calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

コルトゥル島 / KOLTUR



コルトゥル島 /  KOLTUR

今日は、ユースで同宿のフリックとフィオナのカップル&
赤ちゃんと連れ立ち、人口一家族。現在の全島人口5人の
コルトゥル島に向かう事にする。

こちらに来て初めて知ったのですが、ファロー諸島では、
道路や航路でつながれていない島や利便性の悪い島に
ヘリコプターを飛ばしており、島を周遊する便にあわせれば、
週に3日は本島などと行き交う事ができ、安い。

人口5人の響き以上に、アクセスは悪くなく、曜日によっては
午後1時くらいに島に向かい、3時過ぎに島を離れるのも可能です。



運び屋と同じく、国境や僻地が大好きなフリックは、
絶海の孤島!人口5人!とかの響きがタマラナイ様子。。
かくいう私も前日から久しぶりにドキドキする。。

さて、空港に向かってヘリコプターを予約する。基本的に
フェロー諸島の僻地の方々のライフラインのため、旅行者の
優先順位は低いのですが、日曜という事もあって島民の利用が
少ない様子。14人だか12人の定員のところ、5人の乗客でした。

さて、生まれて初めてのヘリコプター。

大門軍団やらルパン三世に習って、手すりにつかまるか、
縄梯子にぶら下がりながら島へ向かいます。

というのは嘘で、ヘッドホンをがっちりはめ、シートベルトを
パチットはめていざ!


右手の小さな島。島の南東の僅かな部分を除いてほとんど絶壁。

といっても、フライトタイムは6分か7分。

島の西側の絶壁をスルーして、緩やかな傾斜になった島の
東側に着陸。。何にもない草と岩とちょろっと民家のある島に、
プロペラをブオンブオン回したまんまの離着陸。。そこで急ぎ足で
荷物の上げ下ろし。。。おぉ映画みたいだな。。



漁業が廃れたり生活環境が変わったため、一時期無人島に
なっていたようですが、物好きなおじさんだかがこの島に
住み始め、今住んでいる人とはちょっと違うようなのですが、
朽ち果てかけている島の家などをメンテナンスし、博物館に
したり、水はけを良くしたり奮闘中との事です。。

僻地オタクのフリック&フィオナ夫妻と話が止まらない島の男性は、
そのまま彼の家に向かい、自分はスラーッと島歩き。



480メートルの頂から、ほぼ一気に落ち込む絶壁や、そそり立つ
付近の島や大西洋を眺めながらポツポツ歩いてみる。


島の南東。右手が大西洋側という事もあり、この島も、
ここから見える島々も、波に洗われ、
右手の傾斜がきつく絶壁に。。。


コルトゥル島で最も標高の高い山というか頂(Kulturshamar)は477m。
海の底は更に更に絶壁が。。。とか考えると。。ブルブル。。怖いなぁ。


島の北東。絶壁度は低いけど、それでも海面から、500mくらいまで
一気にかけあがるキツい地形。



島で飼われているスコットランド牛に終始にらまれ、
少々ビビりましたが、ファロー諸島の類いまれな姿を
味わうにはぴったりな島。


本日最後のフライトだからか、ドーリーにピッタリ着陸したヘリ。
乗客を降ろし少しすると、トーイングカーに引っ張られ、倉庫に
消えてゆきました。。。

この島以外にも面白いところはありそうなので、
観光案内所かアトランティック航空に相談し、
辺鄙な島で軽く黄昏れてみては如何でしょうか?





コメント
まるで世界の果てみたいなとんでもないところですね〜。ところで僕もヘリコプターは乗ったことがないので、一度乗ってみたいものです。

PS バクーの物価高いっすね!!中心部のレストランとかカフェなんて、日本並みかそれ以上って感じでした・・・。
ぶらりさん

こんにちわ!

ヨーロッパに来て、余裕があったら
是非どうぞ!パミール高原には叶わないかも
しれませんが、ものすごい所がいっぱい
ありますよ!

アゼルバイジャン。。。
物価あがったらしいですね。。。

悪いのは、石油!オイルですよ!

去年一昨年までの原油高以前は、まだ
許せる値段だったんですけどね。。。

久しぶりのマクドナルドや、あらら?
ヨーロッパ?な空気を満喫して、

カラダにまとわりついた
トルクソメニスタンの憑き物を
パシャーッと落としてくださいね!
  • 運び屋@Reykjavík
  • 2009/11/24 5:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック