calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

サルタ SALTA



サルタ SALTA

大雨のサルタに到着したのは夜もかなり更けてから。

国境の町、LaQuiacaではスナック程度のものしか食べてないので、
安宿に荷物を放り投げ、食堂を探しに町に出る。

LaQuiacaのインディヘナ度が高かったので、どれだけ人の様子が
変わるのか興味深かったのだけれど、インディヘナの血の濃そうな
メスティソや、ほとんどインディヘナのような顔つきをした人が多い。

あれ?アルゼンチンって97%が南欧を中心としたヨーロッパ系と
聞いていたけど、この町のヨーロッパ系の比率は2/3かそれ以下
じゃないの?

まあ、そんなことはさておき。。。軽食屋のような店が開いている
ようだったので中に入り、お腹が減ったので適当に何かください。。
とゼスチュアする。言葉を返され、適当に頷くと、何かを
作り始めてくれる。

しばらくすると、先客の親子連れに料理が出され、見ていると
どうやら牛肉サンドイッチ。少し間を置いて自分のテーブルに
置かれたのはハンバーガーセットだった。ハンバーガー屋さんか。

帰ったら寝るだけなので、ちょっとこいつはボリューミィーだなぁ。
と思うわりに、5分もせずに完食。夜中にこんなもの食ってると、
サルタの守護神、猿田彦神もびっくりな醜い黒髪黒豚野郎になりそう
だけど、高山病の頭痛も去って食欲が回復した快気祝いとする。



宿のスタッフもハンバーガー屋さんのおばちゃんも、ニコニコして
素敵な人達だったからか、国境付近で感じたこの国に対しての警戒感の
ようなモノもいつのまに消えてしまった。

宿にたどり着き、シャワーを浴びて横になると雨音が激しくなる。
こんなに降ったら道の状況が。。。なんてことを考えているうちに
意識が途切れる。



さて翌朝。

水はけは思いの外よいようで、所々に水たまりはあるものの、
なんだか町が綺麗になって丁度良いくらい。平日なはずなのに、
大通りも賑わっている。

鄙びた碁盤の目の町並みに、緑の公園やカラフルな教会、
ラテン系とインディヘナ系が混じり合う通り。



正直、いままで歩いてきた町に比べ際だったモノなんて
一つもないのだけど、砂漠や高原やらを越え、ようやく
たどり着いたからか、素敵な所に来たような気分になる。



そういえば、征服者の言葉とはいえ、走り抜けてきた土地と
同じ言葉が通りで飛び交っている。うーん、このあたりも
当たり前と言えばそれまでだけど、地味に感動するぜ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック