calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

セント・トーマス島 / Saint Thomas



さて、米領ヴァージン諸島。

次の便までの乗り継ぎ時間は3時間。この時間を使って
少し観光しようと思い、市内観光に連れていくにはちょっと
邪魔臭い手荷物を預けておこうとカウンターに向かうと。。。

なんだかチェックインされる荷物のハンドリングの様子が
違う。。。バゲージタグを付けてもらうと、アメリカ領内に
入ったはずなのに税関申告書を渡される。

「セントトーマスはDUTY FREE ZONEなので、申告が
 必要なの。荷物を持ってカスタムに行って」

とのこと。

出発客の流れに乗って歩くと、どうやらこの空港は、

0、チェックインカウンター
1、税関審査場
2、チェックラゲージの引き受け場
3、セキュリティーチェック
4、出発ロビー
5、搭乗ゲート→飛行機

というレイアウトの様子。入国審査をとやかくいう
場所ではないのだけど、関税面に関しては外国の
扱いにしているんですね。

10日間で5回の税関の別室送りがようやく終わった!
と安心していたのにまた税関審査!その上、税関検査を終え、
荷物をチェックインした上で、あえて空港を出る。。。というのは、
できるかもしれないけど、もう一度税関検査を受けなくては
ならなさそう。。うーん、其れは避けたい。。

ということで、荷物を担いだままタクシーに乗り市内(7USD)へ。

クルージングの船が三隻も入っており、中心部はかなりの人出。
港町風の建物はひたすら免税店や高級宝飾品の店がが連なり、
賑わっている。



帰りのタクシーの運ちゃんによると、景気後退のあおりで
財布のひもが固くなっているようだけど、空港のレイアウトが
アド駒で独特なのも納得。客船が乗り入れるカリブの島を
ここ数ヶ月でたくさん見て回ってきたけど、この町で売っている
商品は他のカリブの港町にのそれらとは、一段どころか、
五段くらいいいモノが並んでいます。



インド人が元気に時計やらを観光客に売りつけたり、空港への
帰り道のタクシーのオヤジがパレスチナ人だったり、いろんな
人種がわいわいと賑わっており、あんまり見たことの無い賑わいが
あり、短い時間でしたがそれなりに楽しめました。。。



船が出て行った後の、一気に人がいなくなって閑散とした雰囲気も
味わいたかったのですが、まあその様子を見に来るのも新たな
宿題にしましょう!ということでキューバを除いたおおまかな、
カリブ諸国の訪問はこれにて終了。

来年10月の蘭領アンティルの解体の前後にセントマーティンやらを
あらためて訪問しにこようかと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック