calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

フェロー諸島 最終日



トースハウン

さて、最終日。




本日は、なだらかな斜面に広がるトースハウンの町を今度は
登ってみようと思いホステルを出る。ツラーっと目抜き通りを
歩いていると林に小川、といった気持ちの良さそうな小道が現れる。
町の中で川なんてのはなかったから、何処かで暗渠になって
いるのかなぁ。。。


大きくはないんですが、鱒のような魚や、川底をノソノソ泳ぐ
カジカのような魚がいます。。源流は。。ナショナルスタジアムの丘!

今回のフェロー諸島滞在中、夜は酷い雨模様なのに、日が昇ると
雨雲はどこへやら?の天気になり、毎朝生まれ変わったように
瑞々しくなるトースハウンを満喫してきましたが。。。
この小道はまた格別。

水に緑に瑞々しい空気というのは、気力や体力をもりもり
回復させる効果があるようで、数日のフェロー滞在で、
ギリシャやロンドン辺りでへろへろだった体調がかなり
回復しているのを実感する。


真ん中奥のカクッとなっているのがスタジアム。

さて、木々を抜けるとフェロー諸島のナショナル?スタジアム。

観客席は少ないものの、松竹梅三面のフィールドがあり、
メインのスタジアムは、ゴール裏にクラブハウスだかを建設中。



工事のおじさんはダメダメなんて野暮な事は言わず、スタジアムを
ふらつく怪しい日本人をほったらかしにしてくれる。



収容能力はどれくらいだろ?1万人くらいかな?スタジアムが
全部フェロー諸島のサポーターで埋まったら、総人口の
2割くらいが一挙にスタジアムに集まる事になるなぁ。。

フェロー諸島は、サッカーとハンドボールが盛んなようで、
小さな集落でも立派な芝のスタジアムを目にします。そして、
自治領ながら、独自のナショナルチームを持っています。


サブのスタジアム、左のシートが一部リーグチャンピオンHB,
右の
シートが一部リーグ8位のB36。スタジアムを分け合ってるのかな?


僻地で少ない人口なのにも関わらず、年齢別の組織とはいえ、
サッカーには5部リーグ!まであり、スポーツ用品店で確認しても
笑いながらソウダヨン!一応5部リーグまであるヨン!
とお兄さんが答えてくれた。

けれども、さすがに総人口5万人。

ワールドカップでもユーロの予選でも、サッカー強国には基本的に
ギッタギタに負けてしまいます。。。

。。。。が、ホームゲームでは、選手も燃える上、長旅?
で弱っている相手国を苦しめることで定評があるのです!

そして2010ワールドカップ予選では、見事、人口実に66倍!
330万人のリトアニアを撃破しています。。

ちなみに、日本をフェロー諸島に換算すると、日本代表が、
84億人の人口を抱えるどっかの国となんかのスポーツをして、
勝利!といったレベル。

日本代表をリトアニアに換算すると、札幌(約200万人)代表に、
日本(1億2千万)破れる!みたいな。。。。

☆このスタジアムより更に僻地のToftirスタジアム(Google Map)で
   リトアニアを迎え撃ち、2-1で撃破した映像(Youtube)

野球でもサッカーでも防戦一方の弱小チームとかが、
たまに勝ったりするになんだか痺れるんだよなぁ。。。



さて、このスタジアムの丘を下り始めた時点で、今回の
旅は何となく帰り道。旅をかるく振り返ってみると。。。



シーズンオフでつまらない?と思いきや、寂しい季節だからこそ、
力の抜けたヨーロッパの小国をたくさん旅でき、それ以上に、
気持ちのいい旅行者にたくさん出会え、なかなか楽しかったなぁ。



良かった良かった。。

町に戻り、カフェでバスを待ちながら絵葉書を書き、ネットを
チェックしていると、「伊東美咲がハワイで挙式旅行へ。。。」
のニュース。入籍したのは知っており、

「伊東美咲がいない日本になんか帰ったって仕方がないぜ!」

と思っていたくらいなのですが、結婚式のドレスは

神○うのデザインとのこと。

あ、あのヘビと鳥の掛け合わせみたいな顔した女が
お友達だったのね。。

ということでめでたくフェロー諸島にて、
数年来の、隠れ伊東美咲熱が一気に冷める。



空港へのバスは、午後2時に町のバスターミナルを出発。


コメント
隠れ伊東美咲! ほほ、やっぱり女を見る目がナイわね(笑)。

今回のヨーロッパ紀行、めちゃめちゃ面白かったよん。お疲れ〜。
  • oka
  • 2009/11/24 5:42 AM
気をつけて帰ってきて下さい!

あ、伊東さんもそうだけどABちゃんも
結婚しちゃいそうですね・・・。

自分はいつになるのやら・・・。
すっごく素敵な旅だった。
このワビサビ感、感情を抑えた描写、釘付けでしたよ
  • w_yoshi
  • 2009/11/24 11:54 AM
oka!

今度、「惚れる女はストップ安」
という本をファロー諸島で出版します。

次の旅行は来月後半!カリブの残りを
片付けてきます!
  • 運び屋@Reykjavík
  • 2009/11/24 7:10 PM
みぃさん

結婚しなければ良いじゃないの!

僕はこのまま中年世代に突入です。
やりたい事やってれば....

いつか吹っ切れますYO!
  • 運び屋@Reykjavík
  • 2009/11/24 7:11 PM
w_yoshiさん

駆け足でしたが、

ミニ国家が持つ独特の面構えや、
少しずつ変わりゆくバルカン諸国、
そして最後の北の島々。。

最初から最後までノンストップで
楽しんだのも久しぶりです。

来年は旅の比率が更に上がるので、
この調子が持続されれば。。。
いいのになぁ。。と思いながら
今後の旅の計画をぼんやり練っています。





  • 運び屋@Reykjavík
  • 2009/11/24 7:35 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック