calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

メールとTwitterアカウント

courier_jpn☆hotmail.co.jp

☆を@に変えて!



Twitterアカウントはcourier_JPN

キガリ Kigali

R0111164.JPG

キガリ Kigali

場所 → Google Map

夜に町を歩いても平気なアフリカの首都。ジェノサイドがあった国というのはどこか暗さを引きずっていることが多いけれど、短い滞在ではその暗さを感じる事はなかった。

むしろ、田舎の街道沿いですら人の往来が激しかったりすることや、人のひしめき合い等の人口過剰さが気にかかる。山や丘の頂上まで拓かれた農地や緑の豊かさなどは感動さえ覚えるけれど、人口過剰をどこまで支えられるのだろうか。。

R0111162.JPG

キガリは比高150メートルくらいの丘が集まる土地に築かれた首都。さすがに一つの丘だけでは首都機能やそれに従事する人の営みを支えられないからか、ボコボコとした丘に建物や住居が甍を争っている。建物の屋根は、素焼き?の瓦。色は少し赤みがかった黄土色と言ったところか。

R0111166.JPG

特徴的なのは、丘を駆け上がれば駆け上がるほど政府系施設やホテル、高級住宅地になるような連なり。山の斜面をスラムが駆け上がるような中南米とは対照的。町一番のビルはある丘の頂上に建設されていると思えば、その向かいの丘の頂上にはアメリカ大使館。要塞のようずしんと鎮座し、丘の頂上から町を睥睨していた。

R0111169.JPG

キガリでの庶民の足はミニバスなのだけれど、行く場所が限られていることもある上、町を把握しきれないのでもっぱらバイクタクシー移動。そんなバイクタクシーの後ろに乗って、丘をぐるりと回り込んだり、一旦谷に下りて再度丘を駆け上がったりしてジェノサイド記念館や、バスターミナルを行き来して終了。

R0111168.JPG


R0111173.JPG


選挙前の週末が重なり、40ドル程度のホテルが軒並み満室となっており、予算の範囲でどうも良い宿が見つからない。情報もあんまり無いので、キガリ/ルワンダ滞在は一泊で終了し、夜行でウガンダのカンパラに抜けることにする。


------以前の記述--------


夜に町を歩いても平気なアフリカの首都。ジェノサイドがあった国というのはどこか暗さを引きずっていることが多いけれど、一泊した感じではそれはなし。これが「アフリカの奇蹟」か。

ルワンダ、キガリでしていること。。

ブルンジの首都、ブジュンブラの通信速度が遅く、アップデートに耐えられないネット屋しか見つけられなかったけれど、OYAJIMAFIA氏(ウガンダだったか?)に書きこんでいただいたとおり、ここルワンダのインターネットの回線速度は悪くない。

1, ラクロス世界大会の試合結果確認。頑張れ日本!
2, Skypeで繋いでUAの1Kデスク。フライト変更など。
3, 20日放送の伊集院のラジオのダウンロード!
4, そしてブログの更新。

5, それが終わったら市内観光開始!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック