calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

ヨハネスブルク → ハボローネ

R0110405.JPG

ヨハネスブルク → ハボローネ

ネットでR230だったインターケープ社のバスでボツワナの首都、ハボローネに向かう。ちなみに空港から市内の長距離ターミナルまでのタクシー代が40分くらいでR250。昨日までは自分勝手な旅程に王子や仲間を巻き込んでいたけれど、今日から一人で動くんだなぁと改めて実感。

昼間の時間帯のためか、ヨハネスブルクのダウンタウンからは殺気やらは感じられないかったし、高級車もノロノロとスピードを落として渋滞気味の車列に連なっている。タクシーの運ちゃんが安全なルートをとったのだろうか。

R0110399.JPG

それでも警戒度を上げてターミナルへ。予約番号がパソコンの切り取り画面しかなかった上に、パソコンやらクレジットカードを出さなければならず、周囲に注意を払いながら発券作業をすすめる。ソレを無事に終えて、小さな待合ブースに引っ込む。

R0110401.JPG

ターミナルの降りたつ人や旅立つひとたちのひといきれ、より固まって周囲に引きつり気味の視線を送る白人外人観光客など。。。カメラに納めたい光景が目白押しなのだけれど、荷物もあるし無理な行動は控える。アフリカ北上の旅は始まったばかりだ。

R0110403.JPG

古ぼけたインターケープのバスは定刻にターミナルを出発。乾いた大地をひた走る。南アフリカもコレで見納めなのだけど、バスからの景色はたいして代わり映えしない退屈なものだった。

R0110408.JPG

トイレ休憩を終える頃には日も沈み、7時半には国境か。というところでバスが停車。あらら、どうやらサスペンションが故障したらしい。アルゼンチンのパタゴニアで8時間の立ち往生を思い出し、頭を抱える。

R0110412.JPG

代わりの車の手配やにインターケープ社が手間どい、結局2時間以上、ボツワナ国境の外に放置プレイされる。

R0110413.JPG

R0110417.JPG
放置プレイ中

今日こそは宿でゆっくり睡眠をとりたかったのだけれど叶わず。結局ハボローネに到着したのは夜の11時半。ついでながら宿探しにも難渋し、ようやくたどり着いたゲストハウスのベッドに、着の身着のままで崩れ落ちるように寝てしまう。疲れたなぁ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック