに換え、国境での

諸作業は総て終了。国境脇には小さなマーケットのようなものがあり、

眠たそうなリキシャワーラーがその裏の空き地で寝っ転がっています。


シリグリやジャルパイグリの町に向かうには、まずその

リキシャ(10Rps/3分)でチャングラバンダ(国境の町)のバススタンドに。



チャングラバンダの食堂。ベンガル地方は、HOTELといっても

ただのレストラン!という所が多く、よくだまされる。


そこからマイナグリ(MAYNAGURI)という国道が交差する集落まで、

小型のバスで向かい(30分/10Rs.)バスを降りた交差点で

シリグリ(2.5Hrs.40Rp./2.5時間)やジャルパイグリ(45Min./20Rps.)などの

町に向かうバスを待ちます。


チャングラバンダの交差点で、怪しい道路標識を見かけたので、

国境付近に戻るには比較的楽そうな、ジャルパイグリに泊まろうと思いましたが、

現れたバスはシリグリ直行でジャルパイグリの町中には向かわない模様。


今日は早起きして日食、そおあと炎天下のリキシャ旅。。


ということで


これ以上バスを乗り換えたりする気がわき起こる感じもしないので、

そのまま揺られ、バスがエンジンを止めた所から一番近くのホテルに

チェックイン。沈み込むようにあっという間に寝てしまいました。


嗚呼、長い一日だったなぁ。


コメント
コメントする