calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

Klaksvík/クラクスヴィーク



Klaksvík

ツーリストインフォで問い合わせ、土曜のバススケジュールで
おすすめの観光地は?と尋ねるとKlaksvík。やはりそこしか。。



と思ったものの、ファロー諸島は町から10分も走れば、絶景が
続きそうなので、第2の都市そのものの観光はさておき、今日は
ホントに天気がよいし、バスからの景色だけでも十分楽しめるだろう。。
ということでKlaksvíkへ(90クローナ,1.5Hr)向かうことにしました。



道沿いは、時々家が現れる。。というより、静かな入り江の奥や、
傾斜が緩やかな斜面に、家々が寄り添うような集落が現れる。。
といった人の営み。その集落の中心でバスが停車し、すぐに集落を
抜けてしまい、少し走ると岩と緑の草地。という景色の繰り返し。



荒々しく、大自然が露になった場所に人の営みが、ポツンと突然現れる。。
と言えばいいのかな?集落と無人の地がくっきりしています。




この季節でフリースとTシャツで十分な気候なのに、この島々は、
民家の軒先に生えたのを除くと、全く木が生えていません。

人の生活の根幹である住居や燃料に欠かせない「木」が生えない
この島のような土地は人間の定住には適さず、放牧などで草を
追いながらようやく。。。テントやらで生活。。というパターンを
たくさん見てきましたが、



この島は海から食べ物を得、余った魚を交換し、交易でカバー
できたからか。。。木はおろか畑すら拓けないような土地にも
関わらず、しっかりと人間の営みが根を張っています。



大小の漁船や、水産加工工場。入り江の所どこには畜養の
鮭鱒でしょうか?生け簀をよく見かけます。さすが輸出品目の
95%が水産物、水産加工品の国!



日本の北国の漁師町というと、どうもうらぶれ、錆び付いた
コンテナや、それとさほど変わらない家やら。。。といった
印象が強く、思い出しただけで元気がなくなるような場所が多いの
ですが、この辺りの集落は建物がしっかりしているだけでなく、
デザイン的にも優れ、少しの間ここに住んでみたい。。
と少し思うくらい。。。



住環境の良さそうな雰囲気に加え、人口5万人程度の最果ての
島々なのにも関わらず、デンマークが気合いを入れ、主要な島は
海底トンネルでつながれており、道路も完璧。。。。。

絶景、完璧な道路に質の高そうな人々の生活。。。

完璧な道はさておき、北前船が賑わった時代を感じさせる町や、
網元の大きな家が残っている町もあるけど、日本も海に囲まれた
くになのだから、恥ずかしくない程度の日本らしい海辺の景色を
つくらないとなぁ。。と思う。



それにしても、凄い景色が続く。バス代の元は取れた気がする。

山を越え、水道を地下トンネルでスルーし、1時間と少しで
ようやくKlaksvíkに到着。

切り立つ山に挟まれた静かな港町。。といった所でしょうか?



土曜日という事もあって店もあまり開いておらず、当然
まったり港を眺められるようなカフェも開いておらず。。。



ということで、通りを歩いたあとに岸壁に出て、のんびり
船やら、気持ち悪いくらい岸壁沿いに群れている魚を眺めたり、
写真を撮ったりしてKlaksvíkの滞在は終了。ということで町をぶらついた
時の様子は、ざーっと写真系アップデートとさせていただきやす。。


静かな入り江の町。山が急なので、谷も深し。
ということで大きな船も入れるようだ。。


はぁーるばる来たぜ、クラークスヴィクウー







水産加工会社。


ファロー諸島海軍、「サーモン」級型戦艦。


同、「タラ」級型駆逐艦。


海面が茶色くなるくらいの魚その1


海面が茶色くなるくらいの魚その1


海面が茶色くなるくらいの魚その3。
網で捕まえて頭をちぎられ、内蔵を引きずり出され。。
さらし者に。。鱈の仲間だと思うけど頭がないから
確実な所は分からない。。。





こんな田舎で、こんな銀行。。。



それにしても地の果てのような場所なのに、銀行や
郵便局の建物がカッコいいよなぁ。。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック