calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

サンクトペテルブルク → ナルヴァ → タリン 



さらばロシア。

地下鉄でバルティック駅に向かい、ユーロラインのバスでエストニア。
サンクトペテルブルクを出てしばらくは、高速道路。これがまたソ連の
臭いなんて一切しないなかなかのもの。ロシア侮れん。



しばらくすると太めの一般道になり、真っ白な銀世界を西へ西へ。

2時間ほどでロシアの国境の町イワンゴロド。

ロシアの東の外れのザバイガルスクで4日に入国し、10日ほどこの国に
お世話になったけど、列車移動や週末が重なって、レギストラーツィア、
外国人登録などは一切行っていない。。少し心配だ。。。

さて、バスを降りて出国審査。バスは3割ほどの入りだったので、
あっという間に済みそうだけど、自分以外はロシア人。
税関申告書などをさくさく仕上げて、ブースにのぞむ。

ブースには女性審査官。あー、ジュリエットルイスを少しぽっちゃり
させたような、生意気そうな赤毛のロシア美人だ!ビンゴ!

あー、これならレギストラーツィア絡みで、怒られたり、
運び屋おなじみの別室送りもどんと来い!だ・・・・。

と思ったら、ロシア人乗客よりは時間がかかったものの。。
出国スタンプ。あらら、無事にロシアを出国できちゃったよ。。。

ということで、

☆ ネット経由で10分で招待状を発行。
☆ その招待状の訪問地予定地はモスクワのみの記載
☆ それを元に発行したビザ
☆ 陸路入国
☆ モスクワ3泊、サンクトペテルブルク2泊。
☆ レギストラーツィア一切せず。
☆ 陸路出国。

が、なんの問題もなく終了。

更に言えば、出国時の税関検査は行われなかった。。検査をスルーした!
と言うより、検査場にそもそも税関職員がいなかった。


ロシア側の免税店。

ロシアではなんにもお土産らしいものを買わなかったけど、
パスポートに挟まった、入国時に記載した税関申告書がお土産に。。。

なんだ? ロシア。


対岸のナルヴァの旧市街が見える。

ロシアやソ連に抱く思いやイメージというのは、人それぞれだと
思いますが、ロシアの出入国というのはズボンがずり落ちるくらい
簡単だったし、ロシアにはしかめっ面した連中もいるけれど、
それと同じくらい旅行者に優しいロシア人もいた。

こんなに楽に旅行ができたのは、自分を監視しているKGBの
工作員が、アメリカで散々な思いをしている姿をどこかで見かけ、
恩を売り、あわよくばロシア側の工作員に仕立て上げようと
しているのかもしれないけれど。。。

まあ、一つも苦労しなかった。なんだよ中央アジアより楽じゃないか。

なんというか、ロシアのビザなどの面倒さがバリアになっている人も、
ロシアを生理的に好きになれない人も、主要な場所の旅行は想像以上に
簡単なので、是非遊びに行ってみればよいのに。。。と思う。

ということで、近いうちにまた来ます。


ナルヴァ川。バスのガラスが汚い。。。

ナルヴァ川を渡ってエストニア。

エストニアは、シュンゲン協定国ということもあるからか、バスに
乗り込んできた入国管理官は、入国そのものはさせてくれそうだけど、
今後の日程などはきっちり質問してくる。。


エストニア領、ナルヴァ城。

バスのチケットはこのナルヴァまで。駅前のバス停で降ろされ、
親切な観光案内所に立ち寄って荷物を預かっていただき、
町とお城を見物。


ナルヴァはソ連、ロシア、エストニア、西側、東側。。。。
いろんなものが混ざり合ってて不思議な町だった。




観光案内所が閉まる前に観光を終え、再びバス停へ。

5時前にナルヴァを出発したバスは8時半頃タリンに到着。
天気は粉雪。気温は氷点下5度くらいかな?



サンクトペテルブルクからナルヴァが714ルーブル。
ナルヴァからタリンまでは135クローナだった。

=====================

こんな所から無責任だけれど、ハイチの状況が気にかかる。
ニュースを見たり聞いたりするところでは、ポルトーフランスや
ペンチョンビルといった、ハイチの心臓部も酷い状況のようだ。
ホテルの方やお世話になったドライバーさんは大丈夫だろうか。。

武装勢力の監視や国情の安定の為に配された国連軍、
近隣のアメリカやドミニカ、キューバがしっかり支援しないと。。

南北アメリカの不幸を、あの小さい国が一手に引き受けているようで、
悲しい。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック