calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

タンジェ / TANGIER



TANGIER

悪い思いをした訳じゃないのだけど、波長が合わなかったのか、
前回06年のモロッコ滞在の印象はイマイチ。今回もスペイン領の
セウタに向かうために、仕方なく。。。なんて思っていた。。。


地中海らしくオリーブだ


さらだ。塩気が少ないのでオリーブと一緒に150円くらい。



タジン。鳥も旨いが、ほんのり甘いニンジンがいける!フライドポテトが
乗っかっているけど、ジャガイモもほどよく煮込まれてる。。300円くらい。



仕上げはミントティー。 しめて800円弱。






おいしかったので二番目も同じ店。おおまた来たか!と
ジャガイモ料理をおまけしてくれた。

。。。のだけど、旨い料理を注入し、異国情緒たっぷりの旧市街を
ヘロヘロフラフラしているうちに、モロッコと自分の間に壁が。。。
音も立てずに溶けていく。。。


食後はもちろんエスカルゴ。台湾の烏龍卵みたいな
赤茶色のスープで煮込んである。


すいませーん、お皿にナメクジが入ってるんですけど。。


ほんとにカタツムリだね。


お味はもちろん貝。ながらみとか、海の貝ほど身は締まっていない。
一皿7ディルハム。


スープのスパイス?の木。ミスワークに似ていたので、歯ブラシの
ゼスチュアをしたら、屋台のオッサンが即席で作ってくれた。

タンジェを天然の良港とするのは少々厳しい気がするけれど、
風よけの丘に旧市街がひらかれており、迷路のような町並みに
起伏が加わって歩いていて飽きないし、旧市街ならではの
狭苦しさや人との距離感が、今日はなんだか心地よい。



まあ、寒くて思うように動けない旅からの。。開放感っていう奴だ。

手を出してもキリキリ痛まない。スキップしても転ばない。
もちろん耳を出しても凍らない。。。タンジェいいところだなぁ。。

季節やその前に旅していた場所で、印象っていうのが変わるなら、
一生旅行していても大丈夫なのかもしれないな。



あんまり調子に乗ると、「アルケミスト」の主人公君のように、
無一文スッカラカンになってしまうので。。貴重品やら、怪しい
オッサンやらに気をつけながら遅くまでほっつき歩きました。

もう少し宿が安ければ本をどっさり持ってきて、沈没しても。。
なんて思うくらいな町だなあ。。

コメント
まさかの漫才二本立て!楽しませてもらいましたよ!

ところで次はモロッコ?これから運び屋さんはどこへ行くんですか?西アフリカですか?
ぶらりさん

モロッコをモッコリ旅行してきましたよ。

2月のはじめにアメリカで少々仕事して、確定申告のためにいったん日本に帰国します。そのあとは。。。南アメリカです。

ワールドカップの後は東アフリカなので、西アフリカは10月くらいを予定しております。。ぶらりさんはヨーロッパの後はアフリカですか?入られるとしたらいつ頃?
  • 運び屋@ヘローナ
  • 2010/01/24 4:49 PM
モリモリモッコリ!どうやら気分はアゲアゲのようですね(意味不明)。

南米へ行かれるんですね。僕はまだ行ったことがないんですけど、アルゼンチンステーキがとてつもないという話を聞いてから、南米に対して憧れを感じてます。

ヨーロッパの後はアフリカなんですが、モロッコから西アフリカに入って、そこからチュニジア、イタリアとヨーロッパへ戻って、中東を下って、東アフリカを南下ってな感じでぼんやり考えてます。

アフリカはいつ頃入れるんでしょうかねぇ・・・。ちょっとまだわからないです・・・。
ぶらりさん

世界中でいやしんぼ!するまで帰ってくるな!ですなぁ。。しょうもない仕事で時々日本に帰る自分が情けない。。。

お会いできるのはアフリカでしょうか?

その前に、こちらはタンゴを踊りながらモリモリ肉を食い、体力つけておきます。。。
  • 運び屋@ヘローナ
  • 2010/01/25 1:42 PM
コエーリョ、まさにこのあたりのストーリーだったよね。
あの無常観、運び屋さんのソウルにもしみ込んでいるわけね!
  • w_yoshi
  • 2010/01/25 11:52 PM
w_yoshiさま

パソコンやらカメラをかっぱらわれたり、財布をやられたなんてのは何度もありますが、一番きついトラブルは、忘れもしない16年前の冬のポーランドのクラクフ。

気がついたら文字通りスッカラカン、所持金10ドルと、ナイフで割かれたボロボロのバックパックだけでした。。。。一段上がったのか下がったのか分かりませんが、その時の経験で自分の中のいろんなことが変わったという自覚があるからか、旅が順調すぎると物足りなくなり、時々キッツいトラブルが恋しくなったりします。

何度も味わいたいという種類の経験ではないので、さすがにお財布に気をつけながらタンジェを散策しましたが、時には緊張感が良い方向に作用することも。。。などと、書き込みを頂いて考えたりしました!
  • 運び屋@リバプール
  • 2010/01/26 11:04 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック