calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

シカゴ入国 DE 別室送り

飛行機を降り、各ゲートに付いているスロープをウネウネと
下っていると、下の方から、「パスポートのご準備を」の声。

なんだ?珍しいねぇ(今年は、デトロイトか何処かでもやっていたけど)、
と思いつつパスポートを提示すると、入国審査官(以下、オフィサー)が
手にしている紙切れと自分のパスポートを見比べ、

「(あ、コイツだという表情で)ちょっとこっちで待ってて。。」

と、見事に足止め。。おおおおお、狙い撃ちかぁああ。

ということで、ゲートから係官に引率されて、入国審査へ。。。
ただ、入国審査の広場の直前の扉の前でオフィサーが立ち止まり、
サクッIDをかざしてドアを開け。。案内された向う側は、ターンテーブルが
並ぶエリア。あらら、シカゴ入国の列は、いつも通りかなりの長さに
なっているのに、あっさりスルーしちゃったぞ。。。俺はどうなるんだ?

で、引率されるがまま、入国審査のブースにいつもの逆側から向かい、
ほとんどチェックもせずにさくっとパスポートに入国スタンプ。
あら?入国はあっさりOKなんだね?

冷静になって考えると、先日のBostonの入国の折に提出した
アメリカ出国のチケットは、アメリカ発券の航空券で、
「BOS-DFW-NRT-ORD-BOS」のルーティング。
成る程、「怪しい奴がシカゴに行くよ!」情報が先送りされてたんだね。

ただ、前回の2時間のインスペクションでも結局は通してくれたし、
そのインスペクション後、悪いことをした覚えもないのでまあ大丈夫
でしょと。。自分に言い聞かせ、いわゆる別室へ。爪をはがされたり、
変な木馬に股がらさせられたりしませんように。。。

シカゴの別室は初めてですが、場所柄か東欧系の顔立ちの人が
多く待たされている様子。一寸待っててと言われた場所で、彼らと
一緒にぼんやりする。。私の情報の確認が終わったのか、オフィサーに
声をかけられ、机が1つに椅子が二つの個室へ案内される。

ただ、このオフィサー、ボストンのオフィサーのような威丈高な
感じはなく、向うから「マイルランかい?」と話題をふってきたり、
マイレージのカード見せてよ。。と言われたりと変な感じ。各社の
マイレージサービスの良い所悪い所や、アメックスのハイクラスの
カード事情(残念ながらその辺は持っていない)などにも詳しく、
その流れで、自分の性格や商売も含め一応は納得してくれた様子。

マイルを使いながら今後旅を続けるか、ステイタスを維持するため、
それこそ「マイルラン」じみた日米往復を時々するか、考え中だ。。
というような方向に話が展開するくらい、理解の有る方でした。。

阿呆のように飛んでいる事以外では、やはりパキスタンの入国が
気にかかる様子。パキスタンの入国に関しては、フンザや
クンジュラブ峠越え、カラコラムハイウエーの素晴らしさを説明し、
なんとか納得していただく。。。

ボストンでの入国審査の情報の引き継ぎ。。。完璧ですね。。

ということで、インタビューは10分程で終了。ボストンで
受けたインスペクションと比較すると1/10程の時間。

最後は丁寧に、税関審査の列までスルーさせてくれて、AAの
乗り継ぎカウンターの近くまで見送りまでしてくれた。。。
ということで無事入国。荷物検査もいっさいなかった。。

最後に、

「これからもオレ、入国審査では引っかかる事が多いのかなぁ?」

と尋ねると、

「うーん、引っかかる事は多くなるかもしれないけど、
 しっかり説明すれば大丈夫だよ。」

とのことでした。それにしても話せば分かるオフィサーで良かった。

国内線ターミナルに移動するトラムに乗ると、飛行機の
座席が近かった方や、客室乗務員の方々とおなじ車輛。

特別扱いされた事で、全体的な入国/税関審査がかえってスピーディーに
なってしまったみたいです。。。ちゃんちゃん。

場所柄、画像のアップデートは無し!

コメント
良いね、良いね、ワクワク、ドキドキですね…

> 入国審査官が手にしている紙切れと
> 自分のパスポートを見比べ、
> 「(あ、コイツだという表情で)ちょっ
> とこっちで待ってて。。」

もう、この書き出しだけで興奮しちまいます。
その後の展開も、ウシウシの流れ。
ガンバってちょっ!!
  • masa
  • 2009/12/15 3:57 PM
かの国は「正直に」やっていると比較的何もないのですが、少しでも嘘をついて、それがばれるともう取り返しのつかないことに、その時お咎めなくても確実にリマークされちゃいますね。

特にかの国の入管、税関は「やましいことがないなら正直が一番」ですが。

でも、正直になればなったで、場合によっては、相手が納得するまで説明しないとならないので、帰って面倒に。

そんな中での、運び屋さんの対応はさすがかと。

私も食品「本葛粉(白い粉!)」を持ちこんだとき、正直に申告しましたが(笑)、理解してもらうのに少し苦労。

あれを言わないで抜き打ちで出てきたら、あやしさ120%だったろうなぁ・・・。

>masaさま k2さま

知らない人に「気持ち悪い!」とか、「馬鹿みたいに飛んでるね!」なーんて言われるとアドレナリンが分泌され、お察し?の通りその為に飛んでいるような部分も有るのですが。。。。

入国審査の時だけは例外です。。自分の嗅覚や対応力ではどうにもならないこともありますし、変に誤解され、ドツボにはまると本当にめんどくさいです。。。。。

まあ、こういう時はK2さんのおっしゃる通り、正直丁寧に向かい合う正面突破しかないですよね。。

幸か不幸か、今回の旅は、AA利用のカリブ巡り。。AAのハブのMIAとSJUに一週間で4回程入国する予定。この連続入国をきっちりこなし、よくアメリカに来る変な奴。人畜無害。。。という履歴が積まれてゆけばよいと思っています。

辛抱どころです!そういえば、自分は運び屋であると同時に、「出入国馬鹿」なんだし。。頑張ります!

後に続く?後継者のため、masaさんがドキドキするような入国審査を世界各国で続けてゆきますよ!
  • 運び屋@JFK
  • 2009/12/16 9:46 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック