calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

アイスランド ゴールデンサークル




市内の観光案内所で、レンタカーの価格や、借りて回るなら
どんなところが良いのかなぁ?と尋ねると、地図とパンフの
写真で間欠泉と滝を見せてくれ、そこがおすすめで、今から
車を借りても夕方には帰って来れる。多分日没までに観光も
できるでしょう。。

とのことだったので、レンタカーをお願いする。
レンタカー1日の料金は、10万キロ走ったヴィッツ。
こちらの名前でヤリスが9,800クローナ。案内所で支払いが
完了してしまうのが面白い。中級ホテルが片手間に提供している
レンタカーの為、そのホテルのロビーでいろいろサインやら
したけど、そこではいっさいお金のやり取りがなかった。。

さて出発。シングヴェトリル国立公園を経由して、ゲイシールと、
グトルフォスに向かい、帰りは南側の大きな道で帰ってくれば
暗くなっても大丈夫ということだったので、レイキャビクを
北に走り、小さな集落で道を右(東)に折れる。



道を折れ、少し走ると行き交う車もほとんどなくなり、人家も
小さな農場がポツンとあるだけ、そしてそれもいつの間にか
なくなってしまう。人のいない景色はコレでもモンタナや
アイダホ、モンゴル、中国やパキスタンの国境地帯。そして
千葉の田舎とかで普通の人よりは慣れている方だけど、



首都から30分も走らないうちに、人っ子一人いないむき出しの
地球が迫ってくるのは、やはりアイスランドならではだなぁ。

風もない上に天気がよく、車を降りると無音の世界。


レイキャビクから30分も走れば、地名はあるけど人が全くいない。。。
という土地になってしまいます。

こういう何にもない草原やら荒れ地にいると、自分の存在が
小さなバッタ程度になったような気持ちになれ、いいなぁ。
と思う。



引き続き走ると、シングヴェトリル国立公園。気にかけなければ、
湖とその回りといった国立公園なのですが、湖の北にギャウという
大きな地の裂け目がありそれが見所。
その上、地が裂けるどころか、地の果てのようなこの辺りで、
世界最古の議会「アルシンギ」が開かれたそうで、それに因み
アイスランド共和国の誕生はここで祝われた。。。。

。。。ということですが、それらを知ったのはドライブが
終わってヤホオで検索してからでした。。



確かに一気に溶岩の丘が落ち込む、面白い地形だなぁ、と思った
ものの。。。あれが地球のプレートの割れ目だったとは。。。。



気分的には溶岩むき出しってのは、群馬の鬼押出しで何度も体感済み。
確かにすごいけど。。なんでこんな場所が。。などと思う。

でも、その割れ目の縁に立つ展望台に立っていると、そこからの湖と
そのパノラマが素晴らしく、陳腐な表現だけど、違う星に降り立ったような
気持ちになる。。

矛先は誤ったにも関わらず、大感動できたいい場所です。
またいつか来たいなぁ。。


こんなことをしてみる。九十九里浜でやってもよいのだけど。。

さて、少し走ると未舗装道路。ヴィッツに頑張ってもらいながら、
時々車を降りて写真を撮り、東へ。。

また、湖だなぁと思っていたら小さな集落があり、
そこから道が舗装に。今度は北東に走ります。

このあたりはまばらながらも人家が点在し、放牧も盛んな様子。
ますますモンタナみたいだなぁと思っていると、
遠くに煙?がたなびく何かが見えてきます。

近づくとそこが、ゲイシール。



沸騰してる。





沸騰してた水が外気でパッキパキに凍ってしまう。

ストロックル間欠泉(Strokkur) ↓

ゴボゴボ


ゴボゴボ、ゴゴっ



グゴーッ



ドッ



カーーーーーン!





そのゲイシール間欠泉群の中でも活発な、ストロックル
間欠泉(Strokkur)を見物。

5分おきくらいにドッカンと沸き上がって面白い。寒くなくて、
日没まで時間があれば、もっと見ていたかったなぁ。

う、想像してたよりすごいな。なかなか感動だ。。

ジャングルや果てしなく広がる砂漠、地震や津波のような
天変地異も地球の自然の一部ですが、間欠泉っていうのは、
地球の呼吸を間近で感じさせてくれます。。

そしてドライブのクライマックスは、ゲイシールから
更に車で10分程北東へ進んだゲトルフォス。



冬場で滝壺近くまで近寄れませんでしたが、ズガンと
割けた地球の割れ目を、ドウドウと流れ落ちる水の凄まじさは
圧巻です。水しぶきが凍り付き、滝の周辺が氷でパキンパキンに
なっている光景も素晴らしい。。やるなアイスランド。。



で、本来はここから来た道を引き返すのですが、アイスランド北部へ
の道がまだ閉鎖されていないようなので、運び屋が踏んだ北限記録を
少し伸ばしておこうと思い、ドライブ。



標高も上がり、植物にはかなりキツい
環境になっていくのだなぁと感じ、西の氷河の頭が
見えた所あたりで停車。車を降りすこし回りを歩いたり、
深呼吸をしたりして記録更新。


ケリズ火口湖。日没寸前のためおどろおどろしい感じ。
何か出てきたら怖いのですぐに退散。

半日ドライブ程度では、アイスランドの「ア」の字も
感じる事はできないのかもしれませんが、いい国です。
一人旅も良いでしょうし、大事な方と来てはなおさら
良いのではないでしょうか。

宿に戻って、色々調べ直すと今回のドライブルーとは、それなりに
アイスランドの「ゴールデンサークル」と呼ばれる名所を
網羅していたようです。

島を一周すれば、まだまだすごい所もあるのですが、時間がない人にも
お勧めしたいルートです。軽く予習!してシーズンが良ければ楽しい
一日になると思います。是非どうぞ!


コメント
しゃぶしゃぶ作らないと....
手のひらサイズをGet!

しました。平たいものを見つけたので、
三枚肉なら焼けるのではと思います。

  • 運び屋@Reykjavík
  • 2009/11/20 12:43 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック