calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

レイキャビクとその近郊



レイキャビクとその近郊

ゴールデンサークルの帰途、レイキャビクに向かう途中に
立ちはだかる丘を登ろうとすると右手に小さな集落。

クヴェラゲルジ(Hveragerði)という名のその集落自体は
何も感じる所はないのだけど、闇の固まりのように立ちはだかる
丘への道の脇に、ボワッと光るガラスハウス。なんだかきれいだね。
海底基地みたいだね。

ゴールデンサークルで時間配分を誤ったため、地熱発電所や
クリーンエネルギー系のアイスランドを見学する事が
できなかったので、こういうのが見れて良かった良かった。。
と写真に収める。




トマトやキュウリ、サラダ菜に小さなニンジンくらいは、アイスランドで
作ってるみたいです。


レイキャビクに戻り(市内なら午後の6時から路駐無料。)少し
ホテルで休んだ後、オーロラ見物!と思うがあいにくの雨。

暇や金があるからといってみえる訳でもないし、日頃の
行いが届く事もあれば、届かない事もあるオーロラ鑑賞。

寒くはないけど、年がら年中天気の悪いアイスランドで、
オーロラを見ようとするなんていうのは。。。

釣れる確率なんてほんの少しの釣りに出かけたり、フワフワ
した悪女に入れ込むというか。。。まあ可能性は薄そう。
人生長いので、次回の楽しみにしておきます。



さて、翌日。

昼までのレンタルなので、車を走らせてみるが、残念ながら雨。



今回も北に車を走らせ、小さな集落ながらきっちり外貨が両替できたり、
図書館や保育園がギュッとつまった複合施設を見て回ったりする。




500ml缶

ただ、金融危機の影響もあってか、安売りスーパーと
その賑わいなんかが少し気になる。



写真を撮るのを忘れてしまったけれど、高速沿いのスタンドで
水素燃料と思われるスタンドも見かけた。やるな。

車を返し、少しホテルで休んだりだらだらしていると午後も
遅くなり、慌てて国立博物館に向かう。アイスランドが生まれてから
まだまだ1000年と少しということや、最果てで、決して
豊とは言えない土地だという事が伝わってきます。。。




チェーンメイル。12Kg..重い


近現代のアイスランドの人の生活雑貨。ターンテーブル式でクルクル


お!アッターリじゃんか。


一昔前のアイスランド国旗。白いラインに赤が加わって、現在の
国旗になったそうです。ちなみに赤は独立戦争で流された血の赤。。。
とかでなく、溶岩の赤!


レイキャビク近郊の山や丘は雪景色。


博物館からの帰り道。なんであんなに貧しかった国にコレだけ
素晴らしい人の営みと生活の質があるんだよ。。と歩きながら
考える。。。。やたらと見かける本屋さんの一つに入り、
アイスランドについて!の英語の本コーナー!を眺めてみると。。
「アイスランドと金融危機」的な本がずらりと並んでいる。



本屋をでてホテルまで中心部をスルーしながら歩くと、
この国らしい、静かなる賑やかさがパブやレストランから、
通りにこぼれだしている。





漁業と観光だけでどうやって膨大な借金を返すんだ?
などと妙な心配をしているのは自分だけなのかなぁ。。。
などと思いながらホテルに辿り着く。

ったく俺の性格がネクラで悲観的なのかなぁ。。。

本屋で生々しい本を眺めているうちに、なんだか心配になり、
来月のクレジットカードの支払い額や銀行の残高を
ネットやスカイプを使ってチェック。

........

運び屋共和国の格付けは、トリプルCの将来性無し!

かもしれないけど、国家経済が破綻するのは、
もうしばらく先のよう。。ひとまず安心。ふぅ

コメント
同僚と金曜の夜らしい呑みを終え、ほろ酔い気分で本当に何年かぶりになぜかbjorkをiponeで聞きながらこのブログを電車の中で見たところ・・・レイキャビック!!乾燥した岩のごつごつした(アメリカ的な?)荒野とは違う、湿っぽい荒野の写真を見た瞬間に10年以上前に見た、長瀬正敏さんのコールドフィーバーという、サラリーマンが親の死を機にアイスランドを訪れるという映画の場面を思い出しました。もし見てなかったら帰国後ご覧あれ。自分の大好きな映画です。
帰国の際には飲みましょう。
  • KWM
  • 2009/11/21 1:05 AM
KWMさん

営業していた頃、あんたが俺の心の叫びを受け止めてくれた事とかを
思い出しましたよ。。今回も何かがピューっと届いたのかな?
さて、アイスランド人なのですが、アイスランド山猫の化身みたいな
ビョークみたいなのが以外とおらず、北欧!パツキン!みたいな
人が多い。アイスランド人=bjorkな認識だったのだけど、このあたりは
かるくすかされた感じです。。

そうそう、御社のバンも暗ーいレイキャビクの空の下、
元気に走ってましたぜ。

よし、帰ったらコールドフィーバー、観てみます。
そして飲もう!ありがと。
  • 運び屋@Tórshavn
  • 2009/11/21 5:16 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック