calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

プーノとチチカカ湖 PUNO Lago Titicaca



プーノとチチカカ湖 PUNO Lago Titicaca

チチカカ湖は3800メートルを越える標高に位置している割に、
湖岸には緑の木々や畑も多く、景色を観ている限りでは、富士山より
高い場所にいることを感じさせない。けれど、やはり空気が薄い。



ガイドブック片手に宿探し!なんていうガッツは体内に無く、
バスターミナル内の旅行代理店のオヤジに促されるがママ、
紹介されたホテルに三輪タクシーで向かう。(s/2.)

宿のオヤジに、「夕方になったら曇りか雨だ」と脅迫されなければ、
張り詰めているテンションがパチッと弾け、ぼーっとした頭のまま、
宿のベッドにうつぶせ寝してしまうところだった。空気が薄い分、
濃い顔したペルーオヤジは商売上手で押しが強い。。なんだか勢いで
LA PAZ行きのバスチケットまで買ってしまう。

宿代s/25.(約825円),ウロス島ツアーs/35.(約1,155円)
バス代(PUNO-LA PAZ)s/30.(約1,050 円)

部屋に荷物を入れ、気を利かせて用意してくれた朝ご飯を胃袋に入れ、
一息つくと、お迎えのマイクロバス。バスの中にはバスターミナルの
旅行代理店のオヤジに営業されていた、アルゼンチンの旅行者がおり、
挨拶を交わす。おら!

車が満席になるくらいツアー客をピックアップし、船着き場に。
そこから小さな船でウロス島に向かう。



砂漠からジャングルまで様々な姿を見せる国!とは知っていたけど、
チチカカ湖沿岸なんていうのは、富士山より上にあるのだから
「ペルー様々な姿リスト」の中の地の果てのような場所カテゴリに
このあたりは属するのだと思っていたけれど。。。

湖岸の畑や勢いよく茂る水草等々、人を養うに足る自然の恵みが
あるなぁと思う。インカ文明の先駆けになった古代の遺跡が湖
周辺に散在するのも納得だ。

そういえば、ようやく南米旅行が始まったなぁなどど、フフンなんて
思ったりもする。船の上というのは、船の大きさにかかわらず、
気分がのぼせ上がり易い場所だねぇ。頭の回転がノタノタしてるので
全く様にならないのだけど、湖を渡る風が心地よい的な態度をとる。



そんなこんなしていると大小の浮島が漂う?ウロス島エリアに船が入り、
ウル族の女性達に出迎えられながら、その中の小さな浮島に上陸。







水草トトラを積み重ねた島なので、少しふわふわするけれど、
運び屋程度のデブちんはしっかり支えてくれる。そういえば、
ウル族の人達はみんなずんぐりむっくりだな。



同行したガイドさんに浮島の仕組みや、チチカカ湖のデータなどを
レクチャーしていただき、簡単な島生活の実演を見たり、配られた
トトラを実際に頬張ったりする。あとはまったりと民芸品販売タイム。



そのあと、s/5.(約165円)の追加料金の手こぎトトラ舟で
別の島に渡り、なんとなくツアーは終了。まあこんなモノかなぁ。

ゆったりした日程なら、このウロス島日帰りツアーだけでなく、

1,このウロス島に滞在させてもらう。
2,ボートで数時間の更に素朴な島(浮島ではない)に行く
3,ボリビア側のコパカバーナでたっぷりチチカカる。

ても良いかと思います。



船着き場に戻ると、なんだかキラキラした衣装の人が多い。
インディヘナの女性は色とりどりの民族衣装を身にまとうのは
知っていたけれど、どうやら今日はお祭りがあるようで、その
キラキラした衣装はお祭りの揃いの衣装なのだろう、同じような
衣装のグループがあちこちを歩いている。。



宿に戻って横になっていると、ズンドコズンドコと素朴な調べが
目の前の通りを過ぎてゆく。。。リズムに乗って宿を出てその祭り囃子
というか町内グループくらいのまとまりのカルナバルを追いかける。

ピエロ姿の戯けた10名前後の一段を先頭に、中盤は女性を中心に
したボンボンをくるくる回しながらの踊り子グループ、最後に楽団。



ケーナかな?四角い縦笛の掠れた響きと、太鼓隊のリズムが
ぴったりだ。肩肘張らない町の祭りな雰囲気が心地よく、調子に
乗ってかなりの時間追いかけてしまう。。。



で、気がつくとふらふら。宿に戻ってバタンQ。近くの雑貨屋の
カステラみたいなケーキを頬張るのがやっとで食欲湧かず。。。
おいしいモノを探して宿を出る気も起きず。。。プーノの夜は
更けていったのでした。






---------これまでの記述----------

PUNO プーノ

フラフラの体と脳味噌なのに、何故か宿のおじさんに促されるがまま
チチカカ湖の浮島ツアーに参加。

ツアー参加後、更に調子に乗って町のお祭りの楽隊などを追っかけ、
ホテルに戻ってバタンQ。ちょっとスピード早すぎですが、ペルーは
改めて南米北上中に立ち寄るので、明日の朝にボリビアに突入します。

目指せ!ウユニ塩湖!


コメント
うわぁ。南米ですか!いいですねぇ。憧れッス。高山病、僕も中国でなりました。あれって、ほんとけだるいというか吐き気MAXというか、しんどいですよね。あまり無理しないようにしてください。
  • 2010/02/21 10:32 PM
ご無沙汰してます。

南米は、時間さえ許せば行ってみたい所が多すぎて、困っちゃいますね。
私が南米に行ってからもう2年経っちゃいましたが、その時も詰め込めるだけ詰め込んで、その上で泣く泣く削ったのが、パタゴニア・氷河方面と、ウユニ塩湖でした。
特にウユニ塩湖はアクセスが悪すぎて、ここに行くと他を大幅に削らないといけなくなっちゃうので…。

てことで、こちらのレポートを楽しみにしてまーす!
…マチュピチュが再開されたら、また南米行ってみるかなぁ。。。
archer様

ウユニ塩湖はほんとにアクセス悪いですね。。。
飛行場がある町からだいたい10時間とかですからね。

南米は見るところ多くて本当に困ります。。

ちゃんと回るなら半年から一年くらい必要ですね。
  • 運び屋@サルタ
  • 2010/02/26 12:55 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック