calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

マダムの店



マダムの店

出航まで時間があるし、前泊したユースの共有スペースでの長居も
ちょっと気が引ける。。。ということで散策中に見かけたカフェで
時間をつぶすことにする。何故カフェ?かというと軒先に、Wifiの
シールが貼られていたから、理由はそれだけ。。

コロニアルデルサクラメントが、素敵な場所なだけでなく、ちょっと
ハイソな香り漂うのは分かったのだけど、このカフェもその類系。

チロッと時間がつぶせればよいや。。。程度でスッと入ってみると。。
カフェと言うより雑貨屋さんが片手間にカフェを。。な店で、俺の
ようなオッサンが入るなら、それが日本だとしても、一掴みの勇気が
いるような店。

NYのSOHO、自由が丘に同じような店はあっても、東村山の美住町や、
成田の本城には絶対繁盛しない感じ。田舎道を長いこと走って、ようやく
たどりついたちっぽけな国のちっぽけな町にこんな店。。

。。。。。。驚きだ。驚きだぜウルグアイ。

主産業である農業があって、それが集積される町が潤い、
更にあぶく銭が漂って初めてこういう店が成り立つと思うけど、
安宿も町の食事もイイ値段がするのにも納得だ。



まあそんなことはいい。そんなことよりも、

現れた女主人の格好が気になる。。。

なんだか標本にしたくなるような、
典型的セクスィーリゾート系セレブな格好なのだ。。。

年は同じか少し下くらいかな?

完璧に日焼けしているのは朝飯前よろしく、身にまとっている服が、

テロッテロのスカーフをちょろっと細工してワンピースにしました。。

みたいな布っきれ。

がっつり開いた背中が、ノーブラDeathが何か?と威圧的に語り、
そんな背中を自分に向け、けだるく電話しながら!コーヒーの準備を
してくださる。

店の奥まった場所にたてたイーゼルに向かい、何か書き殴って
くれてたりすれば更に様になるのだけど、お茶の支度が終わると、
備え付けのパソコンでYoutubeやSkypeしたりしてケラケラ笑う。

うーん、この店をオープンするまでの流れや、一つ一つの商品をどう
セールストークするのか、是非同時通訳で聞きたいところだけど。。。

正直、こういう場所は面白いけど、居心地はよくない。

生活を豊か(笑)にさせるはずの雑貨!が並び、気分をリラックスさせる
お香!がほんのりただよっている店なのにね。。。俺、そもそも
自宅っていうモノがないからなぁ。。

煎れていただいたコーヒーは美味しかったし、オレンジケーキも、
一回りして文明堂のカステラみたいで美味しかったのだけど。。。

なんだか不意打ちされた気分。。。

すぐに店を出るのもアレだし、かといって長居するのはそれ以上に
アレなので、よく分からないまま迷い込んで、なんだか持てあました
感じのフランス人の旅行客が、オロオロしているタイミングでお会計。

「この野蛮人!横乳*見たでしょ!それ込みで10万円ヨ!」

。。。。。。などとかふっかけられたりはせず、
500円程度のウルグアイ平均価格で解放される。。



もし、俺がどこかで数億円拾って、愛人を囲えるような機会があったら、
入り口だけは、オタクやうだつの上がらない野郎の入り易いデザインにし、
入ったら、スッケスケの服を着た俺のラマンの趣味の店!!!

っていう食虫植物みたいな店を任せたいと思ったりした。

ということで、一年もすれば消えてしまうかもしれなかったこの国の
印象が、ラストの数時間で濃いモノとなりましたとさ。。チャンチャン。

* 残念ながら?横乳が見えるようなシルエットの服ではない。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック